2013年5月 2日 (木)

#102

成形は、2013年2月16日。

Img_0021

口を大きくカットしたので高さは低め。
全体的な雰囲気は良いが、焼成での収縮の考慮が足りなく、小さくなりすぎ。

Img_0020  Img_0022

高さ:63mm、口径:99mm、高台径:50mm、重量:315g
粘土:新作みなみ野土900g
釉薬:自作灰釉III(灰60:長石40)(2011/11/06作)
素焼き窯、本焼き窯:電気窯

| | コメント (2) | トラックバック (0)

#101

成形は、2013年1月19日。

Img_0018

底の周囲が成形後に少し沈んでいる。
乾燥時に底に亀裂、底の締めが足りないと思われる。
サインを『は』に変更した。

Img_0017  Img_0019

高さ:75mm、口径:102mm、高台径:52mm、重量:360g
粘土:新作みなみ野土1000g
釉薬:自作灰釉III(灰60:長石40)(2011/11/06作)
素焼き窯、本焼き窯:電気窯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#100

成形は、2013年1月3日。
2013年の1作目で、かつ#100。

Img_0015

ロクロ時の粘土の堅さは良い感じだった。
再度粘土を細かくつぶしてから挽いたが、口周辺に石があるのが気になる。

Img_0014  Img_0016

高さ:79mm、口径:102mm、高台径:57mm、重量:379g
粘土:新作みなみ野土1000g
釉薬:自作灰釉III(灰60:長石40)(2011/11/06作)
素焼き窯、本焼き窯:電気窯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#99

成形は、2012年12月15日。
半年ほど抹茶碗から離れてからの復帰。

Img_0012

新粘土は粘性低く切れやすい。水分多めで挽いてみる。
底が薄く高台が低くなった。
削り時に固まりの粒が多かった。

Img_0011  Img_0013

高さ:69mm、口径:108mm、高台径:52mm、重量:370g
粘土:新作みなみ野土1000g
釉薬:自作灰釉III(灰60:長石40)(2011/11/06作)
素焼き窯、本焼き窯:電気窯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

丸亀製麺のぶっかけ

5月1日(水)、陶芸の帰り軽く昼食をと思い、以前から勧められていた駅前の丸亀製麺に行ってみた。
Img_0009_3    Img_0010

オーダーしたのは、基本の『ぶっかけ(並)』と『ちくわの磯辺かき揚げ』。
『ぶっかけ(並)』自体は280円と安いが、かき揚げとあわせるとそれなり。
お味は、ぶっかけはよかった。
また来ようと思う。
でもかき揚げは、ちょっともたれるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWの焼成

5月1日(水)、GWも中日となった。
ようやく4月6日に釉掛けした4つが焼き上がった。
Img_0002

ぱっと見ての反省点は、まず収縮率の高さ。
全体にかなり小振りになってしまっている。
そして内側への釉掛けの濃さ。
もっと薄めがよかったと反省。
他にもそれぞれ細かな反省はあるが、本日は#104の削り。
Img_0006

Img_0005  Img_0007

高台は、やや高めのままとした。
しかし、これも縮むと小振りな茶碗になってしまう。
次回は、少し大きめに挽くことにしようと#105に取りかかったが、粘土が少し固く、失敗して破棄。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

少し惰性になっているか・・・

4月20日(土)、前回釉掛け分の焼成はまだのため、続いて#104に取りかかる。
一度口割れしたが、そのまま継続して口切りした。

Img_0015

Img_0014  Img_0016

少し小さめだったか。

Img_0017

粘土もいよいよ残り少なくなってきた。
早く、新しい粘土を使えるようにしないと。
新しい粘土は、まだ乾燥が充分でないため、そのまま放置しておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

チーク・オピウムテーブル

4月17日(水)、カリッジ・マーケット(カリマジ)にオーダーしていた、チーク・オピウムテーブルが届いた。
床に座ることの無かった我が家に、床生活がやってきた。
Img_0013

想像通りのテーブルに満足。
しかし、物が増えると部屋が狭くなる、これは自明の理。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

デジカメ更新

4月16日(火)、デジカメを購入した。
今までブログ用に使用していた、デジカメ携帯(W61S)の調子が最近思わしくない。
Img_0010

そこで、とうとう決断してしまった。
いつものamazon.comで物色して見つけたのがこれ。
Sn3d0516   

CANON IXY3』、色は黒がなかったので赤。
赤と言っても暗めで光沢のある、綺麗な赤。
そのあたりの物を色々写してみるが、世代の差なのか、デジカメ携帯と専用デジカメの差なのか、いやその両方なのか、あまりの性能差に愕然とする。

唯一の不満は、持ち歩く物が増えてしまったこと。
でも、これは仕方がない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

スーパーひたちでひたちなか市へ

4月10日(水)、朝から『スーパーひたち』でコマツの茨城工場へ向かう。
意外と言っては失礼だが、この電車優れもの。
Sn3d0496  Sn3d0497

座席の肘掛けにコンセントがある。
すごい。
そして、Wi-Fiも完備。
便利である。

そして東京設計管理研究会の例会会場。
Sn3d0501  Sn3d0505

今回も遠方にかかわらず参加者が多い。
コマツの先進的な設計システムの見学が可能であることが大きな要因。
工場も見学して、最後はコマツクラブで懇親会。
Sn3d0507

多少、帰りの時間を気にしながらも懇親会は盛り上がった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«#99~#102釉掛け