« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の38件の記事

2006年10月30日 (月)

食い物日記23

八王子みなみ野駅そばに、最近オープンした、上海Kitchen『蓮香』(Ren Shan)。
ちょうどお昼に誘われたので、ここで食事した。
061030_140601
食べたのは、『Bランチ』。
ラーメンと鶏の唐揚げ丼。
これで850円也。

店は、入り口こそ中華風であったが、中はそれほどでもなく、音楽も何か分からないが今風のものであった。

ラーメンは、上海風の味付けと感じた。
野菜たっぷりのあんかけ風ラーメン。
しかし、全体的に和風中華という感じがする。

鶏の唐揚げ丼も、ちょっとご飯が餅米っぽい感じがしてたが、しつこくない。
全体的にあっさりしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

たわい無い話し

土曜日、お昼にいつものタリーズでコーヒーを飲んだ。

オーダーはほとんどいつも同じ、『本日のコーヒーをTallで!』。
061028_125101
ちょうどコーヒーが切れていたようで、お持ちしますとのこと。
席で待つこと、十分程度か。

コーヒーが、紙コップではなく、マグカップで来た。

えっ?!、多くないこれ??
Tallなのかな本当に・・・

写真では、分かりにくいが、そうとう大きいマグカップなのだ。
それになみなみと注いである。

まぁ、多い分にはもんくはないのだが。
061028_132101
コーヒーをゆっくりとだが、飲み進むと、マグカップの内側に計量目 盛りが出てきた。

写真は、ピンぼけだが、一番上の線に確かに『Tall』と書いてある。
間違いなかったのかと、ちょっとほっとするが、紙コップで飲んでいるときよりも視覚的にはるかにたくさん飲んでいるように思えた。

でも写真からも分かるように、実際にはTallの線よりもかなり上までコーヒーを入れてくれていた。
私のような、コーヒー好きには、ありがたいことだ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

懐かしき塩味

話は10月27日の金曜日に遡る。
昨日、福岡でのセミナーを終えた私たちは、今日は広島で説明会を行う。
061027_091301
朝、やはりゆっくりめに朝食をとる。
連泊で困るのは、一般的に朝食が同じになるということ。
ちょっとだけ救われたのは、味噌汁が豚汁(のような)に替わっていたことと、焼き魚が西京焼きから鮭の塩焼きに替わっていたことである。

連れと朝食をとりながら話をしていたのだが、最近の食べ物は健康のためという理由で塩分が極端に少なくなって、パンチが無くなった。
例えば、塩鮭。
今朝の塩鮭は、これはただの鮭焼きである。
昔の塩鮭はからいので、焼く前に何度も何度も水洗いした。
それでも、切れ端でご飯が一杯食べられた。
梅干しもそうだ。
最近の梅干しは、まったくからくない。
昔の梅干しは、なめただけでご飯が食べられた。
本当に想像しただけでご飯が食べられた。

今のは、からくない分、ただたくさん食べているような気がする。
本当に健康に良くなったのだろうか。

ホテルをチェックアウトして、新幹線で広島に向かった。

朝食からそれほど時間が経っていないが、またまた食事である。
もちろん、空腹ではない。
しかし、昼食を抜くと、精神的に不安定になる(やるべきことをやっていないという脅迫観念?から)ため、軽く食べることにした。
061027_1145680
もちろん、『広島焼き』である。
食べたのは、『おゝ井(おおい)』の『レギュラー焼』。
そばが入っている。

広島焼きは、大阪のお好み焼きに比べると小麦粉の量が少なく、野菜が多いので、より健康的なように感じられる。

061027_115801このお店は、広島に来ると、かなりの割合で訪れる。

連れに、ふと目にとまったものを教えた。
『この店は、岩塩を使っているよ。』
左がそうである。
食卓塩の瓶の中に入っている。
大きな岩塩(ただの塩の固まり)。
こんなくだらない話ばかりしている。

061027_123701 食事が終わったと、まだ時間があるため、近くのスタバで時間調整。
ここもよく訪れる。
パソコン開いて、さっそくメールチェック。

さて、時間なのでタクシーで予定の場所へ移動した。
部屋に案内されると、内輪の簡単な説明会と思っていたものが、ほとんど小セミナー状態であった。
急いで、段取りを打ち合わせし、準備を整えた。
こんな予定ではなかったので、スピーカーの音量が足りないだの、プロジェクターのケーブルが届かないだの、資料が足りないだのと、色々と問題が・・・
しかし、無事終了。

これでやっと東京に帰ることができる。
帰りのフライトは、19:40だったが、とりあえず急いで空港へ向かった。
18:05に乗変できれば幸いと急いだ。
カウンターに到着したのが、16:45頃。
まだ17:00に間に合うとのこと。急いで手荷物を預け、搭乗口へ。
もちろん、ほぼ満席状態であり、席は3人掛け中央。
これもやむを得ない。
早く帰りたいから・・・
私は、離陸にも気付かず、既に爆睡モードに突入していた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

不正コピー

あらあらとうとう痺れを切らしてしまった。

半年ほど前に、蒲田の商店街にもひっそりと売っててビックリしたが。
 


2006/10/28 11:51
   日米欧などの主要国が、違法な海賊版や模倣品の製造・販売取り締まりが不十分だとして、来週中にも中国を世界貿易機関(WTO)に提訴することが28日、分かった。知的財産保護で摘発強化を求めるWTO提訴は初めてで、違反業者への刑事罰強化を中国に要請する。

 日米欧は中国製などの模倣品の横行に歯止めをかけるための条約締結の準備にも着手しており、国際的な対中包囲網が一段と強化されそうだ。

 今回の提訴は、米国がWTOに訴状を提出する一方、日本とカナダ、欧州連合(EU)は第三国として参加する見通し。

  中国では不正コピーしたDVDなどの映像、音楽ソフトや偽ブランド品が横行し、日米欧の企業が多額の被害を受けている。日本政府などは、中国の不十分な対 応は知財保護を定めたWTOの貿易関連知的所有権(TRIPS)協定に触れる恐れがあると判断した。日本企業の被害額は年間約9兆円に上るという。

 中国では押収した模倣品・海賊版の総額が一定額未満の場合、刑事訴追の対象外とされており、日米欧は中国に訴追の対象範囲を広げるよう求める。

 WTO提訴後、日米欧はまず事態改善を求めて中国と協議。その後60日以内に中国が対応しなかった場合、紛争処理小委員会(パネル)設置を要請し、中国がTRIPS協定に違反しているかどうかを判定する。

 ただ「知財保護を目的としたWTO提訴の前例はない」(経済産業省幹部)ため、日米欧の主張が受け入れられるかどうか不透明との見方もある。

 

数年前までは、中国でCDやDVDを購入する場合、正規のものを購入することの方がまれというか、ほとんどそのような人はいないと聞いた。
実際にCDやDVDのショップにはいると、そこにあるのは正規商品ではない。
もっともブランドのバッグもコピー商品をどうどうと販売しているし、店員は『この型は、本物のプラダには無いよ!』とオリジナリティを売りにしていたからビックリである。

しかし、昨年中国に行ったときは、表向き様変わりしていた。
ちゃんとしたデパートの中で、ひっそりとしたフロアーが存在する。
改装中なのかと思ったらそうではない。
DVDショップがずらりと並んでいるのだが、すべての店が戸を閉めてカギを掛けている。

しかし、これが営業をしていないわけではない。
店の表に人がうろついている。これが実は店員である。
なんと客だと見定めるとすり寄ってきて、店に入れようとする。
素早くカギを開けて、客を店内に入れ、また素早く閉じるという要領である。
これで一応当局の手入れを回避しているのであろう。
しかし、ここは中国である。そんなに単純ではない。まず間違いなく、当局の然るべき人物にそれなりのことをしているはずである。
同様の店舗が一帯に続いている。

これが中国だ。
簡単に変わるはずがない。
日本も不正コピーの温床時代から現在に至るまでに何十年もの時間を要している。
つまり国民の世代交代が必須だと言うことである。
もちろんそれには、学校教育に代表される若い世代への教育が伴わなければならないし、それを否定する家庭教育が相対的に減少して逆転現象を起こしたときに、実現する。
もちろん著作権や特許権など資本主義の産み出したものであり、社会主義に馴染まないものであるから根は深い。

現在のオープンソース化時代を考えると、さらに混沌としてくる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日ハム対中日

26日木曜日、今日は福岡でのセミナー。
10時に会場入りするため、朝はゆっくり。061026_085801

8時半に連れと朝食をとる。
なんだかいっぱいである。

それなのに連れは、ご飯をお代わりしている・・・

朝ゆっくりしているといっても、のんびりしているわけではない。
私は、前回四国でのセミナーでクレームをいただいていたので、PowerPointを修正していた。
しかし、クレームは正当なものではない。
クレームの内容は、『横文字ばかりでお客が引いていた!』というものであった。しかし、私は極力認知されていない横文字は使わないようにしている。これに関しては、資料改善の余地はないと判断し、別のわかりやすさをもとめて改善改善また改善(笑)。
横文字と3文字の頭文字が連発していたのは、講師の講演であり、それと勘違いしているのであろう。

会場に入り、設営の手伝いをしていると、講師の先生が来られた。
共催会社の社長と講師の先生が食事をすることになっており、私も同席した。
若い社長で私より3つほど上、しかしバリバリのキャリアである。
昼食は、弁当であったが、さすがにこの席での撮影は遠慮した。

セミナーは、いつも通り。
終了後も質問や名刺交換で忙しかった。
今回は、博多に連泊であり、あわてずに後片付けができる。
片付け終了後、本日の反省と今後のフォロー展開について打合せをした。

さて、本日の業務終了。061026_190801
一度、ホテルに戻って、食事に出かけた。
今日もやっぱり近場で済ませる。
やっぱりラーメン。でも屋台ではない。
まずは、やっぱりおでん。
(注:これは二人前)
061026_192301それに、竹の子の煮物にポテトサラダ。

なぜか辛い。
写真にはないが、これに後、モツ煮がある。
これが激辛らしい、私はモツ煮061026_192401 を食べないので分からないが、見るからにからそうな色をしている。

そして、竹の子も辛い。
なぜだか、ポテトサラダも辛い。
明太子入りなのだろうか、赤いものがみえる。
061026_200101
そんな辛いもの三昧と芋のロックで、日ハムと中日戦を観ていた。

私は野球ファンではない。
しかし、店のオーナーも盛り上がっているし、連れも盛り上がっているので。
また、新庄選手が引退するということくらいは知っているので、興味深く観ていた。
しかし、日ハムが逆転をした頃に店を出た。

問題は、この後である。
気持ちよく酔っぱらった二人の足は、なぜかホテルと反対に向かう。
というか、タクシーを拾って、『中洲まで』。
061026_2215
結局、中洲の屋台に出張することになった。
今回は、『伸龍』さんのラーメン。
もちろんラーメンのみ。
ここのラーメンは、あっさりしたとんこつで旨い。

中洲まで来て、これで帰るわけもなく、この後は危険ゾーンへと分け入った。

帰りは、徒歩。
ぶらぶらと酔いをさましながら、歩いて帰った。
なお、ホテルでテレビをつけると、日ハムの胴上げシーンが映しだされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速道路のガソリン

何度もガソリンが高いという話を書いた。

しかし、こんなことが起こっているとは知らなかった。

高速のガソリン代、一般GSとの差是正へ

2006年10月28日08時57分

 この夏安さが話題になった高速道路内給油所のガソリン価格について、東日本、中日本、西日本の三つの主要高速道路会社が、一般の給油所での価格との差を 縮めるため、値決めの方法を見直す方針を固めた。「安値目当てにドライバーが殺到し、渋滞の原因になった」としており、近く他の高速道路会社や関係省庁と 調整に入る。

 西日本の石田孝会長が27日の記者会見で明らかにした。現行では、前の月の第3週または第4週の全国平均価格を全国一律の上限価格(沖縄を除く)とし、それを1カ月間据え置いている。この夏のように一般のスタンドの価格が短期間に急騰すると、相対的に安さが際だつ。

 3社は、上限価格を設ける仕組みは維持した上で、上限価格の見直しを1カ月ごとから1週間ごとに増やす方針だ。

以前から定常的に、高速道路での給油は、首都圏では割高であり、地方では割安になる。

それは高速道路でのガソリン料金が一律であるのに対して、民間のGSはガソリンの輸送料の分だけ遠隔地域が高くなっていくからである。

私も車で地方に行ったときは、高速道路を降りる前に給油し、帰りも高速道路に乗ってから給油していた。

みんな物価があがると知恵を絞って、このようなことが発生する。

ガンバレ、日本国民!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

焼き鳥とキャバクラ

今週水曜日25日は、翌日の福岡でのセミナーに向けて、夕方東京から061025_173401移動した。

毎日があわただしい。
とりあえず、羽田のラウンジで一息入れた。

あまり時間はない。
ここで最近は牛乳を飲むのだが、なぜか違う液体になってしまった。

ゆっくりする間もなく、飛行機に乗り込む。

061025_2006 福岡空港で手荷物をピックアップする。
現在のSkipは、手荷物を預けるとSkipできなくなってしまう。
まだ、発展途上のシステムだ。

さて、地下鉄で博多駅まで移動する。
いつもだと博多口方面、中洲に近いところに宿をとっている。
しかし、今回は筑紫口、JR線路を挟んで反対側である。
チェックインを済ませ、食事に出かける。061025_2112
ここから中洲は遠いし、今日は屋台以外に行こうと決めた。
ホテルのすぐそばに、幸いに焼鳥屋があった。
ここ『文徳』に入ることにした。
さっそく、芋のロックをお願いする。
あわせてキャベツが出てきた。
061025_212201
適当に色々と頼む。
関東の焼鳥屋では、考えられないが、九州では焼鳥屋で豚バラを欠かせない。

061025_213601 店長や調子の良い店員のにいちゃんと、隣のキャバクラの話で盛り上がった。

話が盛り上がって、お酒もすすみ、焼き鳥もすすみ、気が付いたらかなりの時間が経っていた。

あまり過ごすと、明日のセミナーに障るので、早めに切り上げてホテルに戻った。
久しぶりのラーメンのない博多の夜だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

mixiGraph

先日の講演で『mixiGraph』の話が出ていたので、調べてみた。
はじめは、mixiの機能かと思い、メニューの中を探し回ったが見つからない。
それでgoogleで検索してみると、これが単独のプログラム(.exe)であることがわかった。

Mixigraph01さっそくダウンロードしてみた。

mixiGraph.exeを起動して、私のmixiのID(メールアドレス)とパスワードを入力する。
そうすると私と、私のマイミクが表示された。

右は、私のマイミクのさらにそのマイミクまでを表示させたもの。
レイアウトは自動で行う。

中心部分にあるのが、わたし。
私自身は、マイミクが少数であり、私のマイミクには、大勢のマイミクがいることがわかる。
まるで花火だ。

私の専門外だが、人間関係の研究に利用できるデータがとれそうな気がする。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

グリーン車

今日は、仙台でのセミナー。

朝から中央線で東京駅まで行き、そこから『はやて11』で仙台へ。
東京駅のホームに出ると、かなりの寒さ。
朝から雨が降っていたが、ここまで気温が下がるとは思っていなかった。
仙台が思いやられる。
新幹線では、久しぶりに溜まりに溜まったメールを読む。
随分前の未読がある。
幾つか急ぎの返事を書き、途中停車駅ですかさずモバイル接続し送信。
11時過ぎには、仙台駅に着き、会場まで歩いていく。
本当は、タクシーに乗りたかったが、それほどの距離ではなく渋々雨の中、凍えながら歩いていく。
しかも風がひどく、横殴りの雨。
手がかじかんできた。
お~い、いきなり冬かよ!

かなり濡れて、会場に到着。
会場は、すでに先着組により設営が終了していた。
機器のチェックのみ行う。
13時に受付が開始されるので、食事に行きましょうと声が掛かった。

部下と二人で食事するつもりが、共催会社の取締役や講演者、それに上司も一緒の総勢6名になった。
『何のこのこ付いていってるんだよ、気の利かないやつだな。』と心の中で部下を責めたが、後で感謝した。
061024_115401
共催会社の取締役が案内してくださったのは、すぐ近くの『牛たん炭焼利久』。
仙台と言えば、『牛タン』。
以前も商店街のようなところで食べたが、特別なものではなかった。

しかい、ここは高い店ではないが、その取締役ご推薦の店。
『たんの厚みと柔らかさが・・・』だそうである。
へぇ~、と思いつつ、あまり期待はしていなかった。

061024_1209
まず、出てきたのはスープ。
旨そうである。
次に麦ご飯。それにとろろと玉子(黄身)。
麦ご飯大好きの上に、とろろのせ大好物。
最後に牛タンの登場。
いわゆるぺらぺらの丸いものではなく、厚みのあるブロックに近い感じである。

スープが旨い。胡椒を入れてなお旨い。
この手のスープも大好きである。
もちろん麦ご飯ととろろも絶妙である。
牛タンに手を出す。
あっ、柔らかい。
普通の牛タンのちょっとこりこりした感じもない。
どちらが良いとは、一概に言えないが、これはこれで旨いのだから良い。
午後のセミナーのことは忘れ、一人食に没頭していた。

セミナーは、雨のひどい中、かなり濡れながら、たくさんの方が集まってくださった。
私の話は、いつもの通りだが、デモで失敗した。
このソフトウェアでは、初めてのことだが、一般的にはデモ中にハングするのはよくある話である。
何食わぬ顔で、タスクマネージャから強制終了して、再起動。
そんな調子のセミナーであった。

すべてが終了し仙台駅へまた濡れながら向かった。
JR仙台駅のみどりの窓口に行くと長蛇の列。
まだ時間的にも遅くないし、火曜日なのにと思いながら電光掲示板を見ると東京行き新幹線がすべて×になっている。
なんで!?
2時間先も×である。
東京大阪間の金曜の夜なみである。
どうしようか困って、さらに電光掲示板をよく見ると、東海道新幹線の『こだま』に相当する『やまびこ』のグリーン車だけが空いている。
やまびこ』が遅いとは言っても、2時間以上待つよりましだし、グリーンなら我慢できるだろうと思い決心した。

私は、飛行機もエコノミー以外にほとんど乗ったことがない。
列車もグリーンなどほとんど乗ったことがない。

ホームで弁当を購入して、列車に乗り込んだ。

私のような小心者には、『あぁ、こんな贅沢をしてもいいのだろうか・・・』と罪悪感が、超一瞬だけ横切ったが、すぐ忘れた。
グリーン車は、楽である。
横は、せわしないオヤジがガサガサゴソゴソしてうるさいが、グリーン車である。
我慢してもおつりが来る。
しかし、何となくこのグリーン車に乗っている人達、セレブなお婆さま(それほど品良くはないが)が多い。

さて、お弁当。061024_1805
海鮮 常長弁当
説明によると、支倉常長は、伊達政宗の密命により欧州へ渡航した人らしい。
弁当のお品書きが付いている。
一、銀鮭塩焼き(石巻産)
一、ほやのへそ味噌漬け(仙台藩の伝統料理)
一、厳選たらこ炙り焼き(にがりを多く含んだ自然塩仕上げ)
一、鯨の懐かし揚げ(金華山沖から)
一、帆立貝の照り焼き(三陸とスペインを繋ぐ海の幸)
一、えりんぎ茸のパン粉揚げ(Classicを聴いて育ちました)
一、昔ながらの石臼製法の笹かま
一、蔵王こんにゃくのたらこ和え、厚焼き玉子、大根味噌漬け
一、田舎野菜の煮付け
それと、-舟形の笹包み-春獲り小女子めし

後半のお品書きは、内容も段々と怪しい。
しかし、これが結構旨い。
お品書きは、食べた後で見つけたので、食べているときは、ほやのへそや鯨の懐かし揚げなど、これは何だ?という感じで食べたのだが。

弁当を堪能して、またメールのチェック。
またまた、急ぎのメールに返事を書き、駅で停車したすきに送信。

広くてゆったりして楽ちんなグリーン車の旅も終わりを告げる。
東京駅から中央線に乗り換えた。
ドアが閉まる直前に、車内放送。
『ただいま、西八王子、高尾間で人身事故が発生致しましたので、とりあえず次の駅まで進んで、様子を見ます。』
なんだそりゃー、降ろせー!!

何となく、仕事は充実感のない一日だったが、食に関しては充実した一日であった。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2006年10月23日 (月)

高松のセミナー

さて、20日金曜日。
午後からセミナー。Pa0_0130
ここは、高松である。

朝、旅館を出て、タクシーで『高松シンボルタワー』へ向かった。

昨日と同じタリーズで、朝のコーヒーを飲みながら、人を待つことにした。

待ち人の到着とともに、会場である6階へ向かった。
すぐに会場作りに入った。
机や椅子のレイアウト変更。
機材の設置。
マイクなど機器の動作確認。
資料の配付、案内版など次々と進んでいく。
Pa0_0126
一通りの準備が終わり、受付開始までの時間をつぶす。

控え室があり、本日の講演者は、こちらで休んでいただく。

我々も荷物を控え室に移動し、ちょっと休憩。
Pa0_0125
このような、アホな休憩室である(笑)。
これが噂に高い『連れ』である。

初めての画面登場(顔面登場)だが、mixiに出没している。

アホは、さておき、お客が集まり出す。
Pa0_0128
セミナー開始までは、まだ時間があるので、屋上に出てみる。
屋上と言っても6階であるから、そんなに高くない。
外を見るとフェリー乗り場だ。
何艘ものフェリーが行き来している。
良い景色だ。

さて、セミナーが開始され、講演者の話が始まる。
1時間ピッタリで終了。
10分休憩。Dscf0357
その間、次の準備。
次は私・・・
今回は、コンパクトに、よけいなことは話さず、50分で終了。
その後を連れが引き取って、話をした。
右は、そのとき連れが撮影したもの。

さて、すべてが終了し、会場の後かたづけを始める。

東京へのフライトまで、それほど時間はない。
ちゃっちゃと終わらせ、タクシーで高松空港へ向かった。

空港に着くなり、また上司と連れが、腹が減ったと言い出した。
まだ、早いし、私には空腹感がまったくないのに。
Pa0_0123
しかたなく、うどん屋へ入った。

さぬきうどん。
写真は、『ぶっかけ(温)』に玉子トッピングである。

これは旨かった。
量は少ないので、おやつである。

ちょっと香川のうどんを堪能して、東京へと戻った。

羽田からは、バスで蒲田へ。
セミナーで使用した機器関係の荷物が大きく、これを会社に戻しに行く。

会社に着いたのは、21時を既にまわっていた。
荷物を片付け、机に着くと、すぐに仕事を開始した。
たくさんの急ぎの仕事がたまっている。
明日、土曜日ももちろん出社しなければ、間に合わない。
そうこうしているうちに、終電も終わる時間。
既に連れも私も帰るつもりが無くなっている。
061021_000301
0時近くまで仕事をして、またどうせ戻ってくるんだからと手ぶらで会社を出た。

まずは、腹ごしらえ。
この時間に開いているところと言えば、『なか卯』。
連れと二人で、『親子丼』。

とりあえず空腹を満たしたところで、蒲田の夜へと消えていく二人であった。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

【馴れ初めバトン】

ゆりっちさんのご指名によりバトンさせていただきます。
まじめに書こうか、ちょっと悩んでいるけど、おちゃらけるとゆりっちさんに怒られそうなので・・・

1.奥さんの一番のチャームポイントは?

眼(私は、眼に弱い・・・)

2.奥さんに似ている芸能人は誰?

小泉今日子と昔言ってたような・・・気もする。
でもガッパに似ていた。
現在は、考えたくない。

3.奥さんとの馴れ染めは?

学生時代、違う研究室の友人の彼女?の友達として、遊びに来ていた。
それで紹介されて。

4.これだけはやめてほしい、奥さんの行動.癖は?

恥ずかしくて、死んでも言えない。
人間、やめてくれ!

5.奥さんからもらった初めてのプレゼントは?

初めてのプレゼントは、記憶に残っていない。
あげたのも覚えていない。

6.プロポーズの言葉とその時あなたが感じた気持ちは?

『結婚してください!』
布団の上(笑)に正座して。
すぐに返事しなかったなぁ。

7.奥さんの特技は何?

酒豪、凶暴

8.奥さんの好きな男性は?

男子高校生
韓流俳優
B'zの稲葉
他、多数

9.将来どんな生活をしたい?

隠棲したい。
でもネットは、欲しい。

10.バトンを渡す3人!!

どうか、あきらめて引導を受け取ってくだされ。

【kaori】さん
【神龍】さん
後誰かよろしく~!
※kaoriさん、奥さんを旦那さんに変えてよろしくです。期待してます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

人力検索はてな

さて、先日の続きです。
ゆりっちさん、ログインできました?

人力検索はてな』を少しだけですが、使ってみましたので、レポートします。

まず、『人力検索はては』とは、何か。

知りたい事を人の力で調べます

検索エンジンを使っても探し出せない、どう探してよいか分からない、たくさんの人に答えてもらわないと分からない、人力検索はてなはそんな質問に答えます。

話し言葉で情報を探したり、たくさんの人の力で効率的に情報を得ることが可能です。

さて、これを使用するには、もちろんログインIDが必要です。

まずは、会員登録をしてログインしてください。



次に、『質問』ですが、質問するには、予め『はてなポイント』というものが必要になります。

これは、購入するか、逆に他の人の質問に回答することで入手できます。

はてなポイントを使って質問

人力検索はてなで質問をするには、質問料としておよそ50ポイントから200ポイント程度のはてなポイント(1ポイント=1円)が必要です。

はてなポイントクレジットカードコンビニエンスストアイーバンク振込、銀行振込、郵便振替、ちょコムのいずれかの方法でご購入いただけます。また他のユーザーの質問に答えることではてなポイントをためることも可能です。

とりあえず、私は質問に答えてみることにしました。

質問のリストがありますので、リストを表示します。

たくさんの質問が出てきます。

その中から、できるだけ新しく、自分に回答できそうな質問を探します。

いろんな質問がありますから、きっと回答できるものがあるでしょう。

質問の種類に、『人力検索』、『アンケート』、『いわし』と言うのがありますが、とりあえず何も考えずに回答して大丈夫です。

回答で問題だなと思ったのは、その仕様です。

回答には、必ず何らかのURLを必要とします。

しかし、回答にURLが必要なことばかりではありませんので、私もそうですが、他の人も適当なURLを貼り付けていました。はてなのTOPページでもかまいません。

そうして、いくつか回答しておいて、右上のメニュー『回答履歴』をクリックすると、回答に対する状態を確認できます。

質問が終了したのか、自分が何ポイントいただけたのか。

これでポイントを獲得することで、今度は質問が可能になります。

この人力検索はてなの質問への回答は、結構自分にあった問題を見つけられれば簡単です。

時間のあるときに試してください。

とりあえず、現在私が試したのは、ここまででした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国入り

19日木曜日の朝、寝坊した。
せっかくの素敵な部屋なのに・・・
ばたばたと準備して、部屋を出た。

待ち合わせは、ロビーで8時半頃。

今日は、午前中に広島のアポがある。
Pa0_0117
とりあえず、モーニングをとレストランに向かう。
なんだか豪華な朝食が出てきたぞ。
それでなくても昨夜のラーメンが堪えているのに。

トースト2枚は多いなぁ、と思いつつ、完食してしまった私って・・・

さて、日経を片手に、ホテルを出た。
タクシーで小倉駅へ。

小倉駅から新幹線に乗り込んだ。
小倉から広島までは50分程度。

とりあえず、また仮眠・・・
Pa0_0116
また、トイレネタで申し訳ないが、右は、トイレの点字版。
なぜ、こんなものを撮ったかというと、私は高校生の頃、点字の読み書きができた。
とは言っても、読むのは目で読むのである。
指では、とても読めない。
書くのは、専用の器具がある。

昔は、ずいぶん読んだり書いたりしたものだった。
しかし、今は、この点字版が読めない。
微かには、分かる部分もある程度。

情けないが、使わない知識、能力は、すぐに衰える。

ずっとトイレに入っていたわけではない(笑)。
そうこうしているうちに広島へ到着。
博多と違って、うっかりしてると乗り過ごす。

広島の仕事も無事終了。
おそらく、無事終了したものと思う。
そう、願いたい・・・

昼食はとらずに、そのまま高松へ移動した。
Pa0_0115
列車で四国入りするのは初めてである。

おぉぉぉ、橋だ!

めずらしい、瀬戸内海の風景を、右も左も堪能しながら四国へ渡った。

高松駅、ここで昼食をとることに。

上司が『さぬきうどんだ、うどんにしよう!』と宣言している。
別に依存はないが、えぇぇ?!
駅ビルかよ、おぃ!! Pa0_0114

なんだか騙されたような、そんな気持ちでうどん屋へ。

私は、『カレーうどん』。
ちょっと変わった風にみえたから。(連れも同じ)

エビフライがのった、ただのカレーうどんだった。
ちょっと怒りが込み上げた。
うどん屋にではない、ここへ誘った『や・つ・ら』にである。

さて、明日はこの近くでセミナーである。
とりあえず会場を視察に行く。
Pa0_0113
駅前にある『高松シンボルタワー』に隣接した『高松市文化芸術ホール』である。
毎度のことながら、まったく、こんな無駄金をと思ってしまう。
高けりゃシンボルなのか?
昔、浜松のタワーもバブルの塔(バビルの塔をもじって)と呼ばれていたが。

6階の会場を簡単に視察して、エレベータや通路、トイレなど確認。

Pa0_0112
高松市文化芸術ホール』の1階にある、タリーズで休憩。

ほっとする。

ここから二手に分かれる。
連れは、明日の打合せに。
私は、ホテルで書き物。

ここで連れが、やってくれました!

タクシー相乗りで、走り出し、打合せ先の会社前で連れが降車。
タクシーのトランクから大きな荷物を取り出した。
私は、そのままホテルへ直行。

携帯が振動した。(私の携帯は、目覚まし以外で音が出ることはない)
連れからだった。
『鞄間違えた!!、戻ってきて!!』
『はぁ!?、私の鞄持って行ったの??』
すぐにタクシーの運転手にUターンをお願いした。

戻って、鞄を交換し、またホテルへ向かった。

なかなか、あるようでないことである(爆)。

ホテルは、汚い旅館で、和室であった。
ここしかとれなかったそうな。

浴衣に着替えて、テーブルで仕事をしだすと、次から次に人が来る。
『ポットをお持ちしました。』
『お花をいけさせてください。』
ホテルと違って、そこがうるさい。
仕事に集中できない。
挙げ句の果てに、携帯で呼び出し。
上司から『メールの調子が悪くて、ダウンロードできないんだけど・・・』。
来いって言ってるのが見え見え。
しかたなく、『今から行きますので』。
それから約2時間。仕事がストップ。

メールの設定は、すぐに終わった。
Netscapeの7だかを使っているのだが、誰かのメールの添付が大きすぎて、まったく進まないだけ。
私は、Eudoraだが、モバイル時は受信サイズ制限をかけている。
Netscapeには、それがない。
納得しない上司に対して、『メールサーバにTelnetして、そのメールだけ消してしまう手がありますよ。』と説明。
『消していい!、消して!』
さっそく、メールサーバにTelnetして、上司にログインしてもらった。
UNIXのMaillコマンドを起動するのは、久しぶりだ。
問題のメールはすぐにわかった。
とんでもないサイズだから。
そのメールを削除し、Netscapeで問題なくメール受信できることを確認していただいた。
しかし、それからが長かった。
延々と問題となっている案件の相談。
まぁ、こちらが本業なのだからしかたない。

連れが、なかなか打合せから戻ってこない。
上司は、しびれを切らし、『二人で先に呑んでようか?』と誘ってくるが。
『いや、待ってましょう。メールしてみますよ。』
返事がない。
『電話してみますよ。』
電話に出ない。
まずい状況になりつつある。
それでもきっぱり断った。
連れのためではない、私が行きたくないから(笑)。

結局、連れが戻ってきてから、定食屋で食事した。
部屋に戻ると、布団が敷いてある。
そこからやっと一人になれた。
急ぎの仕事を済ませて、布団に入った。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

自殺は・・・

18日水曜日、博多駅博多口近くのホテルから、1件目のアポは歩いてすぐ。
Pa0_0111
午前のお勤めを済ませて、次への移動。
博多駅へ向かう。
次のアポは、午後なので駅近くのスタバで時間調整。

コーヒーを飲みながら、メールをチェックし返信。
ついでにBlogもチェック&コメント。

スタバのソファーでゆったりとした休憩。

次は、福岡県庁1Fロビーで12:50に待ち合わせ。
駅からタクシーで移動。
普通なら地下鉄と徒歩だが、私も連れも荷物が多い。(弁解)

福岡県庁5Fの教育庁へ行くと・・・今日の県庁は何か違う???
フロアー一杯の報道陣、マイクにカメラ、カメラ、カメラ・・・
こっちの廊下にも、あっちの廊下にも。
なに?
えっ?
自殺??? Pa0_0110
中学生の???
そう言えば今朝ニュースで放送されていたような。

そのためか13時アポの打合せが開始されたのは13時半過ぎ。
窓の外をながめて、待った。
タイミングが悪かった。

予定が遅れ気味だが、次は小倉へ。
また、タクシーで博多駅へ移動した。
博多駅からは、新幹線で小倉へする。

本日3件目の小倉が終了したのは、19時頃だったか。
ホテルに入る前に、本日同行をお願いした方をご接待申し上げた。
小倉駅側の居酒屋?Pa0_0109
その後、同行者とお別れして、2件目のショットバー?へ。

明日の案件に向けて、打合せが必要であり、ホテルに入る前に済ませてしまいたかった。
お互いに報告事項を多数すませた。

その間にバーボン3杯。

つまみはチョコ。
バーボンは、チョコがいい。

余談だが、いつも行く蒲田の店で、チョコを頼むとキスチョコ?という小さなチップが盛られてくる。これが、黒と白とピンクと緑で構成されており、私がその中から黒だけを食べるので、いつも話題にされる。
しかし、バーボンにはチョコといっても、ホワイトチョコやストロベリー、抹茶はちょっと・・・ネ

さて、普通ならこれでホテルに入るのだが、違った。
居酒屋で、そこそこ食べたはずなのに、上司がラーメンを食べると言い出してきかない。
私は、昨日腹一杯に食っているので、正直いらないのにと思ったが、連れは行くと言う。
目の前にあるラーメン屋、『ここは以前何度か行ったことがありますよ。』と私。
『旨いのか!?』とは上司。Pa0_0122
『記憶に残っていないので、旨くはないでしょう。ひどく不味くもないかもしれないですが。』と私。

入って『昭和ラーメン』(と書いて、むかしラーメンと読むらしい)をオーダーした。
スープを一口、『ズズッ・・・』。
『あっ、ごめん。やっぱり失敗。』横を見たら、連れも同じ顔をしていた(笑)。
またまた、腹一杯。

でホテルへ。
Pa0_0119
最近の西日本のホテルは、いつも連れが予約する。
今日のホテルは、なかなかいい。
部屋もおしゃれ、なのに部屋に落ち着いたのは、夜中だし、それから仕事を始めた。

寝たのは、2時過ぎていた。

明日も早いのになぁ・・・

ちょっと柔らかすぎる枕に戸惑いながら、すぐにノンレム睡眠へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中洲の屋台

博多の夜は、今日も中洲の屋台。
(注釈:長崎の夜は今日も紫、のパクリ)

博多のホテルにチェックイン。
本日、早めの時間に夕食。
なぜなら、連れも私も仕事がたまっているから。

さっそく、中洲の屋台。
もう定番のお決まりコースであるが、毎回、屋台が異なる。

本日、最初に訪問した屋台がおいしかったので、そこを探したが出店していない。

しかたなく、ここで一番有名な『一竜』で席を確保。
時間が早いため、逆に屋台外の席が用意されていなく、満席状態。
Pa0_0104
まずは、芋ロック。
これも定番。

そして、おでん。
すべてお決まりのコースである。
おでんの山。

おでんは、一人前3種類と決まっている。Pa0_0103
スジが基本なので、私はスジと大根と玉子。
玉子が煮すぎてぼろぼろだったので、おばちゃん(おばあちゃん)が、もう一つおまけしてくれた。

大根も大きいが、スジの量が多い。
おばちゃんと私の横のお水系のおばちゃんの会話によると、最近は屋台が増えて、スジの消費量が多く、配給制(割当制)になっているそうな。

そのお水系のおばちゃんは、スジ1本の量を知らずに『スジ3本』とオーダーして、屋台のおばちゃんに1つで十分だよと注意されていた。
Pa0_0102
次は、やっぱり豚バラ。

これがないと九州で、あるいは屋台で食べた気がしない。

仕事があるので、呑まないつもりだったのが、気が付いたら芋ロック2杯目。
Pa0_0101
さて、最後の仕上げにラーメン。

毎度毎度で、皆さんあきたかもしれないが、この屋台フルコースは、やめられない。

ラーメン途中で、すでに満腹。
しかし、完食。

これで2,000円ちょっと。

フ~ッ!
もう入らない。

お腹をさすりながら、ホテルに戻った。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

ふ餅

さて、火曜日からの旅日記ならぬ、食べ日記である。
Pa0_0108
火曜日は、昼前に広島へ向かった。
羽田空港に走り込んでの昼食。
先日来、お約束の牛乳とサンドウィッチ。
『サンドウィッチ』と書いたが、私の中では『サンドイッチ』である。サンドイッチマンのサンドイッチ(笑)。

サンドイッチマンで思い出したが、蒲田では、今でも時々『チンドン屋』さんを見かける。
結構、若いメンバーもいるようだし、一組ではない。
なぜか、あの音楽には郷愁を禁じ得ない。
話が大きくそれてしまった。

広島では、予定通り(連れによると)順調に仕事が終了した。
今日は、この後、福岡へ移動して宿泊するだけである。

さっそくJRに向かう。Pa0_0106
JR広島駅のお土産やで、いつも『もみじまんじゅう』をひとつ買って食べる。 連れの好物だそうな。

今回は、『ふ餅』がおいしそうにみえたので、これをひとつ購入した。

『こしあん』と『つぶあん』があるが、私はほぼ必ず『つぶあん』。
連れは、絶対『こしあん』。

『のぞみ』に乗り込んで、『ふ餅』を飲み物とセットした。Pa0_0107
飲み物は、なぜか『ビール』。
なかなかの組み合わせ(笑)。
Pa0_0105
『ふ餅』は、初めて 食するが、これがいける!
思った以上に、美味しかった。

飲み物との相性もバッチリ?!

広島から博多は、あっという間。
こんなことで満足しているうちに博多駅へ到着した。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

絶望の新橋路

今週月曜日、例のごとく『中央大学・明星大学』駅まで来ていた。
仕事が終わったのは、17時過ぎだったか。

普通なら、ここから帰宅するのだが、同行者に次の約束があることを教えられた。
『約束してたじゃないですか!』
『えっ、そうだっけ、今日だっけ。』

約束の場所は、新橋である。

絶望感が押し寄せた。
これから、ここから、新橋かよ・・・
会社からならすぐだが、ここまで来て・・・

約束は約束。
守らなければならない。

仕事の約束ではない。
生命保険のおばちゃんとの約束。
同行者含めて3名、おばちゃんとあわせて4名で食事をしようというのだ。
目的がよくわからない。
みんないい歳である。
散々ぱら保険には入っており、ここ十年くらい更新もしていないし、その予定も可能性も無い。
そんなおやじ連中を連れて、食事に行く目的がわからない。
仲の良い、おばちゃんだから、嫌ではないが。

絶望的に遠い道程を、新橋に向かっていた。
遠い。遠いだけではない、家のすぐ近くにいたのに、その反対方向に移動しているのである。
疲れが、どっと出る。

しかし、着いてしまえば、何のことはない。
さっそく、改札出口で、おばちゃんGETし、食事へ向かう。
『焼き肉』らしい。Pa0_0100
しかも食べ放題、飲み放題。
『いや、俺ら、そんな若くないから・・・』
すぐにそんなコメントが、口から飛び出していた。

まあ、食べられるだけ、いただきましょう。
そんな、投げやりな食べ放題であった。

それでも楽しく、おばちゃんとオヤジ連の4人組は、おしゃべりが弾んでいた。

実は、電車の中で、そんな組み合わせで何を話題にしようかと悩んでいたのだが、喋ることに関しては百戦錬磨の営業オヤジ部隊である。
何の問題もなかった。
軽い乗りのおしゃべりで、あっという間に時間終了。
時間終了前に、全員、胃袋が終了していたが(笑)。

その後、2次会のお誘いを受けた。
断るオヤジ連ではない。
おばちゃんのお友達のお店。

おばちゃんといっても、我々から見てのおばちゃんであるから、年齢は推して知るべしである。
また、そのお友達も同様である。

2次会の狭いカウンターで、カラオケを歌いつつ、おしゃべりしていた。

話の中で、今回の目的がみえてきた。
古くからの保険ユーザである我々であるが、これまで忙しくて保険会社主催のパーティーや催しにまったく参加していない。
他の人達は、合コンしたり、食事に行ったりしている。
だから誘ったとのこと。
かつ、私の営業チームが男前揃い(おばちゃん曰くである)であることも一因のようだ。
おばちゃんが、楽しんだ一日であった。
もちろん我々も、それなりに楽しかった。

次回、食べ放題ではないところでと約して、分かれた。
明日、火曜日からは3泊4日の出張である。
早く帰って、準備をしなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

はてなのはじめかた

『はてなのはじめかた』について

まず、はてなに行きます。

次に、無料ユーザ登録をします。

ここでの注意は、ログインIDがその後常にサイトに表示されるようになるということです。
これは変更ができませんので、最初のID決定は注意が必要です。

これで基本的な機能は、利用できるようになります。

『はてなダイアリー』(Blog)を利用する場合は、はてなのトップページ右上に『はてなダイアリー』のアイコンがありますので、そこから『はてなダイアリー』に入ります。
後は、ウィザードに従ってダイアリーを作成してください。

とりあえずは、すぐに始められると思います。
ページのカスタマイズは、そこから延々と続きます。(続いています・・・爆)
私もWeb1.0時代(HTML発祥時代)人間ですので、困難を極めています。

まずは、ダイアリーお試しあれ。

次は、『人力検索はてな』も試してみたので、それをレポートします。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

日本人の倫理観

宗教と倫理、切っても切れない関係。

これからの日本人の倫理観の拠り所。

孔子に始まる儒教は、すでに崩壊している。

宗教ではなく、すべての宗教団体に自浄作用を求める。

日本の各宗教よ、清浄な精神を求めて復活せよ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

留守

そう、今週ずっと留守してます。
今は、高松のホテルで仕事してるように見せながらBlog見てます。
留守中は、なかなかBlogアップできません。
週末にまとめて・・・頑張ります。
寝不足と呑み過ぎと食べ過ぎと・・・出張は体に悪い!?

さて、では仕事に戻ろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

統合

以前にも、eラーニング(LMS)は、グループウェアに取り込まれるという話しをしたが、このようなプレスリリースが出ていた。

デジタル・ナレッジ、eラーニングとグループウェアのシームレスな連携を目指しネオジャパンと業務提携

株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都千代田区、代表取締役:はが弘明、以下デジタル・ナレッジ)と、株式会社ネオジャパン(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:齋藤晶議、以下ネオジャパン)は、eラーニングシステムとグループウェアシステムをシームレスに連携させることで、みなさまに新しいソリューションをご提供する事を目指し、この度、業務提携いたしました。
【提携の内容】
デジタル・ナレッジが開発、製造する統合eラーニングソフトウエア「KnowledgeDeliver(以下、KD)」とネオジャパンが開発、製造するグループウェア「desknet’sエンタープライズ版(以下、desknet’s)」をシームレスに連携させることで、以下のソリューションを展開いたします。

この傾向は、他社でも続くだろう。
今回の発表は、デジタルナレッジのリリースのみで、ネオジャパンのHPには掲載されていない。
このことで、デジタルナレッジ側の思惑が強いことが推測される。

しかし、統合の程度は、『DeskNet’s上から1クリックでeラーニングコースが受講可能』である。
基本は、個人情報の統合とスケジュールやTODOなどと学習コースの連携であろう。
所詮グループウェアでは、学習結果を利用する機能は無い。
学習履歴(進捗状況)との連携や学習結果(成績含めて)の活用が今後の成功のカギとなる。

人ごとではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皿うどんとウスターソース

さて、土曜日の長い会議が終わった。
これはこれで、この下半期を乗り切るための重要な話しなのだが、いかんせん疲れている。

18時頃さっさと会社を出た。
今日も川崎に寄っていこう。
LAZONA』に行きたいというのもあるが、USBの外付けハードディスクを買いたかった。

先ずは、JR川崎駅改札を出て、左ではなく右へ。
それにしても大変な人波である。
土曜日だからだろうが、やはりこれまでの川崎ではないという感じがした。

LAZONA』にも『ビッグカメラ』があるのだか、以前からある『ヨドバシカメラ』のカードがあるので右側へ向かう。
すぐにPC周辺機器のフロアーへ。
いつもながらこういうところは楽しい。
何でも買ってしまいそうである。

最初にディスクを探す。
プレゼンで持ち運ぶので耐震性のある小型で、外部電源不要のものっと・・・
ゲット!

ついでにぶらぶら。

マウスがあった。061015_054601
新しいLet'snoteのマウスがほしい。
なぜなら、新しいLets'noteは、トラックボールではないからシクシク。

よさそうなのを2つ見つけた。
どちらもSONY製。
小型で薄い。
形が方形なのが珍しい。
ワイヤードとワイヤレス。
ワイヤレスの方が若干大きく重い。
悩んだ末、ワイヤレスを購入することにした。
使用感は、また後日。

これで気が済んだので、『LAZONA』へ向かう。
こちらは、やはりすごい人だかり。

すごい人だと思っていたら、中央スペースでライブをやっているらしい061014_1833
近寄って見ると、『中村中』だった。
というと知っていたように聞こえるが、むろん全く知らない。
連れが知っていたので教えてくれた。
良い声だ。
歌もうまいし、ぽっと出のアイドルではないことが分かる。
すでに最後の方であったらしく、2曲で終わった。
最後の曲は、TVの主題歌らしい。
連れは、この場でマスターしたらしく、すでにカラオケで歌うつもりよのう。
なお、携帯で写真を撮っていたら、係員に注意された。
こんな公共のスペースでと思ったが、まぁ肖像権もあるし、といいながら後ろ姿をしっかり載せてしまった。
061014_183701
ライブで歌を聴くのは久しぶりだし、とても良かった。
オヤジ二人で余韻に浸りながら、『LAZONA』をかなりの時間をかけて散策した。
それにしても300からの店舗があるらしい。
何日来てもまわれそうにない。

061014_184701
ゲームセンターで新しいガンダムのゲーム機 に感動したり、神龍で騒いだり、バカなオヤジ達である。

それにしてもガンダムのゲーム機は、人が完全にカプセルの中に乗り込んでしまう大掛かりなもの。カプセルの中は、かなりの範囲がモニターである。
1台どれくらいの価格になるのか。
ゲーム機も大作傾向が強くなるのか。
そのうち1台、億ということになるのでは。

腹が減ってきた。
しかし、どこを見ても人が並んでいる。
かなりの数の飲食店があるが、それでもまったく入れそうにない。
1Fのフードコートにも行ってみたが、こちらも一杯。
散々歩き回って、疲労もピークになりつつある。

結局『LAZONA』をあきらめて、また『ミューザ川崎』の『リンガーハット』へ行くことにした。
さすがに、ここ『ミューザ川崎』も『リンガーハット』もがらがらである。
LAZONA』のすぐ隣なのに・・・061014_195601

さて、オーダーであるが、前回ちゃんぽんだったので、今回は『皿うどん』にした。
何かモヤシがたくさん入っていて、味に違和感があった。
皆さん『皿うどん』は、このままか酢をかけて食べられるが、長崎ではウスターソースをたっぷりかけて食べる。
Wikipediaでも書いているが、

大人数分を一度に注文し、大皿から各自取り分けて頂くのが地元の食べ方。祝い事の時や、職場で残業時にこれを出前で取る、ということもある。また、長崎ではウスターソースをかけて食べるのが一般的であるが、店によっては特製のを用意している場合もある。また、このソースは、栄養ドリンクのような、遮光ガラスの瓶に入って出されるのが一般的である。

その通りである。
出前をとると、大皿の『皿うどん』に茶色の栄養ドリンクの瓶に入ったウスターソースが必ず付いて来ていた。
連れも、恐る恐る試していた(笑)。

満腹して眠くなった。
こうして貴重な週末の一日が終わった。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

元元彼女

金曜日の懇親会、一次会の終了時にすでに電車がなくなっていた。
気付いてはいたが・・・
その後、一人で2件目。
いつもの店だが、カウンター隣に女性同伴で座っていた常連のH君、なにやら説教されているよう。
女性だけ先に帰った後、落ち込んでいる。
かと思うと『元元彼女』なんです。
今度結婚するって聞いて、何だか・・・
くだをまいている。
私の伸び放題の無精髭をいじりながら。

私の場合、すでにそんな感情の時間空間は、とっくの過去。
元彼女が結婚しますって言いに来ることもないし、言ってきたとしても素直におめでとうであろう。
H君落ち込むな。
解決方法は、ふたつ。
じっと時間が経つのを待って、記憶を薄れさせるか、
新しい彼女に没頭するかである。

ボトルが空だとママが言う。
後5mmほど、底に残っている。
Newボトルは後日にまわして、店を出た。
2時過ぎている。

この後、また漫喫で朝を迎える。
朝7時過ぎからボーとした頭で、テレビのニュースを眺めている。
8時半頃、店をでて会社へ向かう。
そう今日(土曜日)も一日会議だ。

朝から、すでに疲れている・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

日本語版Eudoraの今後

現在のEudora販売代理店である、ソニック・ソリューションズからメールが来た。


[5]  ソニック・ソルーションズ、電子メールソフト「Eudora」に関する
     今後の方針について

弊社では、米QUALCOMM社によるEudoraソフトウエアの今後の方針に関する発表を受けて、日本での今後の方針を弊社プレスリリースページにて発表いたしました。
詳細に関しましては、下記弊社プレスリリースページをご確認ください。

<http://www.sonicjapan.co.jp/about/press/2006_10_12.html>

結局のところ

今後のリリース予定等については、詳細が決まり次第 Eudoraホームページにて発表いたします。

とのこと。
何も決める時間が無かったのだろう。
それぐらい電撃的に発表されてしまったのではないか。
米国では、よくあること。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚きのオープンソース化

ちょっとBOOKOFFとイトーヨーカ堂に行って、戻ってくると、またまたビックリニュース。

こんなこと有り?ってくらい驚いた。

QUALCOMM、Mozilla Foundation と Eudora 電子メールプログラムのオープンソース版の共同開発プロジェクトに着手

オープンソース版の Eudora は無料で提供され、最終商用製品となる Windows および Mac 向けの従来版 Eudora は発売中
サンディエゴ発 — 2006 年 10 月 11 日 — CDMA (Code Division Multiple Access) およびその他の高度なワイヤレス技術で業界をリードするデベロッパーでありイノベーターである QUALCOMM Incorporated (Nasdaq: QCOM) と、インターネットにおける選択肢の拡充と革新の推進に取り組んでいる公益法人である Mozilla Foundation は本日、Eudora® の次期バージョンが、オープンソースの電子メールプログラムである Mozilla Thunderbird™ と同じテクノロジープラットフォームをベースにすることを発表しました。Eudora の次期バージョンは、無料かつオープンソースでありながら、従来の Eudora 特有の豊富な機能と、生産性に優れた拡張性を引き継ぎます。QUALCOMM および Mozilla はそれぞれ、Eudora および Thunderbird 双方の機能を拡張し、操作性を向上するために、オープンソースの Mozilla プロジェクトを支える開発コミュニティに参加し、その育成に取り組んでまいります。
QUALCOMM はさらに、Windows および Mac 版が提供されている現行 Eudora 製品の最終商用版をリリースしたことを本日発表しました。Eudora のオープンソース版は 2007 年前半にリリース予定です。オープンソース版がリリースされた時点で、QUALCOMM は Eudora の商用販売を終了します。それまでの間、QUALCOMM は商用版の販売を継続します。6 か月のテクニカルサポート付きの価格は 19.95 ドルに引き下げられます。従来のテクニカルサポートは完全に引き継がれます。
QUALCOMM の Eudora グループ担当副社長である Steve Dorner 氏は次のように述べています。「Eudora がオープンソースコミュニティに戻ってくることを楽しみにしています。Eudora の次期バージョンのベースとして Mozilla Thunderbird のテクノロジーを採用することで、クロスプラットフォームのコードベースおよび世界レベルのディスプレイエンジンなど、既存のバージョンに欠けている重要なインフラストラクチャを提供できます。また、オープンソース化することで、より多くの開発者が今まで以上に Eudora を頼りにすることでしょう。」
Mozilla Foundation の常任理事である Frank Hecker は次のように述べています。「Eudora とその多くのユーザをオープンソースの世界に迎え入れられることを喜んでいます。この取り組みによって、Thunderbird テクノロジーのプラットフォームがより一層豊かなものとなり、両製品のユーザにより快適な電子メール体験を提供することが可能になるでしょう。」

昨日もThunderbirdは、どうなってるのって書いたが、まさかこんなことが起こっていようとは。
私は、自宅では随分前からのThunderbirdユーザである。
しかし、会社はもっとずっと前からEudoraユーザである。
Eudoraの日本総販売代理店がlivedoorに代わって(現在は、また別の会社になっている)から、極端にサーポートが悪くなり、私はクレーマ扱いを受けていた。
そのため会社もThunderbirdに変えようと頑張ってみたが、Eudoraの強力なフィルター機能で蓄積された膨大な量と内容を移行することができなかった。
泣く泣く、現在も会社はEudoraである。
でもlivedoorでなくなって、安心していたのに。

しかし、Eudoraの日本語化は誰がやるのだろう。
きっと誰かがやってくれるのだろう。
Eudoraの機能と品質が今より悪くならないことを祈る。

それにしても両者の関係はどうなるのだろうか。
やがて統合化に向かうのだろうか。
どちらにしてもオープンソースの威力は、すさまじい。
QUALCOMMも今となっては、Eudoraがビジネスとして成立しなくなってきたのだろう。

利用者としては、とりあえず素直に喜びたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Google

Googleは、今度ネットOfficeを始めるらしい。

グーグル、ネット上の文書作成や表計算機能を無料提供
2006年10月12日11時45分

 米インターネット検索大手グーグルは11日、ネット上で文書作成や表計算ができるサービス「グーグル・ドックス・アンド・スプレッドシーツ」を始めた。米マイクロソフト(MS)が販売する「オフィス」と似た機能を持ち、MSに対抗する新サービスになる。パソコンにダウンロードできずネット上でしか利用できないが、無料なのが売り物だ。MSの主力商品を脅かす存在になる可能性がある。
 新サービスは、パスワードを登録すれば、ソフトをインストールせずに利用できる。MSの文書作成ソフト「ワード」や表計算ソフト「エクセル」とほぼ同様の作業が可能だ。友人や家族とネット上で同時に、同じ文書や表を閲覧したり編集したりすることができる。グーグルが提供する他のサービスと同様、ネット広告を収入源としているため、新サービスの利用は無料になる。
 データはウェブ上に保存され、グーグルのコンピューターに蓄積される仕組み。仕事上の機密情報を扱わない一般向けには利用が広がる可能性がある。
 グーグルは今年6月、ネット上での表計算サービスの試験提供を始めていた。今回は文書作成サービスも加えて一般に利用できるようにした。

どうなのだろう、一般向けにはと限定しているが利用が広がる可能性があるとコメントしている。
しかし、この手の試みはGoogleが初めてではない。
私は以前Javaで作られた表計算ソフトを試用したことがある。
もう随分前だが。
遅いとか機能がどうとかの問題もあったが、どうしてもデータがサーバに存在することに抵抗があった。
Blogも同様が、一般人の認識も変化してきているかもしれない。
しかし、Blogが公開を目的にしているのに対して、個人的な表計算データは個人資産やローン計算、家計簿などマル秘情報が多いはずである。
ワープロにしてもそう。
このことを、みなさんはどう考えるか。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ランチ

今日は会社を休んで、息抜きしている。
そんな中、ランチに出かけた。

駅前に最近できた中華料理屋に向かった。
11:30ごろである。
な、な、なんと・・・閉まっている。
え!?、ランチやめたの?
開店は18時と書いてある。
そんなぁ・・・
後で分かったが、12時からランチだった。
そう書いておけばいいのに(怒)。

しかたないので、やはり近所の『バーミヤン』へ向かった。
ここは最近改装されたらしい。
なるほど、以前と全然違い、落ち着いた感じの店になっている。
061012
さっそくランチをオーダー。
『秋刀魚の甘酢しょうゆ秋野菜と一緒に』

結構いけてる。
満足満足。

店に入ったのが12時前なので、かなり空いていたが、12時まわると急に混んでくる。
おばさんグループがほとんどだが、ビジネスマンもかなりいる。
いったいどこの会社の人達なのか。
この辺の会社ってどこ?

ところでドリンクバーの設備にポットティーがあるのを発見。
さっそくお茶を飲もうと、この『ドリンクバイキング』をオーダー。
061012_1139
10種類程度の茶葉(烏龍茶、中国緑茶、ジャスミン茶、紅茶など)の茶入れが並んでいる。
そこから茶葉をチョイスして、ミニポットに入れる。
次に釜で沸いているお湯を注ぐとできあがり。

笑うのは、設備がちぐはぐなこと。
茶葉を入れるさじはともかく、お湯を沸かしているのは炉にかける日本の釜だし、お湯を入れるのは柄杓である。
そんなに凝る必要もないが、何となく間に合わせ、寄せ集めの感じがした。
ところが『バーミヤン』のホームページに載っている『ドリンクバイキング』と内容や価格が異なる。
アンテナ店舗なのか。

それでもこの『ドリンクバイキング』がいたく気に入った。
私はジャスミン茶をいただいた。
おいしい。
大連では、いつも女の子がジャスミン茶を入れてくれた。
いつも出がらしのようなお茶だったが、日本で飲むジャスミン茶は嫌いだったのに、ここで好きになった。
あっ、決して入れてくれる娘がかわいかったからではないですよ。
かわいかったけれど(笑)。

中国では、烏龍茶は、あまり飲まれない。
というか南の方でしか飲まれない。
どちらかというと緑茶の方が多いそうな。
また、北京や大連のような北の地域では、お茶が採れないので、お茶のまずさを隠すためにジャスミンなどでごまかしたそうな。

話がそれたが、私は『バーミヤン』が好きではなかった。
でも夜中、仕事しに来ても良いなと思った。
ランチだと席待ちの人達がにらみながら並んでいる(笑)ので、『ドリンクバイキング』と言えども長居ができない。
夜中に、いくつものお茶を楽しみながら、過ごすのもいいと思った。
ぜひ、試してみたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

LAZONAちょっとだけ探検

昨日は、某研究会の発表担当だったので、昼前に会場の『ミューザ川崎』へ向かった。
ここへは、以前仕事でよく来ていた。061011_114101
JR川崎駅の改札を出て、左へ折れるのだが、これまで壁だったところにいきなり新しい街が出現していた。
これが『LAZONA』か・・・
行きたいとずっと思ってた。
人が行ったというのを聞いて羨ましく思っていた。

それにしても、平日の昼前なのに、なんて人の量だ。
一瞬、ここで昼食をと思ったが、すぐにあきらめた。

あまりのんびりしている時間はない。
後ろ髪を引かれる思いをしながら『ミューザ川崎』へ移動した。
ここで昼食をとる。

ここでは、いつも1Fの『リンガーハット』。061011_1148450
私は、長崎生まれの長崎育ちなので、やっぱり『ちゃんぽん』が好きである。
もちろん、ここでも『ちゃんぽん』をオーダー。

しかし、以前上司に『長崎で『ちゃんぽん』を食べたらまずかった。あれは、『ちゃんぽん』ではない。』と言われたのは、がっくりきた。
挙句の果てに言うことが、『やっぱり『ちゃんぽん』は『リンガーハット』だ。』である。

長崎の人間は、残念ながら『リンガーハット』を『ちゃんぽん』の店だと思っていない。
それは『リンガーハット』自身が、おそらくそう思っていたはずである。
なぜなら、『リンガーハット』がオープンした当時は、『ちゃんぽん』ではなく、『ちゃんめん』と称していた。
我々もそれで納得して食べていた。
いや、それだからこそ、納得して食べていた。
それからしばらくして、『リンガーハット』が全国展開を始めたときに、その『ちゃんめん』の商標がどこかで問題になって、そのため『ちゃんぽん』に変えたという話であった。
しかし、東京などに来てみると、まともに『ちゃんぽん』を食べることはできない。
ほぼ唯一に近い『ちゃんぽん』風の店舗が『リンガーハット』であり、そのため愛用している。
誤解しないでほしいが、『リンガーハット』の『ちゃんぽん』が不味いと言っているのではない。当時の具や味が、一般の『ちゃんぽん』と異なっていた、似ているが違う食べ物と認識していたということである。
それにしても株式会社リンガーハットと株式会社浜勝が合併していたとは、知らなかった。

ちゃんぽんネタで盛り上がってしまったが、とりあえず『ちゃんぽん』で満腹した。
これで450円は、やはり安い。
ラーメンより絶対いい。 と私は思う。
061011_120501
次に会場に向かう。
4Fの会議室だ。
長いエスカレータを昇っていく。

私は、この某研究会の副会長でもあるので、会場に着くとお客様の顔をして座っている訳にはいかない。
すぐに幹事会を開催し、年末の総会(私が担当だが、何もできていない)の打合せを実施した。
14時からセミナー(例会)である。
なぜだか、今日は非情に参加者が多い。
資料の部数が足りなくなっていた。
参加者が多い原因が分からない。
発表内容に皆さん興味を持ったのでしょうという人もいたが、私はそうは思わない。
みんな『LAZONA』目当てではないかと、私は密かに思っている(笑)。

発表は、原稿が昨夜やっつけで作ったものにもしては、受けがよく、かなり積極的な質問もいただいた。
ほっと、一安心。
しかし、ビックリしたのは退職した昔の上司が来ていたこと。
新しい会社で営業部長をしているらしいが。

さて、すべてが終了して部屋の片付け。
鍵を返却して、近所の川崎日航ホテル4Fにある居酒屋へ行った。
爺ばかり15名ほど。
あまり楽しくはないが、まぁお付き合いなので・・・
さんざん、飲み食いして終了。

2件目までつきあう気はないので、さっさと『LAZONA』へ向かった。
コーヒーが飲みたかった。
スタバとサンマルクが3Fにあるというのが、案内板でわかったので、3Fへ向かう。

入るとすぐ左手に『Brooks Brothers』が。
懐かしいなと思いつつ、スーツを買いたいと思っていたので、引き込まれるように中に入った。
しかし、残念なことに、当たり前なのだが、すべて冬物。
私は、ここ数年冬物を着ることがほとんどない。
寒いのは、外を歩くときだけで、コートを着ていればよい。061011_191001
部屋の中や電車の中などでは、冬物は大汗をかくことになる。
冬物を着るのは、真冬の北海道か真冬の大連やソウルに行くときくらいである。

Brooks Brothers』のすぐ斜め前にスターバックスが見えたので、そこに行くことにした。
やはり混んでいる。
隙間を見つけて、席を確保。

コーヒーは、本日のコーヒーTall。
本日のコーヒーが何か分からない。
でもそんなことは、まぁどうでも良い。
酔っぱらってるし(笑)。
061011_191201
コーヒーを飲みながら、セミナーの間にたまっているメールを整理。
ついでにSNSもチェック。

それにしても、あぁコーヒーが旨い。
結局ココで小一時間ほど休憩。
酔いをさまして、帰宅することとした。

しかし、『LAZONA』は広い。
休日にかなり時間の余裕をもって探検しなければ、とてもまわれないと思った。
今週の土曜も会議(研修会)で出勤だし、その後にでも、また来ることとする。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年10月11日 (水)

最近IT事情2

昨夜、Googleカレンダーのことを書いたが、実は最近までカレンダーは、MozillaSunbirdを使用していた。
しかし、Sunbirdは、開発途上であるため、動作しない肝心な機能などがある。
それでもそのうち開発されると思って、我慢して英語版を使用していたが、全然開発が進まない。
これは当分だめかなと思っていたところに、今回のGoogleカレンダーを見つけたということ。

私は、誕生日手帳というのを昔から持っていて、友人知人の誕生日(命日や結 婚記念日も入っている)をメモしている。
きっかけは、物覚えが悪いのと、会社に入ってから周囲の人に気遣いをするようになって、特に女性に誕生日に軽いプレゼントをあげたり、おめでとうの言葉をかけたりするのに利用していた。
これは、会社の女性にもてたいがためとかではなく、経験上会社の女性はおだてておいた方が、何かと仕事がスムーズに進むことを理解していたからという、極めて俗な気持ちによるもの。
しかし、この手帳には会社の同僚(男も女も)だけでなく、古くからの友人、親戚、親兄弟まで記入されており、気が付いたら私にとっては極めて重要な手帳となっていた。

会社に入ってから始めた手帳であるから、かれこれ20年以上になる。

以前、UNIXを使っていた頃は、UNIXのcalendar機能に、この手帳のデータを組み込んでいた。 そうすることによって、誰々の誕生日の2日前から自分宛に連絡のメールが届くというような仕組み。わりと最近まで、このcalendar機能を使っていたのだが、いよいよUNIXマシンを使うことができなくなってしまって困っていた。

そんな時に、Sunbirdを発見したのである。

ところがSunbirdは、バックグラウンドプロセスとして動かすことができないし、肝心なリマインダーメール機能が動作しない。

この不具合は、いくらバージョンアップしても改善されない。
永遠の既知の制限かと思われた(笑)。

そんな不満はあっても使い続けていたが、自宅のPCや会社のPCが世代交代するにあたり、DBを引き継ぐことが標準機能として無いという重大な欠陥がさらにあるため、うち捨てられる始末となっていた。

そういう状況の中、今回のGoogleカレンダーの発見となる。

昨日も書いたが、現在Googleカレンダーを何に使うか決めていない。
まだ機能もよく確認していない。

3代目誕生日手帳機能として活躍してくれるか、それとももっとコミュニケーション目的で活躍するか、これはやはりこれから考えることとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近IT事情

現在、常用しているFirefoxだが、現在Firefox2 RC2がリリースされており、まもなくfixしそうで楽しみである。
Thunderbirdはどうなのだろうか・・・

ところでGMailのアカウントを作成した。
以前、GoogleがGMailをテストしていたときには、既に受付を終了しており利用することができなかった。
今回は、本格的に運用を開始されたもよう。
これはいいかも!
フィルターも書けるし、転送も設定できる。
さらに何とPOPで利用することができることがわかった。
Webメールは、それなりに便利なところはあるが、様々なアドレスのメールを一々別々のインターフェイスで利用するのは面倒である。
さっそく、Thunderbirdにアカウントの設定をした。
これは便利。

ついでに、といってもGMailより、こちらが先なのだが、Googleカレンダーを使い始めた。
ただし、こちらは用途をまだ考えていない。
ただのスケジュール帳は、会社のグループウェアと個人のシステム手帳で十分である。
グループでの利用など、何かおもしろい使い方を考えてみたい。

さらに、しばらく前からであるが、『はてな』のはてなダイアリーで新しいblogを2種類作成進行中である。
これまでもいくつかのblogサイトを利用してきたが、それぞれそれなりに利用するために多くを学ばねばならず、大変である。
ここを含めて、それぞれまったく目的・内容の異なるblogであり、相互リンクはしないかもしれない。
まだまだ、これからである。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2006年10月10日 (火)

現実逃避

さてさて困った・・・
明日、研究会での発表担当だが、まだ原稿ができていない。
いつもこの調子。
1時間ものの10分位が完成している。
残り50分、少なく見積もっても30~40分の原稿が必要である。

だいたい、朝の4時過ぎると、あきらめと開き直りが入ってくる(笑)

今日は、まだ12時前だが、やる気のなさが、このblogに現れている。
こんなもの書いている時間があれば、原稿を書けよ!
と怒られそう・・・

本来、明日の発表は誰かにお願いするつもりでいた。
忙しさのあまり、発表者の交渉をぎりぎりまでやらずにいたら、誰も引き受け手がいなくなっていた。
で結局、自分でネタを作る羽目に・・・トホホ

しかし、辛い。
何が辛いかというと、ネタが無いから。
ネタ切れだったので、誰かに頼もうと思っていた。
それなのに・・・
今、無理矢理ネタ作り。

そうなるとやっぱり超~いいかげんな内容になってくるよなぁ・・・
どうしてもあり合わせの過去ネタ貼り合わせ+つじつま合わせ。
みなさまごめんなさい。

それでも、わざわざ私の話を聞きに来てくださる方がいるかもしれないと思うと、少し頑張らなくてはとも思う。

ということで、つまらない話だが、現実逃避にblogってみました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プチ出家入門

本格的に剃髪して僧になるというところまではいかないけれど、その真似事だけでもしてみよう・・・から始めよう。
本来のプチ出家は、出家の手前、つまり『在家得度』、さらに手軽な『在家受戒』なのだという。
しかし、本書では、さらに手軽なプチ出家を範囲としている。

しかし、本書。プチ出家の具体的な手順書というのではなく、どちらかというと考え方中心の説明。
代わりに、最後に付録としてプチ出家体験可能なお寺のリストが載っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

季節は、随分秋である

休み、と言っても、何をするでもなく、寝てるか、パソコンやってるか、TV(DVD)観てるか、音楽聴いているか程度でしかない。
しかも寝てる以外は、すべてながら族である。
つまりパソコンやりながらTVや映画を観たり音楽聴いたり。

土日、仕事を忘れることもできずにいながら、仕事はまったくせず、前述の調子である。

そうはいっても本日は、F1日本GP。
昼頃からそわそわ。
鈴鹿(とりあえず)最後のF1ということも郷愁をあおる。
想えば今から18年前、凍えるような雨の中、第2コーナー席あたりで、絶叫してセナを声援していた。
あのころは毎年鈴鹿にテントを持って、グループで遠征していた。
まだ、バブルの頃だった。

今は、あのころのような興奮はない。
だが、スタートまもなく、当時のテント仲間の女性から携帯メールが入った。
『興奮してる!』
水を差しては悪いので(ごめんなさい)、私も精一杯のテンションでメールを返した。

すべてのことが、自分の老齢化を知覚させようとしているかのごとく感じられる。

今の私には、残念だが熱狂するようなものは、何もない。
今後もないと思っているわけではない。

今の私に多少なりとも興味を覚えさせてくれるのは、SNSである。
SNSは、今後どう発展していくのか、すごく興味があるし、またそれに関われたらなとも思う。
前にも書いたが、SNSは、今後ナレッジマネージメントeラーニングと絡んでくる。
そうするとHRMERPとも絡んでくる。
もちろん最終的には、すべての企業ITインフラは結合されなければならない。
そんな未来の話をしても仕方がない。
とりあえず、SNSの次のステップ、そしてまた次のステップがおもしろい。
ここ数ヶ月のmixiGREEの開発動向を見ているだけでおもしろい。
考えていることは同じ。
どうやって課金しようか。
これだけである。
おもしろい。
他人事だからおもしろい。
第三者的に冷静に観察することができる。

自分のビジネスは、そうもいかない。
少しでも早く結果を出すことを求められる。

F1からだいぶ離れてしまったが、半分うとうととしているうちにレースは終了した。
多少の見所はあったので、それなりに満足している。
061008_161701
もう既に夕方になりつつあるが、少しだけ外気を吸いに出かけた。
季節は、随分秋である。
車でBOOKOFF
本日も105円本を数冊購入した。

そういえば、最近amazon.comであまり買い物をしなくなった。
BOOKOFFが圧倒的に多いなぁ。

でも最近、読む方が追いつかないので、少しセーブしなければ。

その後は、隣の洋菓子店へ。
例のチョコレートのお城があるところである。

061008_163401入ってすぐにケーキを選ぶ。
今日は、見慣れないおばさん(失礼)がシュークリームが安いと薦めてきた。

そのため異例の二品目。
『ブルーベリータルト』と『シュークリーム』。

飲み物は、『オレンジペコ』。

061008_164401ちょっと多いかなと思いながらも。

窓からの風が心地よい。

ゆったりとした日曜のティータイムを過ごす。

ここでゆっくりしていたいが、時間は既に17時。
先ほどまで明るかったのに、
辺りも少しずつ、暮れてゆく。061008_175301

車で帰路を急ぐ時には、既に夜の帳が。

なんとも、毎度のだらしない休日である。

明日は、朝から会社にでるつもりである。
仕事がたまっている。
二日間のんびりした分、明日は気合い入れなきゃ。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年10月 7日 (土)

徒然なるかな

日常の宗教に関係する疑問をここで述べることとする。

私の実家は、本来浄土真宗である。

f:id:HAYASHIDA:20061006192239j:image

では、私の宗教は何か?

何の疑問もなく、 浄土真宗 でいいのか?

本当にそれが私に合っているのか?

もっと私に向いている 宗教 はないのか?

そのような疑問が、私の 比較宗教学 への興味を開いたと言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

大学のはしご

2日間、出張で会社を空けただけで、その翌日は悲惨である。
今朝も早々から目の回るような忙しさ。
でもアポがあるので、10時半には出なければならない。
結局、終えることはできずに、会社を飛び出すことになる。
061005_135801
お昼に多摩都市モノレールで『中央大学・明星大学駅』へ降り立つ。
本日の行き先は、明星大学
13時過ぎに仕事を済ませ、昼食へ。

実は、今日来る前から中央大学の学食へ行こうと決めていた。
理由は、まだ行ったことがないから。
しかし、雨がひどく傘をさして移動するのが億劫だったので、明星大学の学食にした。
061005_130101
ここには、以前も何度か来ている。
定食にしたかったのだが、連れが『カツカレー』と決めているらしいので、ご一緒させていただいた。

極まれであるが、仕事柄、全国の学校の学食で食事することがある。

最近の私立大学の学食は、どこもきれいである。
しかし、以前行った、東京工科大は驚いた。
学食に、マクドナルドや吉野、ドトールコーヒーが併設されているのであ061005_130301る。
今や大学の学食もスーパーのフードコート化してきたのか。

明星大学の学食は、いわゆる普通の感じの学食である。
味は、やっぱり学食である。

大勢の学生の中に混じっての食事も、なんだか居心地悪くて気持ちいい。

すべてを平らげると、次の目的地へ移動を開始した。

061005_144001 は、JR国分寺駅。

次のアポまで、小一時間あるので、ドトールへ入った。
ここでは、やっぱりMアメリカン。
人が多かったが、幸い座ることができた。

ここで時間が来るまで、いろいろと雑用で時間をつぶす。

あっという間にコーヒーが無くなったと思ったら、もう時間。
すぐに北口からタクシーに乗る。

次の行き先は、『武蔵野美術大学』の芸術文化学科。
ここでは、最後に収録スタジオや編集ルームを見せていただいた。
さすがに設備は、すごい。
しかし、工学部ばかり行っている私にとっては、芸術学科は、やはり雰囲気がまるで違う。
教室や通路に学生が造った、あるいは造りかけのオブジェが、勝手に設置されている。
あちこちに落書きがある。しかし、もちろん下手な落書きではない。

ここを終了すると、雨の中、タクシーでJR国分寺駅まで戻った。
国分寺駅周辺で、ミーティング。
もちろん飲食コミのミーティングである。
061005_214503a
ほろ酔い気分で自宅へ帰る。
ここから自宅は結構近い。

しかし、寄っているせいか自宅最寄り駅の一つ手前の駅で、電車を降りてしまった。
『あほや!』って聞こえてきそう・・・
寂しい駅に降り立ったまま、じっと次の電車を待つ。

061005_214501のどが渇いた。
自販機で飲み物を買おうとしたが、小銭がない。
あぁ、ついてない。

まぁ、こんなものだ、っとあきらめ。
061005_214701
しかし、自販機をよく見ると変わった飲み物が。
『甘酒』である。
えっ?、これ酒の自販機じゃないのに・・・
思って、缶のラベルを読むと、アルコール1%未満だそうな。
これ子供とかでも飲むのだろうか・・・

あっ、電車が来た!
それでは、皆さんまた次回にお会い致しましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年10月 3日 (火)

晩餐

さて、本日旅館の布団へ早速に入って、テレビの『水戸黄門』再放送を観ながら、小一時間ほど、うとうとしていた。
18:30を待って、食堂へ。

本日の晩餐は、この通り。061003_184201
ちょっと量が多いかな。
まだ、あの『野菜味噌ラーメン』が完全消化できていない気がする。

普通、食事の模様を説明することなど無いのだが、本日は違う。
何が違うかというと・・・

本日の晩餐のメインは、どうも『蟹』様のようである。

ここで、『蟹』で感激するのは素人である。
私は、実は『蟹』や『海老』があまり好きではない。
だから普段食べない。
出てきたら、人にあげることが多い。

好んで食べないのは、『蟹』と『海老』だけではないが。
061003_190001
何故かというと、大きな声では言えないが、面倒くさいのである。
つまりそういうこと。

ところがである、本日に限り、大奮闘。
何せ、朝からずっと休養していたのであるから(笑)。
自分でもびっくり完食。

殻にきっちり身が入っていた。

ほぼすべてを完食して、お茶をいただいた。
お腹をさすりながら、さて部屋に戻ろうかなと思っていると・・・

まだ、オチがあった。
後方遠方より仲居さんの声。
『メロン食べてよ!』

そう、メロンが残っていた。

『おいしいよ、メロン!』

仲居さんの声が、追撃をかける。
私は、メロンが苦手なんだ。
メロンだけでなく、瓜など灰汁の強いものを食べると口の中が痒くなるから。

『ごめんなさい、嫌いなのメロン?』

『いえ、いただきます』

もちろんいただきました。
ごちそうさまです。
これで本当に完食です・・・・完

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オーシャンビュー

昨日、月曜日は病み上がりにもかかわらず、朝から遅くまで小さな数字(いろんな意味で)と格闘していた。
いきなりのスタートダッシュでかなりまいった。

家に帰って寝たのは2時過ぎ。
そして今朝、起きたのは3時半。
もうろうとするなかシャワーを浴びた。
061003_065301
朝、一番の飛行機で羽田から米子へ向かうため。
羽田空港では、ラウンジで牛乳をいただいた。
最近、少し癖になってる?

米子空港は霧で視界不良。
そのため上空をしばらく旋回する。

風邪が治っていないので、空気が抜けずに、耳が痛い。
相当痛い。
とても眠いなどと言っていられる状態ではない。

やっと米子空港へ15分遅れで到着。
そこから次はタクシーで移動。

無事仕事が終了したのは、10時半。
早すぎ!
これで本日の業務終了!
えっ!?
そう、終了である。

次の予定はない。

目的地も決まらずタクシーへ乗車。
タクシーの運ちゃんに、皆生温泉で食事できるところ、しかも長居できるところ(笑)と話をしながら走っていた。
やがて温泉に入って、食事もできて、休憩もできるところがあることが判明した。
さっそくそこへ着けてもらった。
しかし、開店は11時。
今は10時45分。
とりあえず強引に入り口に座り込んで開店を待つことにした。
ここは、皆生温泉・健康ランド『オーシャン』。
061003_125601
そういえば『オーシャンズ11』のDVDは、どこに行ってしまったのだろう。
買ってから1度観ただけなのに、行き方しれず。

ここで少し休憩し、温泉に浸った。
ここの露天風呂が最高だった。
大きいだけでなく、日当たり良好。
日光浴しながら温泉に入っていた。
全身を伸ばし、ゆったりと楽しんだ。
自分の四肢が伸びて、たゆたんでいる。
その脚の白さに驚いた。
艶めかしいほどの白さだ。
九州男児の恥とも言われそうな脚である。

その後、内風呂やサウナにも入ったが、結局、この露天風呂に戻ってきていた。
ちりちりと日に焼ける感じが、とても懐かしい。
顔も、腕も、肩も、どこもかしこも。
日サロ+温泉、なんと贅沢なんだろうか。

しかも平日、昼間。
ふふふ、昨日頑張ったご褒美・・・
061003_114801
さて、お風呂も十分いただいたので、次は昼食。
喫茶・軽食のある2階へ階段を登ったら、そこはパノラマ。
砂浜と海を見晴らす、オーシャンビュー。
すばらしい!

窓からローマが見える。
そんな映画を思い出した。

061003_120501
お昼と言いながら生中。
それに『野菜味噌ラーメン』。
ちょっと多すぎた。
帰りにズボンが入らないくらい、お腹が一杯になっていた。

十分にこのオーシャンビューも堪能したので、ようやく旅館へ移動することにした。

歩いてすぐである。
途中、コンビニで財布の中身を補充した。
何で平日の昼間なのに210円も持って行くの!
悲しい・・・

旅館に到着すると、小休憩したら喫茶でコーヒーを飲むことにした。061003_140201
旅館の仲居さん達にコンビニでプリンのお土産を買って行ったところ、なんとコーヒーが無料になってしまった。
感謝感謝。
今、そのコーヒーを飲みながらこの文章を書いている。

隣のテーブルでは、旅館の若女将が旅行広告業者の親父2名と、なにやら深刻な話をしている。
どこも大変なようだ。

でもそんなことは忘れて、今夜は、旅館のごちそうを食べて、もう一度温泉に入ってゆっくり寝よう。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年10月 1日 (日)

シャルル・デュトワ

まだ頭が痛い。
でも熱は下がったようだ。

ずっと寝てると腰が痛くなるので、時々パソコンに向かっている。

今は、blogを書きながら『展覧会の絵』を聴いている。
たまたま机の奥に埋まっていたのを引き出して聴いている。

1985年の録音。
買ったのも恐らくその頃。
シャルル・デュトワ指揮/モントリオール交響楽団
その頃、何を考えて過ごしていたのか、なぜこのCDを買ったのか、
そんなことは、何も覚えていない。
約20年前というと、田園都市線沿線の宮前平駅近くに住んでいた。
あの頃は、良かった・・・とは思わない。
でも、今よりましだったか。

PCで聴いているので、MediaPlayerを使用している。
アルバム情報が表示されないので、アルバム情報の検索ボタンを押してみた。
オプションのプライバシーの設定を変更せよとのご指示であった。
さっそく変更して、再度検索。
でたでた、でも1トラック目だけしか情報が出ない。
何度やっても出ない。
そしてあきらめて、自分の手で入力した。

何をやっているんだろう。
そんな必要があるのだろうか。
意味がない。
でも、何となく一つだけでは可哀想なので・・・

明日から、また忙しい日々が始まる。
先ほど、某大学の教授からお叱りのメールが入った。
私が連絡が取れないと、何度もしつこくメールや留守電をしていたところ、今日ドイツから帰ってきたところ、そのことは言ってあったはずです!!と。
どうも私がスケジュールを勘違いしていたらしい・・・トホホ
元気のない時に、このような攻撃的なメールを受けると、こたえる。

さてCDも終わったので、気分直しに、軽く汗を流して、近所のスーパーまで飲み物でも買いに行こう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »