« 因島たこ天丼 | トップページ | JR西日本の特急列車禁煙拡大 »

2007年2月21日 (水)

白滝山の五百羅漢

因島のたこ天丼を食した後、大急ぎで因島北部の白滝山へ向かった。
こちらは朝のタクシー運転手情報。
白滝山の五百羅漢を観たらいいとのお話であったので、さっそく向かう。
ちょっと道に迷い掛かったが、無事駐車場に到着。070221_125001
さっそく白滝山頂へ向かって上っていく。
すぐに息が切れる。かなりの坂である。
ぜいぜいと息を切らせながら、五百羅漢のあるお寺に向かう石段に辿り着いた。
都会人のオヤジには、ちょっと辛い・・・
それでもようやく山門に辿り着いた。
扁額には、『白滝山』とある。
さっそく、ここまで来たのだから五百羅漢を訪ねる。
山門を入ると、この寺院に住ま われてい070221_125302 ると思われる、おば070221_125301あさんが挨拶された。
入って右手に石仏がたくさん見える。
さらに坂を上っていく。
坂に沿って、たくさんの石仏が所狭しと並んでいる。
説明によると420年前に造られた石仏が700体あるらしい。
『必ず一つは自分とよく似た顔があると言われている』らしい。070221_125501

一番上まで行くと、右手に鐘楼と真ん中に展望台がある。

タクシーの運転手が勧めたのに納得する。070221_125503

ここの景070221_125502色はすばらしい。

瀬戸内海、といっても因島およびその周辺の小島と尾道が一望できる 。

我々が向島から渡ってきた橋も見える。

なんとも今日は、充実した一日だった。
あっ、仕事はこれからだ・・・070221_130501

帰り際に、またおばあさんと会った。
おじいさんも出てきて、話しをした。
何ともよく喋るなと思ったが、ここにいては、一日に会う人の数は知れている。
帰り際の私におばあさんは、『観光局の人かね?』と聞いてきた。
なるほど、こんな山道をスーツ着て登ってくるやつは普通おらんわ。
『東京の人かね、どうりであかぬけてると思った。』
そうかね・・・(苦笑)
蜜柑をくれた。断ったのだが、どうしてもと言われて受け取った。

この後、来たときとは違う経路(往は表参道、復は裏参道)で降りていった。

|

« 因島たこ天丼 | トップページ | JR西日本の特急列車禁煙拡大 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/14043570

この記事へのトラックバック一覧です: 白滝山の五百羅漢:

« 因島たこ天丼 | トップページ | JR西日本の特急列車禁煙拡大 »