« Priea(4) | トップページ | 広島行き »

2006年12月17日 (日)

愛新覚羅溥儀

溥儀自伝書の完全版が中国で販売された。
映画『ラストエンペラー』やその他の書籍で溥儀について観たり読んだりすることは多い。
しかし、この古い1964年版自伝書は、まだ読んだことがない。


今回出版された下記の完全版は、もちろん中国語であると思われる。

ぜひ、日本語版が出版されたら入手したい。

「ラストエンペラー」溥儀の自伝、完全版が刊行へ
2006年12月17日09時51分

 映画「ラストエンペラー」で知られる中国清朝の最後の皇帝、愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)の自伝「我的前半生(わが半生)」が、大幅に加筆した完全版として来年1月に出版されることになった。極東国際軍事裁判(東京裁判)での自らの偽証を明確に謝罪し、日本軍と満州国との連絡役を務めた関東軍将校の吉岡安直に罪をなすりつけたと後に反省したことなど、これまでの1964年版では削除・修正されていた部分が盛り込まれ、自己批判色の強い内容となっている。
 溥儀は遼寧省撫順にある戦犯管理所に収容中の57年から自らの罪を語る形で「わが罪悪の半生」の執筆を開始。「わが半生」はこれをもとに、中国当局や専門家が内容を削除・修正し、64年に出版された。すでに187万部近くに上り、日本語訳も出ている。今回出版されるのは、当時削除された16万字近い内容を加えるなどしたものだ。
<・・・中略・・・>
 中国紙の報道によると、出版元である北京の群衆出版社は資料整理をしていた04年、64年版の削除・修正前の原稿を発見。「(削除や修正は)過去の様々な理由によるものだが、今、その内容は溥儀の真実の生活を理解し、歴史を認識するうえで研究価値が高い」と判断し、出版に踏み切ったとしている。

1964年版は、中国当局が削除修正しているとあるが、そもそも原文の『わが罪悪の半生』がどれほどの真実を伝えているのかわからない。
ただし、今回のものは、少なくとも溥儀自信が書いたものを、我々が直接読む機会を与えてくれる。そういった意味で、とても期待している。

|

« Priea(4) | トップページ | 広島行き »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私も10代の頃は中国の歴史に興味があり三国志や溥儀の自伝や兵法や第二次世界大戦当時の743部隊で舞台となったパルピンなどの話の本を読みあさった記憶があります。また新たに出るとは興味を惹きますね。私っていつも歴史ものははまってしまうと大変なことになってしまいます。。。その事柄に付随して他の関連性などを探ってみたくなったりとどんどんネットワークしてしまい収拾つかなくなりそう・・・

投稿: ゆりっち | 2006年12月18日 (月) 10時21分

ゆりっちさん:
その通りですね。私の場合は、肉体の限界がそれを防いでいますが(笑)。

投稿: 机竜之介 | 2006年12月18日 (月) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/13098872

この記事へのトラックバック一覧です: 愛新覚羅溥儀:

« Priea(4) | トップページ | 広島行き »