« 食い物日記16 | トップページ | 食い物日記17 »

2006年5月22日 (月)

食い倒れの街

ここは食い倒れの街、大阪みなみ。

大阪と言えば、とりあえずお好み焼き。
ということで、さっそく連れ(大阪弁で同行者の意)の案内で、お好み焼きの店へ。

本日半額デーの看板!

食い倒れの街、大阪・・・

既に店外に2組の待ち行列、それでも挫けず並ぶこと数十分。


表看板に『大阪城』というメニュー。
直径30cm、4,000円なり~。
観光客だけしか食べないだろうなぁメニューですね。

店の人がオーダーをとりに出てきた。
ブタ(お好み焼き)2枚にブタ焼きそば大盛り、それと生2つー!
ブタブタづくし(笑)
生、外で飲むから、先にー とは思ってても言えない。

さらに、並んでいる間にまわりを観察した。

なんと、隣は変わったお店。
さすが、みなみと関心してしまった。

アダルトグッズに世界の下着、ここまでは、まぁありそう。

ポルノビデオ試写室?????

これは、さすがにという感じですね。

感心している内に店内のカウンター席に案内された。
かわいらしい女の子がオーダーの確認をしてくれた。
あぁ、これだけでも来た甲斐があった。と親父思考・・・・

まずは、生が到着。乾杯!
次に焼きそば到着。
つついている間に、お好み焼き到着。

一気食い。

しまった、写真撮ってなかった。
もう遅い。
仕方なく、途中残骸を激写!!

がっくりしながらも、生おかわり~!

生2杯でお腹一杯に・・・お好み焼きも焼きそばも残っている。
横から催促の合いの手が入りながらも、降参。
ごめんなさい。
もう入りません。

死にそう、もう動けない、はぁー

動けるようになるまで、しばらく会話を続ける。

さて、お勘定。
安いよ~、きっと。

ほらっ!
二人で2,250円。
メチャ、ヤスッ!

やっぱり食い倒れの街、大阪。

さて、その後は、運動性能を回復すべく、みなみを徘徊・・・

道頓堀

なんと!
話しには聞いていたが、本当に橋に壁(透明な)ができている。
でも、結局はこれを乗り越えて、川に飛び込むらしいから。
意味があったのか、どうか。

さらに、川の両岸がおしゃれな雰囲気に変身している。
これまでからは、想像もできない道頓堀。
これから、もっと変わっていくのだろう。

道頓堀と言えば、やっぱりお約束。
そう『グリコ』のお兄さん。
とりあえず、失礼の無いように1枚、カシャッ!

さて、これからどうするか・・・
ホテルに入るには、ちょっと早いし・・・
連れは、なんか、行く気、満々。

仕方ない、付き合おう。

そして、みなみの夜の闇へと吸い込まれていく・・・

THE END

|

« 食い物日記16 | トップページ | 食い物日記17 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/10269357

この記事へのトラックバック一覧です: 食い倒れの街:

« 食い物日記16 | トップページ | 食い物日記17 »