« PS3 | トップページ | クリスマス電飾 »

2006年11月13日 (月)

椿三十郎

椿三十郎ファンの私としては、少々複雑ですが、これも一つの作品として楽しむべきと思っております。

織田裕二、トヨエツ共演で「椿三十郎」

2006年11月13日

 邦画としては初の黒沢明監督作品のリメーク映画「椿三十郎」の製作発表会見が12日、都内の東宝スタジオで行われた。主演の織田裕二(38)森田芳光監 督(56)角川春樹製作総指揮(64)に加え、敵役の豊川悦司(44)、14年ぶりに映画出演の中村玉緒(67)らが出席した。

 45年ぶりによみがえる名作に、主演の織田をはじめ豪華な顔触れがそろった。オリジナルで仲代達矢が演じた室戸半兵衛役は豊川が選ばれた。「仲代さんは目が異常にギョロギョロしていたので、逆にボクはなるべく目を開けないようにしている」。

 織田も「三船敏郎さんの完ぺきな(人格の)三十郎より、人間味が味付けされています」。森田監督は「役者が前作をライバル視して、私はその競争力を利用 している」と胸を張った。92年の「橋のない川」以来、映画に出演する玉緒は「女優冥利(みょうり)に尽きる毎日」と興奮気味だった。来年12月公開予 定。

朝、起きがけのTVニュースでも放送していた。椿三十郎が織田裕二???

それは、ちょっと・・・

私ならず、おそらくほとんどの椿三十郎ファン、あるいは三船敏郎ファンは思うであろう。

しかし、問題は肝心のラストシーンかな。これほど話題になった、立ち回りも少ないと思う。

仲代達矢から噴出する血飛沫も予想を超える衝撃で大変だったと聞くが、それよりも随分と練習した三船敏郎の居合いがすごかった。本当に見えないスピードで、意外にも確か左手でひねり上げながら右腕を添えて、最短距離で勝負がついた。

ほとんど時代劇経験の無い織田裕二がどこまでやってくれるか、武士の一分のキムタクも同じだが、現在は時代劇俳優というのがほとんど存在しないので、時代劇ファンとしては少々寂しい。

 

|

« PS3 | トップページ | クリスマス電飾 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うちの5歳児も時代劇大好きです。じぃちゃんが水戸黄門大好きなもので~ちなみに私は時代劇わかりましぇ~ん。。。でも三船敏郎の映画は小さい頃に見た記憶がありますがカッコよかったのを覚えています。

投稿: ゆりっち | 2006年11月13日 (月) 22時42分

ゆりっちさん:
本格時代劇といわれるジャンルが私にとっては一番です。日本だけでなく、中国、韓国、欧米もそうです。

投稿: 机竜之介 | 2006年11月13日 (月) 22時50分

なるほど~そうゆう多趣味があると良いですね。
竜之介さんてほんと物知りですね。

投稿: ゆりっち | 2006年11月13日 (月) 23時14分

ゆりっちさん:
好きなだけ、ただ好きなだけ、物知りではないですよ(笑)。

投稿: 机竜之介 | 2006年11月13日 (月) 23時33分

日本男児!って感じ~やっぱり長崎だから~

投稿: ゆりっち | 2006年11月13日 (月) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/12672388

この記事へのトラックバック一覧です: 椿三十郎:

« PS3 | トップページ | クリスマス電飾 »