« ブログの自動記述 | トップページ | ホッピーでハッピー? »

2007年3月 4日 (日)

Wikipediaの功罪

さて、最近とみにお世話になっているWikipedia(http://ja.wikipedia.org/)さま。
現在メインページ改訂のための新デザイン予選投票中である。
以前から思っていることだが、Wikipediaのメインページは重たすぎる!  
もっと軽く仕上げて欲しい、これが私の願い。

ところで、おもしろい記事を見つけた。
米大学のレポートで学生達のレポートに島原の乱で同一の間違いが発覚し、ソースがWikipediaであったことから、この大学での今後のレポートにWikipediaの引用を禁止することが決まった。
この大学の史学部では、『学生は自らの提供する情報の正確さに責任をもつべきで、ウィキペディアや同様の情報源を誤りの言い逃れにできない』といっているが、本来問題視されるべきは言い逃れであって、ひとつの情報ソースの正確さではない。利用方法に問題があるのであって、これを引用禁止にすることは間違っていると言わざるを得ない。米国の大学も昨今の日本の大学と同じく、レベルの低い話しである。
最後にWikipediaの創始者が語っているように、ブリタニカに間違いがないと言い切れないし、百科事典をレポートに丸写しする行為そのものが問題なのであって、Wikipediaの参照や引用に問題があるとは思えない。もちろん、そのリスクを引用者が理解している必要があるが。ただし、書く側だけでなく、読む側も引用がWikipediaからであることの意味を同様に理解しておく、あるいはさせる必要があることは否めない。

   ウィキペディア頼み、誤答続々 米大学が試験で引用禁止
                                   2007年02月23日

米バーモント州にある名門ミドルベリー大学の史学部が、オンラインで一定の利用者が書き込んだり修正したりできる百科事典「ウィキペディア」を学生がテストやリポートで引用することを認めない措置を1月に決めた。日本史の講義をもつ同大教授がテストでの共通の間違いをたどったところ、ウィキペディア(英語版)の「島原の乱」(1637~38)をめぐる記述にたどり着いたことが措置導入の一つのきっかけになった。
<・・・中略・・・>
同大史学部では1月、「学生は自らの提供する情報の正確さに責任をもつべきで、ウィキペディアや同様の情報源を誤りの言い逃れにできない」として引用禁止を通知した。
<・・・中略・・・>
島原の乱をめぐる記述はニューヨーク・タイムズ紙がこの問題を取り上げた21日、修正された。
ウィキペディアの創始者のジミー・ウェルズさん(40)は「慈善的に人間の知識を集める事業であり、ブリタニカと同様以上の質をめざして努力している。ただ、百科事典の引用は学術研究の文書には適切でないと言い続けてきた」と話す。

私は、今後も大いにWikipediaを利用させてもらいます。

|

« ブログの自動記述 | トップページ | ホッピーでハッピー? »

最近IT事情」カテゴリの記事

コメント

おお!これぞまさしく「孫引き」の実例か?!
(日本語教師もしらなかった、マゴビキということば・・・)

Wiki って、人民によって作られる手作り雑語録がコンセプトなんですよね。英語版もあるんだ(←無知) はてな、もそうですよね。

わたくしとて、Wiki には多大にお世話になっております。
でも悲しいかな、中国では検閲があり、Wiki が開きません・・・
_| ̄|○  ナンデダ? 
記事のようなケースを恐れてとしたら、恐るべし先見の明(笑)


投稿: pukupu | 2007年3月 4日 (日) 21時05分

Wikiはシステムの名前ですね。Wikipediaはそれをもとに作られたOpen百科事典です。
ものによっては、現場の人間が書いてますから、普通の百科事典の比ではない場合もあります。
英語版もあるというか、英語版から始まったのですね。
中国からは見ることができませんか。
残念ですね。
こんな方法だめでしょうか、例えばYahoo!の翻訳サイト(http://honyaku.yahoo.co.jp/url)のウェブ翻訳にWikipediaのURLを放り込んでやる。英日に放り込めば、日本語は日本語で表示される。そうするとサイトとしてはURLはYahoo!になる。試してみてくださいよ。

投稿: 机竜之介 | 2007年3月 4日 (日) 21時43分

Wiki と Wikipedia は別物でしたか。平素Open百科事典の事を
うぃき、うぃき と呼んでおりましたもので。失礼しました。

さて進言の通りやってみました。よく使う Excite ウェブ翻訳に
日本語ページURLを「英→日」コマンドで放り込んだら!
あら不思議♪ フォームこそ違えど、ちゃんと記事見られます!
さらには翻訳部分(フレーム内)では、リンクも飛べる♪

さすがの当局もそこまでは網羅出来ないようで。
(っていうかどうせソフト使ってるんだろ~!当局!)

と危ういこと書きすぎると消されるので(/o\)
素晴らしいアイデア、感謝です! 

投稿: pukupu | 2007年3月 4日 (日) 22時49分

私も調べ物の時などは利用してますた。。。でもそんなに当てにしてはいないかな。。。

投稿: ゆりっち | 2007年3月 5日 (月) 09時18分

ゆりっちさん:
ここでは結構な隙間情報というかレア情報を入手できますよ(笑)
2chほど怪しい情報ではないですしね。

投稿: 机竜之介 | 2007年3月 5日 (月) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/14130278

この記事へのトラックバック一覧です: Wikipediaの功罪:

« ブログの自動記述 | トップページ | ホッピーでハッピー? »