« 自殺は・・・ | トップページ | 人力検索はてな »

2006年10月22日 (日)

四国入り

19日木曜日の朝、寝坊した。
せっかくの素敵な部屋なのに・・・
ばたばたと準備して、部屋を出た。

待ち合わせは、ロビーで8時半頃。

今日は、午前中に広島のアポがある。
Pa0_0117
とりあえず、モーニングをとレストランに向かう。
なんだか豪華な朝食が出てきたぞ。
それでなくても昨夜のラーメンが堪えているのに。

トースト2枚は多いなぁ、と思いつつ、完食してしまった私って・・・

さて、日経を片手に、ホテルを出た。
タクシーで小倉駅へ。

小倉駅から新幹線に乗り込んだ。
小倉から広島までは50分程度。

とりあえず、また仮眠・・・
Pa0_0116
また、トイレネタで申し訳ないが、右は、トイレの点字版。
なぜ、こんなものを撮ったかというと、私は高校生の頃、点字の読み書きができた。
とは言っても、読むのは目で読むのである。
指では、とても読めない。
書くのは、専用の器具がある。

昔は、ずいぶん読んだり書いたりしたものだった。
しかし、今は、この点字版が読めない。
微かには、分かる部分もある程度。

情けないが、使わない知識、能力は、すぐに衰える。

ずっとトイレに入っていたわけではない(笑)。
そうこうしているうちに広島へ到着。
博多と違って、うっかりしてると乗り過ごす。

広島の仕事も無事終了。
おそらく、無事終了したものと思う。
そう、願いたい・・・

昼食はとらずに、そのまま高松へ移動した。
Pa0_0115
列車で四国入りするのは初めてである。

おぉぉぉ、橋だ!

めずらしい、瀬戸内海の風景を、右も左も堪能しながら四国へ渡った。

高松駅、ここで昼食をとることに。

上司が『さぬきうどんだ、うどんにしよう!』と宣言している。
別に依存はないが、えぇぇ?!
駅ビルかよ、おぃ!! Pa0_0114

なんだか騙されたような、そんな気持ちでうどん屋へ。

私は、『カレーうどん』。
ちょっと変わった風にみえたから。(連れも同じ)

エビフライがのった、ただのカレーうどんだった。
ちょっと怒りが込み上げた。
うどん屋にではない、ここへ誘った『や・つ・ら』にである。

さて、明日はこの近くでセミナーである。
とりあえず会場を視察に行く。
Pa0_0113
駅前にある『高松シンボルタワー』に隣接した『高松市文化芸術ホール』である。
毎度のことながら、まったく、こんな無駄金をと思ってしまう。
高けりゃシンボルなのか?
昔、浜松のタワーもバブルの塔(バビルの塔をもじって)と呼ばれていたが。

6階の会場を簡単に視察して、エレベータや通路、トイレなど確認。

Pa0_0112
高松市文化芸術ホール』の1階にある、タリーズで休憩。

ほっとする。

ここから二手に分かれる。
連れは、明日の打合せに。
私は、ホテルで書き物。

ここで連れが、やってくれました!

タクシー相乗りで、走り出し、打合せ先の会社前で連れが降車。
タクシーのトランクから大きな荷物を取り出した。
私は、そのままホテルへ直行。

携帯が振動した。(私の携帯は、目覚まし以外で音が出ることはない)
連れからだった。
『鞄間違えた!!、戻ってきて!!』
『はぁ!?、私の鞄持って行ったの??』
すぐにタクシーの運転手にUターンをお願いした。

戻って、鞄を交換し、またホテルへ向かった。

なかなか、あるようでないことである(爆)。

ホテルは、汚い旅館で、和室であった。
ここしかとれなかったそうな。

浴衣に着替えて、テーブルで仕事をしだすと、次から次に人が来る。
『ポットをお持ちしました。』
『お花をいけさせてください。』
ホテルと違って、そこがうるさい。
仕事に集中できない。
挙げ句の果てに、携帯で呼び出し。
上司から『メールの調子が悪くて、ダウンロードできないんだけど・・・』。
来いって言ってるのが見え見え。
しかたなく、『今から行きますので』。
それから約2時間。仕事がストップ。

メールの設定は、すぐに終わった。
Netscapeの7だかを使っているのだが、誰かのメールの添付が大きすぎて、まったく進まないだけ。
私は、Eudoraだが、モバイル時は受信サイズ制限をかけている。
Netscapeには、それがない。
納得しない上司に対して、『メールサーバにTelnetして、そのメールだけ消してしまう手がありますよ。』と説明。
『消していい!、消して!』
さっそく、メールサーバにTelnetして、上司にログインしてもらった。
UNIXのMaillコマンドを起動するのは、久しぶりだ。
問題のメールはすぐにわかった。
とんでもないサイズだから。
そのメールを削除し、Netscapeで問題なくメール受信できることを確認していただいた。
しかし、それからが長かった。
延々と問題となっている案件の相談。
まぁ、こちらが本業なのだからしかたない。

連れが、なかなか打合せから戻ってこない。
上司は、しびれを切らし、『二人で先に呑んでようか?』と誘ってくるが。
『いや、待ってましょう。メールしてみますよ。』
返事がない。
『電話してみますよ。』
電話に出ない。
まずい状況になりつつある。
それでもきっぱり断った。
連れのためではない、私が行きたくないから(笑)。

結局、連れが戻ってきてから、定食屋で食事した。
部屋に戻ると、布団が敷いてある。
そこからやっと一人になれた。
急ぎの仕事を済ませて、布団に入った。

|

« 自殺は・・・ | トップページ | 人力検索はてな »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

なぜに点字の勉強をされたのですか?
鞄間違えちゃったのは大変ロスな時間だったですね。でも何だかんだで楽しそうなチームですね。

投稿: ゆりっち | 2006年10月22日 (日) 23時25分

ゆりっちさん:
実は、父が私が小学校に上がるときに、糖尿病から失明してしまったのです。点字を勉強したのは、中学くらいの時ですね。点字で手紙が来るけど、父は読めないし、私が読み上げて、返事を書く(笑)。点字は、簡単ですよ。ひらがなと数字にアルファベットくらいしかないですから。そのパターンを覚えるだけ。でも漢字がないので、意味が分かりにくいし、長くなりますね。

それとうちの営業チームは、最高ですよ。
チームワークもそこそこですね。
問題は、高齢化を迎えていることです。

投稿: 机竜之介 | 2006年10月22日 (日) 23時52分

小さい頃にそうゆう事があったのですね~それで家族思いなのですね。ほんと心優しいお父さんって感じ。

投稿: ゆりっち | 2006年10月23日 (月) 11時36分

ゆりっちさん:
いやぁ、あまり関係ないですよ。
母親には、小さい頃から『あなたは冷たいし、何を考えているのか分からない』と言われ続けていましたね。そちらの方が、こたえたかも。でも、自分でもそう思うのでね。

投稿: 机竜之介 | 2006年10月23日 (月) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/12381795

この記事へのトラックバック一覧です: 四国入り:

» 高松のセミナー [机竜之介の自宅日記]
さて、20日金曜日。午後からセミナー。ここは、高松である。 朝、旅館を出て、タク [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 01時25分

« 自殺は・・・ | トップページ | 人力検索はてな »