« いやな予感 | トップページ | 徳島の続き »

2007年2月 8日 (木)

米子から徳島へ

何事もなく米子の朝は明ける。
畳に敷いた布団で目覚めた私は、朝風呂に向かった。
ここ皆生温泉は、塩湯。
大浴場に入ると、すでに連れが入っていた。
二人だけ・・・
昨日の酒を抜くかのように、長湯した。
脱衣所で鏡を見ると、顔がむくんでいる・・・070207_080201
呑みすぎということは無いのだが、不健康な生活を続けているせいか。

風呂から上がって、朝食。
若い(あっ、我々より若い)女性が先に二人で食事をしており、その横のテーブルに配膳してある。
昨夜は、まったく何も受け付けなかったが、悲しいことに今朝は目覚めると空腹だった。
 070207_082301
昨夜とは、うってかわって完食、完食。

今朝は、なぜだかご飯が旨い。
さすがにご飯のお代わりはしなかった。
一応、現とというものを知っているつもり。

ホントに私の日記は、食べ物ばかり。

チェックアウトを済ませて、昨日準備した会場へタクシーで移動した。
10時開場の18時迄なので長い。
午前中は、パラパラとお客さまが来られ、ご説明。070207_133401
また、食事で恐縮だが、昼食は連れと入れ替わりで一階のレストランでバイキング。
めんどくさかったので、特に大皿盛り合わ せ。
温野菜にコロッケ、イタリアンオムレツ、大山地鶏、それにピラフにカレーを掛けてできあがり。数は多いが、昨夜の今日なので、量は遠慮気味。
もちろん完食。
コーヒーをお代わりして、しばし休憩する。
立ちっぱなしなので、脚がパンパン。

その後、午後のセミナーもあってお客も増えた。
18時過ぎに、まずまずの成果で後片付けに入る。
急いで片付けないと、次の移動が間に合わない。
慌ただしく、後片付けを終えた我々は、すぐにJR米子駅へ向かった。
これから四国の徳島まで移動する。
みどりの窓口でJRの切符を購入。徳島到着は、夜中の12時半頃だ。

●米子
|  19:17発
|    やくも30号(自由席)2時間13分
|  21:30着
○岡山
|  22:12発
|    マリンライナー69号57分
|  23:09着
○高松(香川)
|  23:23発
|    うずしお31号(自由席)1時間9分
|  0:32着
■徳島

先方のホテルには、既にチェックインが遅くなることは連絡がいってい070207_191901る。
米子駅のコンビニで夕食を買い込んだ。
やくも30号のグリーン車に陣取った我々は、椅子を反転させ宴会準備。
とりあえず、『おつかれさま!』の乾杯。
肴は、コンビニ惣菜勢揃い。
2時間あるからゆっくりできる。

さて、仕上げはおにぎり。
070207_194901
コンビニで変なおにぎりを仕入れた。
題して、『ラーメンおにぎり』。
どっちかはっきりしろっ!
という感じだが、ラーメン味のご飯である。
真ん中には、煮卵が配置されている。
ツナマヨは定番。

こんな調子で良いご機嫌。後の『マリンライナー69号』と『うずしお31号』は、静かに過ごした。
JR徳島駅からタクシーでホテルに到着。
即、おやすみなさい・・・

|

« いやな予感 | トップページ | 徳島の続き »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

相変わらずハードスケジュールですね。
私もあまり変わりませんが・・・
ラーメンおにぎりってラーメンのスープで炊き込んであるのでしょうかねぇ~?

投稿: ゆりっち | 2007年2月13日 (火) 01時57分

ゆりっちさん:
ラーメンのスープで炊き込んだような味でした。
ちょっと具も入っていたと思いますが。
想像した通りの味ですよ(笑)

投稿: 机竜之介 | 2007年2月13日 (火) 09時20分

今日の朝TVで長崎でMIXと言うハンバーガー屋さんで長崎ちゃんぽんのコロッケバーガーを特集していました。竜之介さんは食べた事ありますか?どんな味なんだろう・・・美味しそうでした☆

投稿: ゆりっち | 2007年2月13日 (火) 11時42分

ゆりっちさん:
MIXも長崎チャンポンのコロッケバーガーも初耳ですね。
来月法事で帰省するので、探してみようかな。

投稿: 机竜之介 | 2007年2月16日 (金) 00時44分

長崎ちゃんぽんコロッケバーガーレポート楽しみにしています★

投稿: ゆりっち | 2007年2月16日 (金) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/13889168

この記事へのトラックバック一覧です: 米子から徳島へ:

« いやな予感 | トップページ | 徳島の続き »