« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の8件の記事

2008年7月27日 (日)

楽風の形で当分は・・・

7月26日(土)、この日は前日の宇都宮での呑み会で帰れなくなって、3時頃まで呑んでいた。
朝から酒の抜けきらない状態で、ホテルを出て新幹線で帰って来るなり、シャワーを浴びて気分を入れ替え。

さて、この日は#15の削りから始まった。
竹べらで調子よく高台を削りだしていく。
しかし、そこに油断があった。思っていたより底が薄かった。
高台内側を削っていくと、中心部分がポコンッと凹んでしまった。
『どきっ!』としたが、穴が空いたわけではなく、凹んだだけなので、内側から押し戻し、何とか体裁を繕った。
Dvc00013  
楽風の形と言うこともあり、これまでやったことのない外側の削りに挑戦。
もともとそれほど厚い作りではないので、表面を整える程度に全体を削った。
それによって比較的バランスの良い形になったと思っている。
Dvc00014 Dvc00012_2
その後、口の部分など細かなところに手を入れた。
最後に、顔の部分に意図的に削り後を残した。

#10から続いていた井戸風の形状だが、#14から楽風の半筒型に移行し#15で何となく、良い感じになってきた。しかし、前回思った通り、次はもう少し大振りにしてみる。

と言うことで、#20。
何故#15から#20に飛ぶかというと、番外編のお猪口が4つあるからですね。
より大振りに作ると言うことで、#15までは600g強の粘土で造っていたものを、今回800gにした。初めから大いに削るつもりなので、最初の粘土の量は多い方が造りやすい。
#15の失敗を繰り返さないように、底の厚みに注意した。
Dvc00011  Dvc00010
そして、できるだけ垂直に引き上げる。
作為的にゆがめたりせず、真円に近い形状で口も一直線になるように丁寧に造った。
後は、次回削りの時に考えることとする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第四回目の焼き上がり

7月12日(土)に三回目の釉掛けをした#11~#13が焼き上がった。
まずは、#11。
Dvc00002
飴釉の仕上がりが、外側と内側で極端に異なる。随分先生と議論したが、結論は明確に出ていない。ただし、失敗のような色、質感の外側の方がおもしろく、渋くて良い感じになっている。内側も同じ感じに仕上がると良いのでは?というのが共通の認識。
どうも厚くもなく、薄くもない微妙な線で釉薬を掛ければ良いようだ。

次に、#12。
Dvc00008
結果的には#13もそうだが、厚手で重く、小振り過ぎた。
三重苦だな。
釉薬の質感は#10とほぼ同じ。つまり、あまりよくないということ。
微妙な仕上がりかな。

最後は、#13。
Dvc00005
#11同様、いやそれ以上に外側の釉薬の感じは良い。
形は先に書いたとおり。それに茶溜まりがやけに窪んでいる。

少なくとも一作ずつ、何らかの経験を得られ、前進しているのは確か。
#20を過ぎた辺りから、少しは使えるものが出てくるのではないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

正体が発覚か!?

これまで何度も書いてきた、近所の温泉予定地

とうとう正体が明らかになってきた。
まだ確実とは言えないが、かなり信頼性の高い情報が入ってきた。

やっぱり『スーパー銭湯』だった!

近所の家々で反対署名が始まっており、署名をお願いされたと聞いたので、かなり信頼性が高い。

で、さらに続く。

現場は既に進んでいた!

Dvc00002
ちょっと見ない間に、ボーリングをするための櫓が既に建っている。

さらには、名前まで。
Dvc00001_2
『七国温泉』だと。
オープン時には、もっと小じゃれた名前になっているような気がするが。

確かに極ご近所の家庭は、人が集まる施設は迷惑でしょうね。爆発のこともあるし。
しかし、極ご近所でない私にとっては、とっても楽しみなんです。ゴメンナサイ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月21日 (月)

番外編二日目

さて二日目は、全員が昨日の作品を焼き上げます。
20数個の七輪が列んで、ものすごい熱量。

どの家族も乾燥に問題が無く、七輪での最初の乾燥がよくって、割れる作品はほとんど無かった。ただし、七輪が小さかったので、大きなものはどうしても焼きにくい。

私の四個の猪口達も隅っこで焼いた。
自分の作品だけでなく、合計8個以上の作品が入っているので、思った通りの焼き方はできなかった。
作品番号は#16から#19で二度に分けて焼いた。
最初に#18と#19。
Dvc00011_2  Dvc00010_2
左の#18は中の底が真っ黒になっている。炭を中に入れたせいか?
この二つは、七輪から最後取り出して自然冷却した。

二度目の#16と#17。
Dvc00004_2  Dvc00003_3
左の#16は、七輪から取り出した後、水で急冷した。
それによって、他のどれよりも光沢がありグリーンの発色が多い。
右の#17は、七輪から取り出し後、おが屑の中へ直行。
炭化還元を狙ったが、おが屑から火が出て止まらない。器をひっくり返してかぶせた。
そのため中途半端になったと思うが、できあがりは部分的に燻銀発色したこの感じがいい。

とても楽しく、ためになる二日間だった。
ぜひ来年も参加したい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月20日 (日)

番外編

7月20,21日は三連休の後半二日。
この日は、東京家政学院大学で『八王子市子ども体験塾(みなみ野の土を焼いて、ものづくりを楽しもうpartⅡ)』が行われた。
私は、これにお手伝いとして参加した。

大学の先生と地元の陶芸家で企画された催しで、コンセプトは『みなみ野開発の過程で入手できた粘土を使い作品を作り、楽しみながら昔の街やこれからの街について考える機会を持つ。特に焼成過程での変化を楽しむものづくりを体験するとともに、多くの登り窯が発掘されたこの地域の歴史学ぶことで、八王子への一層の愛着を醸成する。』というもの。

初日は、粘土でものを造る。親子(小学生)での参加なので、1年生から6年生迄にはかなりの開き、形のバリエーションがあっておもしろい。
20家族ほどのなかをまわって、質問に答えたり、説明したり。基本、手は出さない。
午後は乾燥。ドライヤーを使って、一気に乾燥させる。
その間、私と先生方は、七輪での窯焼きデモの準備をする。
みんなの乾燥が終わった頃に、最後の仕上げの段階(最も温度が上がるところ)まで持って行く準備をする。
Dvc00006_2  Dvc00009_2
左は、まだ素焼きの段階。デモで見せるのは、右の段階。

私も初めてなので大変。説明書を見ながら、かなりいい加減に途中をすっ飛ばしたりして進めていた。そのわりには、割れもせずにちゃんと焼き上がっており、ホット一安心。

この日、お昼直前に自分の分も造ってみた。
最初から猪口(ぐい飲み)を造ろうと決めていた。
Dvc00008_3
右が1つ目で左が最後の作品。より大きく、薄くなって行っているのがわかる。

初日は、ここまでで終了。くたくただった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月17日 (木)

食い物日記37

宇都宮の鬼怒通り沿いにあるとんかつのお店。

かつ盛』は、最近のランチのお気に入り。
メニューは、『ヒレ・ロース膳』。1,050円也。
価格は、ランチにしてはお高めだが、ご飯が五穀米と白米を選択でき、味噌汁も海苔の味噌汁と豚汁を選択できる。しかも、これら二つとキャベツがお代わり自由。
さすがにランチでお代わりはしないけど。
Dvc00007_2
私は、いつも五穀米に豚汁。
そして、とんかつには欠かせないゴマも小すり鉢とすりこ木とともに出てくる。
Dvc00006
すぐにゴマが出てくるので、とんかつが出てくるまで、ゴマを摺って待つ。
これだけ食べると、ガッツリ食べた気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年7月12日 (土)

三回目の釉掛け

7月12日(土)は、忙しかった。
先ずは、#11~#13の釉掛け。
本当は、自作の黒釉と藁灰釉をと思っていたが、その準備の前に釉掛けが来てしまった。
Dvc00004
そこで、ちょっとつまらないが、これまでと同じ構成。
#11と#13は、飴釉。できるだけ外側に厚掛けするために何度も釉薬を掛け回した。
また、指跡はどちらもあえて鮮やかに残した。
焼いた後にどうなるか見てみたい。
#12は、白萩釉。前回の冷たさを少しでも緩和するため、腰までしか釉薬を掛けていない。
腰の釉薬の境目が緋色になることで、全体的に暖かみがでるのではないかと考えた。

さて、次は前回#14の削り。
Dvc00007
今回、初めて竹ベラで削った。高台は低めで粗めに削る。
外側を削るか、だいぶ悩んだが、今回は腰の部分にヘラ目を入れるに留まった。

少し時間があったので、さらにこの日は#15の成型を行った。
#14同様の半筒型だが、少し大きめに、そして薄目に造った。
Dvc00001
次回は、さらに少し大きく造ってみる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月 5日 (土)

食い物日記36

近所にできたアベックモア(avec moi)というアイスクリーム店。
アイスクリームというよりジェラートかな?

Dvc00003_2

いつも行く散髪屋の向かいにできたので、一度は行ってみようと思っていた。
味も値段も一般的かな。
ただ、店舗の雰囲気が客層をどこにターゲットを絞っているのかよくわからない。
私が独りで行くには、完全に場違いな店だ。
それ以外はGood!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »