« 食い物日記24 | トップページ | 過剰設備投資? »

2006年11月 4日 (土)

偶然

父は、医師である。医師である父が、山口から帰ってきたのであるから、当然被爆者の診察を手伝ったのであろう。しかし、そのことについては、まったく聞いたことがなかった。そして、私の祖父も医師である。長崎で開業しており、私が小学校3年の頃に食道癌で亡くなった。その祖父が、この原爆投下後の被爆者医療に大きく関わっていたなどということは、つい最近まで知らなかった話しである。母からも、そして叔父叔母達からも、そのような話しは一度も聞いたことがなかった。今考えると、話せる内容ではなかったと想像される。

何故、そのことを知ったかというと、googleが教えてくれた。たまたま、私がgoogleで祖父の名前を検索したことによる偶然だ。

この大好きだった優しい祖父。そして父について、この後も引き続き書き記したい。


|

« 食い物日記24 | トップページ | 過剰設備投資? »

日本人と宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/47475159

この記事へのトラックバック一覧です: 偶然:

« 食い物日記24 | トップページ | 過剰設備投資? »