« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の12件の記事

2008年1月27日 (日)

憩いの時

1月26日(土)朝帰りの私は、3時間ほど布団で熟睡して、だらだらと起きあがり、シャワーを浴びた。
10時から陶芸教室。
着替えをして、図書館から借りた陶芸の本を読み返した。
いくつか先生に確認しようと思った箇所があったから。

TASSE(タッセ)に着いたのは、10時ちょっと過ぎていた。
朝、のんびりし過ぎた。

私より早く来ていたのは、一人だけだったが、この日は何と5名も予定が入っているらしい。
教室は、すぐに一杯になった。
そんな状態であるため、先生と話しをする時間は、ほとんどなかった。
独り、もくもくと粘土をこねて、茶碗の作成に入った。
Dvc00005_2
今日の予定は、井戸茶碗風に轆轤目を入れるというものです。
(#6:写真右)
もともと井戸は形が難しい上に、轆轤目をつけると、その後の形の修正が効かないことに後で気付いた。
形は、井戸というより大振りの李朝茶碗みたい。
轆轤目は、相当な失敗だった。
後で考えたのだが、化粧粘土でごまかせないか・・・後日、先生に相談してみよう。

先生と話す時間もないので、黙々と作業は進んでいってしまう。

次に#7に取りかかった。
何も考えていなかったので、すぐにアイデアも浮かばず、素焼き前の#5を眺めていた。
#5も何も考えず、どちらかというと偶然できあがった形だが、これを少し変形してみようと思った。
楽型でもなく、#5をもう少し幅広にした感じで作ったのが#7。
(#7:写真左)

今日は、ここまで。
次回(再来週)は、この削りと、#2から#5までの釉掛けになる。
来週素焼きとのこと。既に電気炉に#4は収まっていた。
#4も化粧したいなぁ・・・次回、先生に相談してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人身事故で朝帰り

今週も忙しかった。
週後半、木曜日は宇都宮泊でホテルで徹夜。
朝まで資料作成していた。
金曜日も夕方、蒲田に戻ったが、会社を出たのは11時過ぎ。
既に終電(八王子行き)は終わっている。

東神奈川で横浜線橋本行き終電の一本前に列んで座った。
三軒隣の友人と隣り合わせで座ったが、二人ともすぐに熟睡してしまった。
長津田あたりで一度目覚めた。
周囲が騒がしい。
車内放送で『人身事故・・・遅れて・・・』と微かに耳に届くが、すぐにまた夢のなか。

終点の橋本に着いたが、時計を見ると、なんと午前2時をまわっていた。
横浜線で2時間半くらい寝ていたようだ。

駅を出ると、外は寒かった。
二人でとりあえず居酒屋を探した。
夕食もとってないし、とにかく寒い。
しかし、午前2時過ぎに開いている居酒屋があるかどうか・・・

しばらく、居酒屋のにおいを求めて、さまよったが、あったあった。
『庄や』だ。
中にはいると3階に上るように指示された。
寝起きで辛いのに、ふらふらと3階まで上る。
お客は、結構入っている。
さっそく、温かさをもとめて、焼酎のお湯割りをオーダーした。

ここで、閉店まで仕事の続きの話しをしていた。
半分は、愚痴だったかもしれないが。

居酒屋は4時で閉店した。

さすがに、そこからはタクシーでまっすぐ帰宅。
布団に入ったのは、5時頃だった・・・トホホ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

初雪

1月17日(木)、朝寒かった。

その日も朝から宇都宮へ出かけるため、自宅のドアを開けた。
眼下に広がる駐車場の車達が白くなっていた。
霜にしては激しいなと思いながら歩いていると、白いものがちらちらと見えた。
ああ、昨夜の雨が雪になったんだ。

バスの中からちらちらと降る雪を見つめていた。

『初雪かぁ・・・』

初雪は、この朝見ただけで終わりであった。

そして、どうも今夜から雪になるようだ。
天気予報では湿雪とあるので、足下が悪そうだ。
明日の最高気温2度。

今日は、昨日ほど寒くないと感じた。
昼からは、図書館へ行き、焼き物関係の図書を沢山借りてきた。
先程まで、眺めていたが。
図書館の後は、BOOKOFFで買いまくり(笑)。
おかげで、帰りは荷物が重かった・・・

今週もまた、仕事は激しく忙しくなる予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

2008初陶芸

1月12日(土)は、今年最初の陶芸教室。

朝から支度でバタバタしたため、ほんのちょっと遅刻してしまった。
この日は、私一人だけ。

最初の1時間強は、先生と話し込んでしまった。
抹茶茶碗の粘土について、釉薬について・・・
先は長いことを、年初に再確認した(笑)

さて、今年最初の作業は、昨年末に手びねりで作成した#5の削りから。
#4は、紐造りで井戸茶碗風にトライした。かなり先生に手伝っていただいたが。
Dvc00012 (#4)

#5は、それを無謀にも手びねりでトライした。
実は、#4の前に、一度手びねりで井戸に挑戦し玉砕している。
しかし、それでもあえて挑戦した。
結果は、この通りで失敗。
しかし、井戸はできなかったが、雰囲気のいい茶碗になった。
まあ、これはこれで成功ということで。
Dvc00011 (#5)

先生にも言われたが、進歩が著しい。自分で見ても#4と#5の差が歴然としている。
まっ、それくらいヘタだからとも言えるが(笑)

この日、休憩で先生がお茶を淹れてくださった。
先生の自作の茶碗と昔から持っておられた茶碗に、お薄を点てていただいた。
私は、茶碗の心地が知りたかったので、お代わりして2つの茶碗でいただいた。

ところで、#2移行は、まだ素焼きもしていない。
さて、焼はいつになるのだろうか、気になる・・・

その後、次回も井戸に挑戦することを宣言し、井戸の特長でもあるロクロ目を最後に入れることを目標とした。
とりあえず、この日は新しく粘土を練って終了した。
さあ、次回も頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の宇都宮食事事情

週の半分ほどを宇都宮で過ごしている。 と言っても日帰りだが。
6月からなので半年以上になる。Dvc00018
しかし、駅のそば屋など以外、市内の食事処などなかなか行く時間もなく、過ぎていた。

最近になって、ようやく落ち着いてきた私は、少しは周りを見る余裕もでてきたよう。

これは1月9日(水)のお昼ご飯は、2回目の『らーめん 十八番』で、『焼豚玉子とじランチ』682円也。
Dvc00017 Dvc00016
安いし、ボリュームもあって、濃い味的にも若者向けですね。
ちょと変わったお店です。何がって、店内が・・・ラーメン屋でも中華料理屋でもない。
ロックカフェ?

さて、その翌日の夕食は、急にカレーが食べたくなった。Dvc00014
そこで『バルチックカレー』を紹介された。
私は、聞いたことがなかったが都内にもあるようだ。

お腹が減っていたので、『牛すじカレーの大盛り』を券売機で購入。
カウンターに座っていただいた。
Dvc00013_2
大盛りは、大盛りなだけあって満腹でした。
味は悪くはないですね。他のカレーも食べてみたい。

とこんな風に、悪い方向に高カロリーな食生活が始まってしまっていた・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

乾山の芸術と光琳

12月14日(金)のお昼に駆け足で行ってきた。
Dvc00010東京有楽町の出光美術館、『乾山の芸術と光琳』展。

先日、陶芸教室の先生に招待券を頂いた。
そうでもないと、なかなか行けない。

しかし、尾形光琳はもちろん知っているが、乾山はちょっと・・・
と、説明を読むと、なんと乾山は光琳の弟だった。

展覧会は、実家の呉服屋でデザインされた着物など、乾山の素となったと思われる環境について展示し、説明している。

焼き物もいくつも展示されていたが、茶碗等どちらかというと華美な色絵。
私は、渋いのが好きなので、趣味的にはちょっと逸れる。

何せ、外出の合間を縫って駆け込んだので、駆け足で見て回った。
陶片室など、他にもおもしろい部屋があった。
久しぶりに、いいものを見た。
先生、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二人忘年会

12月11日(火)この日も帰りが早かった。
先日の独り忘年会の後、あのお店が安かったので、さっそく友人を誘っていってみた。

ところが、居酒屋『楽来笑(らくしょう)』は火曜日が定休日だった。
しかたなく、お互い、まだいったことのない焼鳥屋に行ってみることにした。

だいぶ歩くのだが、よくこんな外れに焼鳥屋をと思ってしまう。Dvc00014
車で来るわけではないのだから。

店は、外から見るよりも小ぶりだった。
お店の名前は、『総本家 備長扇屋』。

座敷に座って、さっそくぬる燗をオーダー。
それと焼き鳥を塩で、あれとこれと・・・そこそこ沢山たのんだ。

お酒が出てきたが、ちょっとこれは・・・冷や酒だった。
ぬる燗だって言ったのにぃ。
まぁ、いいや。ちょっと寒いけど(笑)
相方はビールだし。そのうち、暖かくなるでしょう。

しばらくして、焼き鳥が次々と出てきた。
これが期待に反して、結構旨い。
二人して、あっ、この店ありかもっ! と次の忘年会など企画したりして。

駅から、ちょっと遠いのが難点だな。

前のお店がお休みだったおかげで、また新たなお店を発見した。
ラッキー、ラッキー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独り忘年会

昨年のこと、12月5日(水)宇都宮からの帰り。

その日は、仕事も早く終わり、自宅近くの駅に着いたのは19時前だった。

冷え込みも段々ときつくなってきており、何となく熱燗が飲みたかった。
最近、呑みに行くこともないし、神龍も転勤してしまった。
Dvc00006
そこで急遽、決定!

本日、『独り忘年会』開催。

場所は、駅前というか、目の前。
居酒屋『楽来笑(らくしょう)』。
お店は以前から知っていたが、入るのは始めて。
階段を登って2階が入り口。

さて、どんなメニューがあるのかと見てみると、意外と色々なものがあってビックリ。
Dvc00003 Dvc00002 Dvc00001

独り忘年会なので、やたら注文することもできない。Dvc00005
まずは、熱燗(播州娘)をオーダー。
その間につまみを見繕う。

  • ささみの竜田揚げ(梅しそ巻き)
  • 大根とマグロのサラダ(ハーフサイズ)
  • レンコンのはさみ揚げ(ハーフサイズ)

久しぶりのお酒で、すぐに酔いが回る。

誰もいないが、独り楽しく、忘年会 乾杯!Dvc00004

そんな中でもPC開いて報告書を書いているのが、何だか悲しいなぁ・・・

独り忘年会は、時間制限も無いが、終わりは早い。

気持ちよく会計に向かった私は、そこで思わず声に出しそうになった。
『安っ!』
お会計は¥1,500程だった。

また、来ようっと。
今度は、独り新年会かな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

初削り

11月10日(土)10時から2回目の陶芸教室。

Dvc00020 この日は、前回形作った筒茶碗(のつもり)の削り。

最初は、前回同様に先生と抹茶茶碗やその作り方の書籍を見ながら、色々と話しをした。
何でもそうだが、急激に知識を詰め込もうと思っても、頭はついていかない。さらに技能となると、これは単純に繰り返しによる学習以外に習得の方法はない。
この日、感じたわけではないが、まずはやはり基礎を身につけることが重要だと思った。これは、ぐい飲みや皿からというような意味ではなく、均等均一に薄く手日練りで粘土を形作って行く基礎のこと。
先生もおそらくそんなことは当然で、楽しんで何かを作っている間に少しずつ上達すればと考えていると思われる。

この日は高台を削りだして、この茶碗は終わった。
釉薬についても先生と話しをしたが、渋めで行こうと言うことで先生にお願いした。
この茶碗について、現在私ができることは、ここまで。
釜のタイミングもあり、後は先生にお願いした。

次は、2作目。
この段階でわかっている1作目の失敗は、おそらく小さすぎるということ。
焼き上がってみないと実際には体感できないが、先生の言う収縮率を想定すれば、あきらかに小さすぎる。
一般的に最初はそうだということだが、やはりできあがりの大きさで作ってしまう。
本当は、収縮率を考えて、その分大きく作らなければならないのだが。

2作目も筒茶碗だが、少し大きめに作ると言うことで開始した。
大きめに作ると言っても、実際作りながらどの程度であればいいのか、なかなか判断がつかない。実際に何度が焼いてみて、体得するしかないのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

陶芸開始から

11月3日(土)午前10:00から陶芸教室へ向かった。

先生にお会いするのも初めてなので、少し緊張。
これまでは、すべてメールでお話をしていた。

私が通うことにした教室は、TASSE(タッセ)という雑貨屋のご主人が奥様と一緒に店舗の奥で開かれているところ。

その日は、女性と私の二人が生徒。

一通り先生(先生と呼ぶなと言われているのですが、ここでは先生で)と焼き物についての知識や思い、それに目的などのお話をした。

私の目的は、明確。

とにかく抹茶茶碗を作りたい、それだけ。

先生は、それをすぐに理解、了承してくださって、『それでは抹茶茶碗専門でいきましょうか』と言ってくださった。

これには正直感激した。やはり基礎からやらないといけないので、ぐい飲みやら皿やら、いらないものを長々作った後々の話しになるのかなと思っていた矢先だったので。

さっそく粘土の作成(混ぜ、練り)から開始した。

とりあえず最初数回は、筒茶碗を作りたいと説明し、ほとんどべったり先生が横に着いてくださっての指導で、何とか形ができあがった。

この日は、ここまで。

※最近、誤解があるように感じるので、ここで丁寧に訂正させていただきたい。私が作成するのは、すべて抹茶茶碗であるということ。その形、姿は様々(無様)であったとしても。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年は、大変お世話になりました。
今年も何卒引き続きよろしくお願いいたします。

さて、昨年は10月の終わりから日記をお休みしておりましたが、少しずつ再開したいと思っております。

ところが・・・

12月28日(金)の夜に熱が出て、そのまま昨日まで寝込んでいました。

28日(金)は、朝7時頃からバタバタと急ぎの仕事を片付けて、ようやく夕方の納会にちょっとだけ出席。その後、ビールの缶一つを持って席に戻り、残りの仕事を済ませた。
気付くと、もうまわりは人も疎ら。
誰も誘ってくれる人もなく、誘う人もなく・・・
そのまま帰るのも寂しいので、6時過ぎだが独りで寂しく呑みに行った。
10時半過ぎまで呑んでいて『これで今年も終わりかっ』と、駅のホームに立ったとき、突然悪寒がした。

この日、その悪寒を引きずったまま自宅に戻り床についたが、朝目覚めてもそれは続いていた。結局、熱は簡単には下がらず、昨夜平熱に戻るまで5日間かかってしまった。

何と寝たままで歳を越してしまった。

いきなり、最低のでだし。

ということで、年末に予定していた日記も書けず仕舞いという言い訳でした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

Penelope近況

Penelopeのロードマップを見つけた。

■Release 0.1

  • Importers for your mail store and contacts
  • Remapping of accelerator keys
  • Basic settings and personalities

We expect this release to provide a bare minimum for Eudora users to feel comfortable, so that they can provide feedback and get involved in development.

The Penelope extension provides new icons and sound files as well as familiar key mapping, icons, toolbar layout and column layout; the most recent version is at Penelope Extensions. The beta version of Eudora 8.0 itself is at Eudora Releases.

See the Documentation Project for documentation on the features in version 0.1.

■Release 0.5

  • Filter importing
  • Major UI Elements
  • Unique Eudora message handling operations

We expect this release to be usable by the most adventurous Eudora users.

■Release 1.0

  • Stationery
  • Import for all Settings
  • Minor UI elements

We expect this release to be comfortable for the vast majority of Eudora users.

現在、Release0.1の段階だが、これを見るとやはりRelease1.0を待つしかないようだ。

しかし、いったいいつになればReleaseが1.0になるのだろうか・・・

密かに祈りながら待ちたい。

また、

■The Future

Once we finish version 1.0, we will divide our attention between bringing over some of the more obscure Eudora features and customizations, and doing new work. We expect to track the Thunderbird roadmap, including calendar integration, and also to bring new ideas and capabilities to both mailers. We will flesh out this section of the roadmap based on user input from earlier in the process.

とあり、それはそれで結構なことだと思う。

まずは、Release1.0、そのまえにRelease0.5をお願いしますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »