« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の17件の記事

2006年7月31日 (月)

インターネットの中の神々

  インターネットの中の神々—21世紀の宗教空間 (平凡社新書)  
   

インターネットの中の神々—21世紀の宗教空間 (平凡社新書)

     
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

お葬式をどうするか

  お葬式をどうするか—日本人の宗教と習俗 (PHP新書)  
   

お葬式をどうするか—日本人の宗教と習俗 (PHP新書)

     
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

暑いときには熱いもの

土曜日なのに朝から羽田に行ってきた。
明日も日曜なのに、朝から会社だ。
先週の木曜から、またblogが空いている。
それにしても最近暑い。
暑い暑い暑い・・・
梅雨も終わらないし、バカ暑いし。
060721_155001
先週金曜日は、新潟に行った。
どこの駅もそうだが、かならずシンボリックなオブジェがある。
大きな駅だとそれが目立たないが、小さな寂れた?駅ほど目立つ。
渋谷のハチ公、超有名だがまるで目立たず風景にとけ込んでいる。

それでもって今週月曜日は、またまた米子へ。
これまではラッキーだったが、今回は思い切り雨。
雨、雨、雨・・・
空港から旅館に行くのにバスを乗り継いで行ったが、バス待ちでずぶ濡れ。
旅館に着くなり『アイロン貸してください』。
親切な仲良しの仲居さんは、アイロンの操作を説明しようと、話を始めた。『使い方分かってますので!』って、話を遮った。
だって、いつも使っているアイロンと同種の製品だったから(笑)。
その仲居さんは、親切にも私の到着が遅いので、宿帳に名前や住所を記入しておいてくれてた。それって、個人情報保護とかって・・・まぁ、どうでもいい土地柄か。
夕食も私がラスト。
賄いのおばさんも『やっと来たかっ!』って顔してた。
ごめんなさいね、ほんとに。この場をお借り致しまして、お詫び申し上げます。
なのに、なのに、その賄いのおばさんたら、横に立てかけてたアイロン台とアイロンを食事している私に代わって部屋まで運んであげるからって。2度低調、ちがった丁重にお断り申し上げたが、かまわないからって言われるので、部屋の鍵をお渡ししてお願いした。
皆さんに残業させて、そのうえ親切にしていただいて、本当に忝ない。

060724_21012 060724_210102
この日、部屋でビールを飲んでいたが、21時から花火が始まった。

パパーン!、ヒューン、ドドーン!、バリバリバリ!
『おっ!、玉屋~!』
2分で終わった。

ここ最近、毎日やっている『ミニ打ち上げ花火』だそうな。
ちょっと寂しいが、でも嬉しい。
しかし、花火の写真を撮るのは難しい。
060725_080201

翌朝は、別の賄いさんで、いつも通りの朝食だった→。

昼からは、広島へ移動。
雨は上がって、暑いぞ。

060725_113601
米子駅から岡山駅まで特急で。
この移動が長い。

最近何度も通った道程だが、長くてつらい。
また特急は、よく揺れる。左右に揺さぶ060725_113602られる。
とて も仕事する気になれない。

ま、そとでも眺めて過ごしましょう。

ついでにトイレにも行ってきましょう。
060725_120002こんな写真も珍しいかな?って、パチリ。
え?、悪趣味?
まあ、何事も学術的探求心で、今を記憶に留めよう・・・

って、最近新幹線のトイレしか観ないから、ちょっと珍しい気がしてね。

昔は外人に、この便器にこちら向きに座らせてたとか、いないとか。

この日は、広島から何事もなく東京に戻った。
060726_175301
翌日、朝から国際展示場(ビッグサイト)へ行った。
昼に移動して水道橋へ。

途中、秋葉原で電車を乗り換えたが、その際に見かけた秋葉原の天使?!
秋葉原の象徴?!
『メイド』様方・・・
やっぱりアキバだ。
ミョウに感心した。

さて、その翌日(木曜日)は、朝から名古屋。
その日は、寝坊した。
時計を見て、少し血の気が引く音がした。
間に合わない、いや間に合う。
超特急というに相応しいスピードだった。
おかげで新横の新幹線に間に合った。
この日は、名古屋市内で3件のアポがある。060727_123002
結構過密だ。
それでもきっちり昼食。
本日、この猛暑の中、味噌煮込みへ突入。
お上品でないが、このクソ暑いのにである。
名古屋は、やたら暑い。
脳みそが沸騰して、溶けてきている気がする。
もちろん、この味噌煮込みうどんも超熱い。
しかし、暑いときには熱いものである。
この辛い味噌の汁も飲み干してしまった。

帰りの新幹線では、のどが渇いていたのでビールに缶酎ハイ。
さらに新横浜で降りた後に、続きをもとめて駅を出た。
芋焼酎のロックを数杯、さすがに良い気分になってご帰宅。

毎週毎週、ほとんどが出張では、さすがに社内の仕事に差し支えが出てくる。
また、そのために土日に出社せざるを得なくなる。
来週は、出張を控えようと心に決めた矢先、火曜日は大阪に行けとのお達しトホホ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (1)

お骨のゆくえ

副題は『火葬大国ニッポンの技術』。
副題の通り、火葬に関する知られざる技術が明らかにされる。
日本の火葬技術は、世界的にも先進的であり、欧州での火葬技術との差は、技術力の差というよりは文化的背景によるものであることがわかる。

また、書き出しにある『分骨証明書』、『埋蔵証明書』、『改葬証明書』の件も現実問題として要注意である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

古事記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

お化けと森の宗教学

  お化けと森の宗教学—となりのトトロといっしょに学ぼう  
   

お化けと森の宗教学—となりのトトロといっしょに学ぼう

     
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

はじめての宗教学

  はじめての宗教学—『風の谷のナウシカ』を読み解く  
   

はじめての宗教学—『風の谷のナウシカ』を読み解く

   
                 
  • 作者: 正木晃
  •              
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  •              
  • 発売日: 2001/06
  •                                                       
  • メディア: 単行本
  •       
  • クリック: 2回
  •       
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
  •    
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

象徴天皇の発見

象徴天皇の発見 (文春新書)

象徴天皇の発見 (文春新書)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

皇位継承

皇位継承 (文春新書)

皇位継承 (文春新書)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

蓮如

  蓮如—乱世に生きたオルガナイザー (現代教養文庫)  
   

蓮如—乱世に生きたオルガナイザー (現代教養文庫)

     
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

お疲れな私・・・

今朝は早かった。
4時半に目覚まし。
朝からいつものようにシャワーして6時前には家を出た。
これから福岡へ向かう。060720_081501
今朝は早いフライトであることと、空港で航空券を購入する必要があったから。
新横浜からバスで羽田空港へ。
空港では、少し時間が余ったのでパンを購入してラウンジへ。

メールをチェックし、返事を書きながらのブレックファスト。
メールに没頭しすぎて、気付いたら搭乗の最終案内。
あわてて機内へ。

博多についたらお昼。
060720_1144
さっき朝食をとったばかりと思いながら、昼食をとることに。
地下街でスパゲッティの店へ行くことにした。
オーダーしたのは、ダージリンティーとカルボナーラ。
食い物日記にも書いているが、カルボナーラは大好きである。
これにチーズを山盛りのせていただく。
カロリー多いよね・・・

今日の仕事も結構タフだった。

お疲れ様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

お台場限定

火曜日(7月18日)は、朝からお台場に行った。060718_124501
お台場は久しぶり。
以前仕事でフジテレビの建物に行った以来かな。
今回は、そのお隣のホテルが会場。
地下の会場で昼まで講演を聴いていたが、以上に会場が冷えていて凍死寸前だった。

