« 盛岡のセミナー | トップページ | 図書館の親友 »

2006年9月18日 (月)

窒息

先週盛岡以来、今日までほとんど東京で、でもそれでも忙しく過ごして060913_144001いた。

その間に名古屋へ2回だけ日帰り出張。
名古屋は、夏の盛りでなければ、近距離で交通の便も良く出張先としては楽な方である。
この2回の名古屋は、意外なほど仕事が調子よく運んだ。
右は、名古屋のスタバで一休み・・・

060916_112201しかし、体調の方はあいかわらずはっきりしない。
昨日は、散歩(爺くさい?)から帰って来た後、うつぶせ気味で午睡していたら、突然胃液が逆流してきて窒息するかと思った。
のどは痛いし、鼻は痛いし。
しばらく咳き込んでいた。
ペットボトルのお茶が胃に一杯入っていたからみたいだけど・・・
でもやっぱり内臓君達が弱っているのだろうか。
ストレスか飲み過ぎか(笑)。

今日は、朝早くから出社した。
次回セミナーの打合せだ。
資料の確認と話の時間や内容の調整。
長々と会議。

帰宅して、現在はその説明資料を作成しているところ。
いいかげんPowerPointに飽きてきて、眠くなってきた。

明日は、夕方から町田で事業の打合せ。
火水の福岡出張からダイレクトに新潟へ。そこでセミナー。
だから時間がない。
それ以外にもやることたくさんあるのに。
あぁ、愚痴になってきた。
9月はもう残り少ないぞ!
可能な限り踏ん張ろう。

|

« 盛岡のセミナー | トップページ | 図書館の親友 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!初投稿です。
ほんとに出張が多いのですね!お体御自愛下さいね。
でもいろんなところに行けて良い面も!
(私がもし男の人だったら海外国内ともに出張や転勤の多い仕事を選んでいると思います。。。)きっと欲張りなんですね・・・一回の人生で
体験できる事や見れるものはとことん見て死にたいと思っているから

体調を良くするには瞑想が良いですよ・・・
海外の大企業では瞑想やヨガを会社内に取り入れている企業も多く
業績向上に大きくつながっていると聞いています。

毎日朝目覚めにベッドの上で15分瞑想・・・無心になり
(自分はこれからどうしたいのか?どうしていきたいのか?等)を自分に
なげかけるように毎日瞑想をすると心の奥からパワーがみなぎってくる
と言います。

是非一度お試しあれ~

投稿: ゆりっち | 2006年9月18日 (月) 01時57分

ゆりっちさん:
こんにちは、
出張は旅行とは違いますから楽しいとは限りませんし、何も見る時間もなく次へ移動することも度々です。
でも慣れてくると、その中でも楽しみを見つけられるようになってきますが。しかし、段々と体が付いて行かなくなってきます。
起きがけの瞑想ですか・・・
最近読んだ『死ぬことと見つけたり』(隆慶一郎)の主人公が実践していたのは、鍋島の『葉隠』にある『死人』よろしく、毎朝起きがけに布団の中で死ぬんだそうです。毎回違う死に方で、苦しみながらもだえ死んでいく自分を想像して、一度死んでから起床する。
既に死んでいる『死人』だから現実世界での死を同等に捉えることができる。
真似はできないですが、なるほどと思いましたね。
それと同じことですね。

投稿: 机竜之介 | 2006年9月18日 (月) 13時40分

なるほど~そうゆう捉え方もありですね。
考えてみればそうかも知れません。

投稿: ゆりっち | 2006年9月19日 (火) 04時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/11937693

この記事へのトラックバック一覧です: 窒息:

» 図書館の親友 [机竜之介の自宅日記]
朝からBOOKOFFへ行くことにした。まず車の腹ごしらえ。139円(レギュラー) [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 14時16分

« 盛岡のセミナー | トップページ | 図書館の親友 »