« ネタ | トップページ | Penelope導入 »

2009年1月12日 (月)

作り初め

1月10日(土)、今年初めての陶芸。
仕事始めからあっという間に一週間が終わった。
年末は、一気に7個焼き上がったので、少し気が抜けている。

今日は、昨年末に成型した#27の削りから入る。
Dvc00002 これが削る前。
今日の注意点は、丁寧に。これが一番。
次に口が薄くならないように注意する。
高台まわりから削り始め、外側を削る。丁寧に削ったつもりだが、やはり高台まわりが難しい。
口の凹凸も少し手直しした。
Dvc00166
結果がこれ。
特に腰から下の削り後は、指で少しならして整えた。
丁寧にやったので、ここまでに2時間掛かっている。
しかし、もっと丁寧にやるべきと思えるところが多々あった。

次に#28の製作に取りかかる。
イメージは、#26の背を低く(75mm)、高台を大きく(65mm)といった感じ。口径は110mm程度。しかし、実際には測りながら成型するというより感覚なので、出たとこ勝負?みたいな感じ。もちろんきっちり測りながらでも作れるが、もともと頭の中の設計図にある寸法が正しいという保証がないのだから意味がない。
Dvc00161
最後に口を少し外に広げた。
ここまで1時間弱。いじり続けるときりがない(笑)

ここ数ヶ月で、ようやく思った形に近く仕上げることができるようになってきたかな。
次のステップとしては、やはり釉薬かな。

|

« ネタ | トップページ | Penelope導入 »

陶芸日記」カテゴリの記事

コメント

まぁ
おじょうずねぇ(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

投稿: うたう | 2009年5月 6日 (水) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/43721312

この記事へのトラックバック一覧です: 作り初め:

» あれから・・・ [机竜之介の自宅日記]
前回は、と見直してみると、なんと1月12日の『作り初め』で終わっている。あれから約半年。 続きを思い出しながら書いてみたい。 まずは、1月31日(土)。前回#28の造形で、今回は削りとなる。ここで象嵌に初挑戦してみた。春物の茶碗をイメージして、梅の花を散らしてみる。 三つの象嵌の内、二つは白土を、もう一つは赤土を埋め込んだ。できあがりが楽しみである。(実は、もう手元にできあがっているのだが・・・流れとして) この日は、削りと象嵌で終わった。... [続きを読む]

受信: 2009年6月27日 (土) 20時48分

» 作り初め2010 [机竜之介の自宅日記]
1月9日(土)、昨年より1日早い作り初め。昨年の作り初めは、#27の削りから始まった。今年は、#50の削りで始まる。結局、東京家政学院大学から持ち帰った、みなみ野の水簸土は茶碗2個分しかなく、#49とこの#50で終わりとなる。   #50も作りにくく、どうなるかと思ったが、削りで#49よりずっと良い感じになった。しかし、大きな亀裂を直しつつであったため、それが焼きでどうなるか気になるところ。 次は、#51に取り組む。こちらは、みなみ野粘土(土練機)600gにみなみ野2009年イベント土200gを混ぜ... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 19時59分

« ネタ | トップページ | Penelope導入 »