お昼はホテルの外へ出て、『アクアシティー』というところへ食を求めて行った。
中にはいると『ラーメン国技館』の大きな立て看板が目に付いた。
同行していた上司が無類のラーメン好きときたもんで、ラーメン国技館へ直行することに。
ラーメン国技館には六つの店舗がある。
その中から徳島のとんこつしょうゆ『東大』をチョイス。
理由は、四国から東京初進出ということで、気合いがまだ入っているかな、つまり馴れ合いになっていない味の可能性が高いと予想してのこと。
券売機で券を買う。060718_1256
買ったのは、『お台場限定とんこつしょうゆ全部入りラーメン』。
腹が減っていると欲が出るし、思考力が鈍る。
名前から考えて、旨くないと判断できる材料を二つはそろえている。
まず、『お台場限定』。急にお台場限定の地元より旨いラーメンができるわけがない。次に、『全部入り』。何でも全部入れりゃあいいってもんじゃない。
でもそんなこと、食べるまでは気が付かない。
食べてみて、あぁ・・・060718_131501
まずくはないが、旨くもない。

しかたないので、同じ建物のスタバにお口直し。
上司のおごりで。
しばらくここで仕事をして、合流するメンバーを待った。

お台場の駅にて、車で来たメンバーと合流。
この日午後の仕事を終え、車で蒲田にもどった。
戻ったのは良いが、21時頃まで仕事して、呑みに行った。
やはり帰れなくなって、蒲田にお泊まりするはめになった。
そんな一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

やっぱり休みは、のんびりしたい

先週の土日は、両日とも仕事だった。
土曜日は、昼過ぎには帰ったが、日曜は夕方過ぎまでみっちり仕事。
それもあって、今回は3連休にした。

今回、土曜日は朝から南大沢の映画館に行った。
予約もしてないので、朝から車で出かけた。060715_123801
幸い連休のせいか、空いていた。

私は、今日は映画を観ないので、連れの映画が終わるまでスタバで待つ。
ゆっくりとした時間の中、コーヒーを飲みながら読書に耽る。
しかし、昨日友人から聞いた言葉が頭を巡る。
忘れていた記憶を呼び覚まし、私の心を激しく揺さぶる。
何でもない振りをして、その場は過ごしたが、動悸が激しい。
ははは・・・
苦い濃いより
甘い濃い

この日は、この後、散髪に行くことにした。
頭の中がだめなら、外からすっきりということで。

よく日曜日は、これもまた朝からお出かけ。
秋川渓谷へ行くことにした。
近いが、久しぶりのドライブ。
普通、秋川渓谷には夏真っ盛りの時期に、涼みに行く。
今回は、早めだが適当な近場がないので。
本当は、ずっと山を越えて大菩薩峠まで行きたかったが、時間が分からないので断念した。
何度も行った場所なので、迷うこともなく、また時間が早かったので車も少なく、あっという間に到着してしまった。060716_095501
先ずは、大岳山麓の大滝へ向かう。
大滝まで一番近い(100mくらい手前)駐車場に車を止め、歩いていく。

行き慣れているので、ちょっとなめてかかりすぎたかもしれない。
私の足下は、素足にサンダル。
100m強の道のりだが、かなりの山道。
ちょっとやばそうな場所もあった。
060716_094101
何とか両手も使いながら、大滝に到着。

既に人がいた。
プロなのかカメラと三脚をセットして、撮影している。

しばらく、久しぶりの大滝の空気と水の冷たさを堪能した。

何となく居心地が悪い(撮影のおじゃまのようで)ので、早々に引き上げた。

次は、大岳鍾乳洞だ。060716_102601
車で少し引き返す。
この頃には、すれ違う車も増えてきた。
鍾乳洞は、涼しいので夏の納涼スポットだ。
ここ大岳鍾乳洞は、近辺で最長(300m)の鍾乳洞だ。
入り口には、切符売り場があり、そこではイワナだったかの串焼き を売ってたりした。
探勝券(入場券)は、大人500円。パンフレットもいただける。
入り口に進むと、鍾乳洞の入り口から霧状の靄が発生している。
鍾乳洞の冷たい空気と外部の湿度の高い空気に触れて発生していると思われる。
今日は、マイクロバスで団体が押し寄せていた。
受付のお婆ちゃんに、まだ中に大勢居るのか聞いてみた。
狭い鍾乳洞内で団体と一緒になりたくはない。060716_103701
幸い、みんな帰るところらしい。
さっそく中へと進む。
うっ、寒い!
涼しいを通り越している。
やっぱり来る時期と服装を間違えたか。
それに狭い。前回来たときより狭くなっている。
途中、少し休みながら進んだが、超大変。
ほとんど中腰以下。
鍾乳石の美しさもそこそこに、早く出口にたどり着きたい一心で進んだ。
そう鍾乳洞が狭くなったのではない。それは分かっている。
私の体が硬く、そして重く、大きくなっているのだ。
出口にたどり着いたときには、膝が笑っていた。060716_105201
悲しい現実だ。
秋芳洞くらいでかければ、こんなことも感じなくて済むのだが。

切符売り場に戻ると、まだ団体が居た。
駐車場で車に乗り込んで分かったのだが、マイクロバスを待っていたらしい。
私が出る前にマイクロバスが到着し、前を塞いでしまった。
こうなったらのんびり待つしかない。

帰りも渋滞と反対車線で、スムーズに進んだ。
夕方戻るつもりが昼過ぎには、帰ってきてしまった。

そこで近所の洋菓子店でお茶して帰ることとした。060716_123801
ここは2度目かな?

今日は大滝の後、持参のおにぎりを食べただけで、昼食もとっていない。

本日は、ブレンドコーヒーとクラフティーフロマージュ。

ほっ、コーヒーを飲むと生き返る。

その後は、今日も含めてだらだら生活を決め込むことにした。
やっぱり休みは、のんびりしたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

苦い濃いより甘い濃い

7月5日(水)は、夕方から米子へ向かった。Photo_28
今回も米子(鳥取)→広島→博多→熊本コースだ。
お馴染みになってしまった。
この日は、米子駅側のホテルに宿泊。
米子空港からバスで米子駅へ向かう。(右)

今回は温泉旅館でなく、駅前のビジネスホテルに泊まった。
チェックイン後、近辺を徘徊したが、そのとき2,000円台で朝、夕食無料という看板のビジネスホテルを見つけた。
すさまじい値段だ。
朝夕付きではなく、朝夕無料というニュアンスが微妙に感じられる。
もちろん冒険するつもりはない。
060706_122201
翌日、朝から米子の仕事を終え、米子駅へ向かう。
米子駅は、いつも妖怪で一杯だ。
今日も、ほらっネズミ男が・・・
って、少し飽きたな。

060706_153201
米子駅から広島駅へ。
ここで時間調整と次のアポの打合せのため茶店に入る。
アイスティーを頼んだのだが、見ての通りアイスティー自作セットが来た。
打合せもそこそこに、アイスティーに没頭した私。

この日、夕方になって博多へ移動した。
この先は、お決まりの屋台コース(前回2台目)でラーメン
翌日は、熊本へ移動して、最後、熊本空港から羽田へ。

なんだか、同じコースで同じことして、書くことが無くなった。
もう少し、頭を使って旅をしよう。
060712
でも、それが疲れを増すんだな・・・

翌週、7月12日(水)は日帰りで名古屋へ。
お昼は、前回の味噌田楽の側で、寿司屋へ。
『浜定食』何となく鰻も食べたかったから、これにした。
食べるものもラーメンなどは減らし、極力ヘルシーにという気持ちもある。

食事の後は、やはり2件目のアポについて事前打ち合わせ。
ここも前回『トアルコトラジャコーヒー』を頂いた場所。060712_1341
今回は、『ダージリン』をストレートで。
最近、紅茶が増えている。
何故だか分からない。
自分のことは、自分が一番よくわからない(笑)。

私は、基本的にホットで飲み物を飲む。
アイスコーヒーは、絶対に飲まない。
何故かというと、あそこまで真っ黒に、ギドギドに油が浮き出るまで煎ったコーヒー豆は、ちょっと抵抗がある。
なんだか、体にも悪そう・・・
また、あまり美味しいとも思わない。
だからアイスは、紅茶だけ。
もちろん紅茶であってもアイスで飲むのは、暑い時期だけ。
アイスティーは、夏、たまに自分でも作る。
作り方は簡単。
濃いめに入れた紅茶を予め市販のロックアイスを山盛りにしたグラスへ一気に注ぐ。
それだけ。
一気に冷やすのが、濁らせないコツ。

そういえば電車の吊り広告にあった。

苦い濃いより
甘い濃い

苦い思い出がこみ上げてくる。
しゃれたコピー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご無沙汰な日曜日

ブンブンとファンがうるさい。
最近PCが熱を持ってる。埃でもたまったかな?
この3連休は、ほとんど休み無く動いている。
ちょっと心配だが、バラスのはめんどくさい。
そのうち、そのうち・・・と、壊れたりして(笑)
ぐうたらな私は、なかなか動こうとしない。

そのぐうたらな私は、最近日記もさぼっていた。
前にも書いたが、ちょっと疲れ気味。
この3連休で、気分一新! と行きたいところなのだが・・・
ところで今日は誕生日だ。
誰のって、私のである。
だから何って、何もない。

先週金曜日にプレゼントをもらった。
律儀な友達である。
ありがとう。
この歳でも何となく嬉しい気がする。
誕生日が、ではなく、プレゼントをもらうことが。

そういえば、先ほどmixiの蒲田コミュで蒲田が舞台の映画『やわらかい生活』というのをやっていることを知った。
大森は、レイトで1回のみ上映されているらしい。
来週、どこかで行けるかな?
神龍、一緒に行かないかな・・・?  返事待つ(笑)

そういえば、が続くが、私は昔から映画に一人で行かない。
結構最近まで、一人で行ったことがなかった。
ここ数年来、一人で行くことも苦でなくなった。
映画の見方、楽しみ方、目的が変わったのかな?
変わったのだろう。
060704_122901
さて、ここ2週間は何をしていたかというと、私も既に覚えていない(笑)。
この写真を見ると、どうも私は7月4日(火)のお昼は、豚丼だったらしい。
この日は、午後から車で寒川まで行った。往きは私の運転。
途中、この豚丼を食べたのだろうが、既に記憶にないのは、先ほども言ったとおり。

帰りは、中山に車をおいて、BOOKOFFで本数冊とDVDを購入。

ここのBOOKOFFは結構本があるが、通うには無理がある。

その後、見知らぬ焼肉店へ入って、3人で食事した。060704_193602
開店準備中という感じであったが、機嫌良く応対してくれたので印象はよかった。
なんだかんだと、頼んだ気がするが、まっ、タダ飯なので、これも記憶にない(笑)。

中山からはJRで帰ったが、なぜかこの日、駅のホームで無性にコーヒーが飲みたくなった。
と言うわけで、ホーム自販機のコーヒー。
これでも無いよりは、なんぼかましやで~。

と続く。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

今日は徹夜・・・

この週末は、何か細々と忙しかった。
しかも暑かった。

今日、7月2日は、Rの誕生日だった。
プレゼントは昨日買った。
今日はケーキを買いに、先日紅茶を飲んでいた洋菓子店へ行った。

いつものデコレーションにすることにしたが、店頭には4号と5号がでている。6号がほしかったので、店員に聞いてみると、奥へ確認に行った。
OKであった。
ただし、基本的には予約になりますと釘を刺された。イタッ!

レジを済ませていると、スポンジも販売すると書いてある。
これは・・・と思い、聞いてみる。
『スポンジも販売するんですね。やっぱり予約ですよね?』
まあ、あたりまえだろう、『予約になります』とのご回答。
ちょっと今日の人は、取っつきにくい。言葉が冷たい。
さらに質問『値段はどれくらいですか?』、価格は800円程度からだった。
何を詳しく聞いているのかと思う人もあるだろうが、私は昨年を除いて、毎年クリスマスケーキを自分でデコレーションしている。
変な趣味と思うかもしれないが、コミュニケーションの一環として、実益をかねて(私は、市販のものより旨いと思っている)やっている。
ただし、スポンジは昔失敗してから自分では焼かない。
デコレーションに徹することにしている。
スーパーでクリスマス直前に買うスポンジよりも、ここのスポンジを使った方が美味しいだろうと想像したからだ。060702_203401
今年のクリスマスの楽しみができた。

さて、その後食事を済ませて、ケーキタイム。

昔ほどケーキを食べなくなったが、基本的に甘いものは好き。
最近、和菓子を食べることが無くなった。
家でお茶することが無くなったからだ。
ぜひ、近いうちに再開したい。

そのためには、いくつかの問題を解決する必要がある。
頑張るしかない。

それにしても、今日は徹夜になりそう。
明日の資料ができていない・・・トホホ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年7月 1日 (土)

フローズンブラッドオレンジ

今週、金曜日は朝、一瞬出社して出かけた。

この日は、朝から国際展示場で約束がある。
前回、台湾に行った時に、ここで会う約束をした。
約束通り、キーマンを連れての訪問。

出展者でない立場で、展示会に来るのは本当に久しぶりだ。
十分説明を受けて次回連絡の約束をした後、そこを離れた。
ついでなので、後数社まわった。
情報セキュリティEXPO』は、今回第3回だそうだが、セキュリティと一言で言っても範囲が広いため、様々なソリューションが展示されていた。
ビックリしたのは、同じような商品なのに価格が一桁異なることである。これは商品の優劣の問題ではなく、企業の営業力の問題である。
価格は、顧客が決めるもの。
よって、その価値があると思わせれば、その価格で購入する。
そうなりたいものである。

また、以前一緒に仕事をしたベンチャー『イーツリーズ・ジャパン』が出展しており、社長がいたので、同行者を紹介した。
おもしろい商品を開発しているが、少し私の仕事とは絡みにくい部分もあって、ご無沙汰だったが、これをきっかけにうまくいくとありがたい。

さて、意外と時間が掛かってしまった。
午後のアポがあるので、そうのんびりしている訳にはいかない。

開場を後にして、外で食事をした。
その後、りんかい線に乗って恵比寿へ向かった。
いつもは大井町で乗り換えるのだが、どうもこのまま恵比寿まで行きそうな雰囲気だったので、大井町を過ぎても乗り続けた。
結局、恵比寿まで行くことができて、予定よりも早かったため時間調整することにした。
Photo_27
西口の向かい側にドトールがあり、そこで時間調整。
ここで普通ならアメリカンをオーダーするのだが、なぜだか気になった『フローズンブラッドオレンジ』をオーダーした。
名前の通り、真っ赤なオレンジ。
暑い日の外回りは、こういうものも飲みたくなる。

これを飲みながら、午後のアポについてメモを確認し、前回までの記録を頭に叩き込む。
その上で、今日の進行のストーリーを組み立てる。

レジのすぐ前に座っていたが、同じものをオーダーする人が他にいない。
少し寂しい気がするが、これは決してNGな飲み物ではない。
リピート有りである。

そんなことを考えていると、午後の同行者が現れたので、ドトールを後にした。

この日は、夜もちゃんと終電前に帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »