« 晩餐 | トップページ | 徒然なるかな »

2006年10月 5日 (木)

大学のはしご

2日間、出張で会社を空けただけで、その翌日は悲惨である。
今朝も早々から目の回るような忙しさ。
でもアポがあるので、10時半には出なければならない。
結局、終えることはできずに、会社を飛び出すことになる。
061005_135801
お昼に多摩都市モノレールで『中央大学・明星大学駅』へ降り立つ。
本日の行き先は、明星大学
13時過ぎに仕事を済ませ、昼食へ。

実は、今日来る前から中央大学の学食へ行こうと決めていた。
理由は、まだ行ったことがないから。
しかし、雨がひどく傘をさして移動するのが億劫だったので、明星大学の学食にした。
061005_130101
ここには、以前も何度か来ている。
定食にしたかったのだが、連れが『カツカレー』と決めているらしいので、ご一緒させていただいた。

極まれであるが、仕事柄、全国の学校の学食で食事することがある。

最近の私立大学の学食は、どこもきれいである。
しかし、以前行った、東京工科大は驚いた。
学食に、マクドナルドや吉野、ドトールコーヒーが併設されているのであ061005_130301る。
今や大学の学食もスーパーのフードコート化してきたのか。

明星大学の学食は、いわゆる普通の感じの学食である。
味は、やっぱり学食である。

大勢の学生の中に混じっての食事も、なんだか居心地悪くて気持ちいい。

すべてを平らげると、次の目的地へ移動を開始した。

061005_144001 は、JR国分寺駅。

次のアポまで、小一時間あるので、ドトールへ入った。
ここでは、やっぱりMアメリカン。
人が多かったが、幸い座ることができた。

ここで時間が来るまで、いろいろと雑用で時間をつぶす。

あっという間にコーヒーが無くなったと思ったら、もう時間。
すぐに北口からタクシーに乗る。

次の行き先は、『武蔵野美術大学』の芸術文化学科。
ここでは、最後に収録スタジオや編集ルームを見せていただいた。
さすがに設備は、すごい。
しかし、工学部ばかり行っている私にとっては、芸術学科は、やはり雰囲気がまるで違う。
教室や通路に学生が造った、あるいは造りかけのオブジェが、勝手に設置されている。
あちこちに落書きがある。しかし、もちろん下手な落書きではない。

ここを終了すると、雨の中、タクシーでJR国分寺駅まで戻った。
国分寺駅周辺で、ミーティング。
もちろん飲食コミのミーティングである。
061005_214503a
ほろ酔い気分で自宅へ帰る。
ここから自宅は結構近い。

しかし、寄っているせいか自宅最寄り駅の一つ手前の駅で、電車を降りてしまった。
『あほや!』って聞こえてきそう・・・
寂しい駅に降り立ったまま、じっと次の電車を待つ。

061005_214501のどが渇いた。
自販機で飲み物を買おうとしたが、小銭がない。
あぁ、ついてない。

まぁ、こんなものだ、っとあきらめ。
061005_214701
しかし、自販機をよく見ると変わった飲み物が。
『甘酒』である。
えっ?、これ酒の自販機じゃないのに・・・
思って、缶のラベルを読むと、アルコール1%未満だそうな。
これ子供とかでも飲むのだろうか・・・

あっ、電車が来た!
それでは、皆さんまた次回にお会い致しましょう。

|

« 晩餐 | トップページ | 徒然なるかな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東京工科大はそれだけ学生さんの人数が多いのでしょうか・・・
いろんな大学の学食巡りって楽しそう~
私も昔、永田町に勤めていた頃はいろんな官庁の食堂巡りをしてました。懐かしいけど今は詳しく思い出せない・・・やはり健忘症かぁ!?(爆)

投稿: ゆりっち | 2006年10月 6日 (金) 04時25分

ゆりっちさん:
どうでしょう学生の数ではないように思いますね。
もちろん学生は多いですが、それ以上に近所に何も無い、食べるところが無いことが原因かも(笑)。

投稿: 机竜之介 | 2006年10月 6日 (金) 08時51分

なるほど~地域全体を通しての事だとすると素晴らしい事ですね。

投稿: ゆりっち | 2006年10月 6日 (金) 15時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/12166536

この記事へのトラックバック一覧です: 大学のはしご:

» 絶望の新橋路 [机竜之介の自宅日記]
今週月曜日、例のごとく『中央大学・明星大学』駅まで来ていた。仕事が終わったのは、 [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 00時41分

« 晩餐 | トップページ | 徒然なるかな »