« 歩いた歩いた、でも温泉はまだだった | トップページ | RSSフィードを転送 »

2007年9月24日 (月)

高徳院(鎌倉大仏殿)

やはり江ノ電長谷駅、長谷寺からさらに進むと高徳院がある。

ここは、鎌倉の大仏で有名なところ。

正式な名称は、『大異山 高徳院 清浄泉寺』。


表から大仏は見えない。


f:id:HAYASHIDA:20070923122841j:image:h200 f:id:HAYASHIDA:20070923123134j:image:h200


参道を進むと受付があり、そこから中へ。


ずっと来たいと思っていた。やっと鎌倉の大仏に会うことができた。


f:id:HAYASHIDA:20070923123239j:image:h200 f:id:HAYASHIDA:20070923123421j:image:h200


大仏は、阿弥陀佛であり、説明によると暦仁元年(1238年)に着工し寛元元年(1243年)に木造で完成。宝治元年(1247年)の大風で倒壊し、建長四年(1252年)に青銅で鋳造されたとある。


大仏は、中に入ることができるのだが行列ができていたためあきらめた。

中は、すごく暑そうである。


宗旨は、浄土宗。


(2007/09/23)


|

« 歩いた歩いた、でも温泉はまだだった | トップページ | RSSフィードを転送 »

日本人と宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/47475187

この記事へのトラックバック一覧です: 高徳院(鎌倉大仏殿):

« 歩いた歩いた、でも温泉はまだだった | トップページ | RSSフィードを転送 »