« 2009年1月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の24件の記事

2009年6月28日 (日)

パスタ

最近は、パスタを作ることが増えた。
これは、だいぶ前に造った『簡単アラビアータ風パスタ』。

Dvc00281
結構お気に入り。
なんとトマトケチャップと一味唐辛子で作ったもの。
でも美味しいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年6月27日 (土)

難しい

6月20日(土)、#39の削りから。
Dvc00351
かなり削った。
高台は、少し大きめにした。
薄く、そしてなめらかな曲線を目指して丁寧に削った、つもり。
ここでも幾つか気泡があった。これも埋めながらの削りとなった。

さて、次に#40の作成だが・・・
頭の中では、かなり具体的なイメージができていたのだが、難しい・・・
Dvc00354
まず、径がぜんぜん足りない。粘土が足りなかったな。800gで作成したが、イメージの形を作成するにはもっと必要か。
そのため、すごく中途半端な形になってしまった。
次回成功のためのステップとして、これはこれで完成させよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

少し身が入ってきたか・・・

6月6日(土)、#38の削り。
Dvc00323
粘土がまだ柔らかく、削りにくかった。
しかし、それよりも何よりも、削っていると穴が空く。
つまり粘土の練り方が悪く、気泡が残っていた。
空いた穴は、粘土で埋めながら削りを続けた。

その後は、碗型の#39を作成。
Dvc00326
こちらも比較的大振り。
#28を目指したが、どちらかというと#29に近い。
雰囲気は悪くないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#38

5月30日(土)、ぐいのみ#36,#37の削りから。
Dvc00314  Dvc00317
ぐいのみの削りですから、どうしても少し適当?

それで本日は、井戸風の茶碗#38を作成した。
Dvc00320
久しぶりに、かなり大振り。
どうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶を点ててみた

5月4日(月)GWの最中、幾つかの抹茶碗でお茶を飲んでみた。

お菓子は、生八つ橋を仕入れた。
Dvc00296

お客さんに、それぞれ好きな茶碗を選んでもらって、その茶碗にお茶を点てた。
超オールドな#5
Dvc00298

完成度の高いと思っている#22,#23のペア。
Dvc00299  Dvc00300

そして梅象嵌の#28
Dvc00297

こうやってお茶を点ててみると、何となくそれらしく見えるからおかしい。
しかし、肝心のお茶のお味はというと・・・

残念

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近雑?

5月9日(土)、まずは#35の削りから。
Dvc00302
随分薄く削ったつもりだったが、後で手に取ってみると、まだまだ厚かった。
この茶碗は自作の灰釉を作って掛けてみようかと思っていたが、最近気が変わって、青磁釉を掛けることにした。
うまくいけば、より夏向きになる。

さて、この日は、またまたぐいのみを作った。
#36,#37
Dvc00305  Dvc00308
しかし、どうも茶碗でないためか雑になった。いけないなぁ。

もっと、まじめにやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白い財布

4月26日(日)に宇都宮の福田屋百貨店へ出かけた。

夏のスーツを新調するためだ。
宇都宮の店など、まだほとんど分からないので、そう言うときは百貨店に限る。
しかし、以前東武百貨店に行って嫌な思いをしたので、今回は福田屋百貨店へ出かけた。
なんとかスーツは、良さそうな生地を見つけ採寸した。
できあがりは、だいぶ先のこと。

その後、店内を見て回ったのだが、前回に引き続きまたまたGODIVAでチョコをGET!
Dvc00287
分かるだろうか? そうペンギンみたいなチョコを買った。
帰ってからコーヒーを淹れよう。

さらに店内を物色していると財布のコーナーにたどり着いた。
そう言えば、財布がかなりくたびれている。
良いのがあったら買おうかと思っていると、ある財布に目がとまった。
Dvc00286
なんと真っ白い皮の財布。しかし、白ってすぐに手垢で汚れるだろうにと思いながらも、なぜか目が離せない。
店員が来たので話しをしてみたが、店員もあまりお薦めの品ではないらしい。
しかし、どーしても気になり、結局買ってしまった(笑)
汚くなっても、ひょっとしたらアジのあるいい感じになるかもなと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追加焼き上がり

4月25日(土)、先月焼忘れていた茶碗が焼き上がった。

■#27 (灰釉;鉄絵付け)
Dvc00289
土見せの部分をもっと大きくとった方が良かったと思われる。
かなり厚手の茶碗となった。釉薬は、わざとムラが出るように掛けたつもりだったが、あまりその効果は出ていなかった。

■#31 (灰釉;鉄絵付け)
Dvc00292_2
絵の雰囲気も形もいい。大満足。
しかし、ぐいのみとしての使い勝手は、#30の方が良いのは難しいところ。

さて、この日は夏茶碗を作ってみようという気になった。
夏用の浅くて広い茶碗である。難しいが、やってみた。
Dvc00285
浅くて広いため、かなり厚めに作り削りで薄くすることとした。
まだまだ、均一な面に仕上げることが難しい。
もっと丁寧になめらかに作れるように努力しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筒茶碗

4月11日(土)、#33の削り。
Dvc00276
前のよりは良いと思うが、焼けてみないとよく分からない。

さらに、もう一つ筒茶碗#34に挑戦した。
Dvc00279  Dvc00280
#33より若干太く低い。#33と違い、口をきれいにそろえた。
それだけだと面白味が無いため、変化をつけるやめに腰に窪ませた。

この日は、ここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼き上がり

3月28日(土)、15日に釉掛けした茶碗が焼き上がった。
■#28 (灰釉;紅白梅象嵌)
Dvc00266
象嵌は、狙い通り。若干小さめなのがおしいかな。

■#29 (自作飴釉)
Dvc00263
形はNG。飴釉は、やはり前回のものより色が濃かった。どうしても釉薬にムラが出る。
釉薬を混ぜるときの磨りつぶしが足りないと思われる。

■#30 (自作飴釉)
Dvc00269
ぐいのみは、使いやすそうで、良い雰囲気。

以上、あれ? そう足りない。何故か#37,#31が焼忘れ。
この二つは、次の窯に入ることになった。

さて、この日は筒茶碗#33を作ることにした。
Dvc00259
#10以来だが、『大道精陶土』に硅砂を混ぜずに作成した。
#1,#2以来の久しぶりの筒茶碗。当時よりは、かなりうまくできるはず?
次回は、#33の削りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一斉釉掛け

3月15日(日)、この日まずは、#32の削り。
Dvc00242
ご覧の通り、削りによって前回よりはましな形になっていますね。
ちょっと下が小さくて不安定ですが、まぁ、これはこれでおもしろいかなと。

さて、この日は実は#27から#31の素焼きが終わっており、この五つに釉掛けすることになった。
#27,#28
Dvc00248  Dvc00251
#27は、灰釉(福島長石6:土灰4:蛙目1)が掛かっているため見えないが、下地に鉄で絵付けしている。#28も灰釉で見えないが、もちろん下地には梅の象嵌が隠れている。

#29
Dvc00245
#29は、自作の飴釉。以前#21の自作黒釉のはずが飴釉だったものができが良かったので再現してみた。しかし、ベンガラの量が前回より多め。

#30,#31
Dvc00257  Dvc00254
#30は自作飴釉、#31は鉄で絵付けして灰釉を掛けた。

今回、象嵌や灰釉、自作飴釉、など初めてのものが多いので、できあがりがとても楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大量生産は失敗の素?

3月1日(日)、この日は#29,#30,#31の削りから始まる。
Dvc00227
Dvc00233  Dvc00230
ぐいのみの削りだが、高台は削らず平らに仕上げた。
#29は、腰が外に膨らみすぎて不格好。口を外に反らさなければ問題なかったのだが。
難しい・・・

さて、この後茶碗を一つ作るつもりだったが、何と粘土が350gしか残っていなかった。
そこで、この350gで朝顔型の変わった茶碗#32を作って見ることにした。
Dvc00236
ちょっといびつなのが分かりますね。粘土が少なかったので、無理矢理のばして大きく造形したため、薄くて危ない。それでもかなり小さい。
次回、削りでなんとかごまかそう。そう、削りで結構ごまかせるようになってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐいのみ

2月14日(土)、この日は前回からの削りがないため、茶碗をひとつとぐいのみを二つ作ることにした。
ぐいのみは、冬しかつかわない(冬になると日本酒が呑みたくなる)が、普段使いできる成果物としては楽しい。

まずは、碗型の茶碗#29。
Dvc00184
前回の#28を大型にしようとしたが、一度失敗し潰して作り直し。
しかし、頭の中のイメージがしっかりしておらず、できあがりが不安定な形になった。

さて、続いてぐいのみ二つ(#30,#31)。
Dvc00220  Dvc00187
イメージは、小型の抹茶碗。小さいのは小さいなりに難しい。

次回は、これらの削りとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれから・・・

前回は、と見直してみると、なんと1月12日の『作り初め』で終わっている。
あれから約半年。

続きを思い出しながら書いてみたい。

まずは、1月31日(土)。
前回#28の造形で、今回は削りとなる。
ここで象嵌に初挑戦してみた。
春物の茶碗をイメージして、梅の花を散らしてみる。
Dvc00175
三つの象嵌の内、二つは白土を、もう一つは赤土を埋め込んだ。
できあがりが楽しみである。(実は、もう手元にできあがっているのだが・・・流れとして)

この日は、削りと象嵌で終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

新しいcafeに行ってみました

昨日の夕方、どこかでノートPCを開いき、急ぎ仕事を済ませなければならない状況にあった。
場所は、八王子みなみ野。
いつもなら『デニーズ』などファミレスにするのだが、今日は呑んでも大丈夫(車での送迎が無いので)と思い、先日情報を仕入れたばかりの新しいcafeに行ってみることにした。

駅から、少し歩くが、そこは比較的大きな道路に面した、オープンcafe『Tavola』だった。
一番奥のテーブルに外側を向いて座ることにした。
後でレシートを見ると、テーブルNo.001だった。なんとなくラッキーな気分(笑)
最初は、カウンターの方、つまり奥のキッチンを向いて座ったのだが、ノートPCの液晶画面が見にくくなるので反対向きに座り直した。そうしたところ、意外に外の景色(道路と空き地なのだが)が雰囲気がある。あまりオープンcafeには入らないからかな。

さっそく、ドリンクには『Jack Daniel's』のロックをダブルでオーダー。(メニューには無いが、カウンターに並んでいたのでオーダーしてみた)
さらにシーザーサラダも。
Dvc00347

もちろん、仕事をするために入ったのだが、雰囲気がいいのでのんびりしたい気分。
飲み物もお代わりし、やがて仕事も終わった。

最後にパスタでも食べようかと思ったのだが、メニューに大好きなアンチョビのピザがあったので『マルゲアンチョビ』というのをお願いした。

このお店の良い点としてもう一つ、店内が禁煙であること。こんなお店では、少ないですよね。私にはありがたい。

ただ、ロックの氷に製氷器の氷を使うのはいただけない。
これだけは考えてほしいなぁ。
シーザーサラダは、おいしかった。
ピザは、もうちょっとアンチョビに主張して欲しかったかな。

でも、お店の男性達も感じが良いし、良いお店を見つけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

富士山ナンバー

6月16日(火)今度は、静岡県富士市へ出張。
最近、少しだけ遠隔地の出張が増えている。
世の中は、出張規制が掛かっているという時期なのに・・・

この日は、やはり宇都宮から東北新幹線に乗り、東京駅で東海道新幹線に乗り換えた。
降車駅は、新富士駅。
『のぞみ』は止まらないので、久しぶりの『こだま』。
Dvc00340
何て特長の無い駅だったが、外に出て驚いたことがある。
タクシーのナンバープレートに『富士山』と書いてあった。
『おぉっ!、富士山ナンバーだっ!』とちょっと感激(笑)

ここからは、レンタカーで移動。
今回も良い雰囲気で仕事を終え、夕方には来た路を宇都宮へ引き返した。
最近、22時頃に営業者で仕事関係者を毎日送迎しているため、新幹線の中でまわりの席のビールを横目に見ながらも読書に励む私であった。
『うぅ・・・、ビール呑みたい・・・』

ところで、話しは大きく変わる。
先日初めてN700系に乗った話しを書いたのだが、実はそれに対抗して?かどうかは定かでないが、東北新幹線も頑張っているらしい。
JR東日本から新型新幹線E5系が発表された。
導入は、まだ先の平成23年かららしい。
ただし、今後はこのE5系にすべての東北新幹線は統一され、あのMAX(2階建て新幹線)などが廃止されるとのこと。あれはあれで良かったのだが、色々な車体を運行させると、効率が悪いらしい。
しかし、このE5系、国内最速の時速320キロ運転を目指しているらしい。今時、最高速に意味があるとは思えないのだが。それよりも東海道の500系のように最高速を求める余り、乗客を忘れたような新幹線にして欲しくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

ヤッターマン

3月8日(日)、宇都宮に来て初めて映画に行った。

ヤッターマン
Dvc00238

ストーリーは、お馴染みだが、どうしても観たかった。
深田恭子のドロンジョ様を・・・
やっと観ることができた。

DVDもGETしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

食い物日記40 赤煉瓦

宇都宮といっても駅から少し離れているが、おもしろいレストランを見つけたので、さっそく行ってみた。

レストラン 明治の赤煉瓦 宇都宮店

Pa0_0018_3
名前通りの外観だった。

中も明治風で雰囲気がある。
Pa0_0020

オーダしたのは、『オムライス海老クリームフライ』。
Pa0_0019

お味は、そこそこ。
しかし、驚いたのは定員さんの一部が、コスプレだったこと。
こういうレストランでのコスプレですから、もちろんハイカラさんのような格好です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

食い物日記39 Wild Barn

『Wild Barn 宇都宮駅東店』
本来?はハンバーグの店のようだが、私はここでも大好きなオムライスをチョイス。

Dvc00022

行ったのは、宇都宮に越してきたころの10月5日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝早く、まだまどろみの中にいた私を、遠くで轟く雷と激しい雨の音が包んでいた。

しかし、目が覚めて、窓を開けると外は比較的いい天気。
窓を開けたまま、私はシャワーを浴びにバスルームへと向かった。

久しぶりに、ゆっくりとした朝寝の休日。

モーニングは、チーズとポテトサラダをサンドしたトーストに昨夜の冷めた紅茶。
このぬるさがいい・・・

いつの間にか、外は日差しが強く、気温が上がってきている。

『ピンポ~ン♪』

えっ?!、誰だろう今頃・・・
見ると宅配便のお兄さん。

一昨日、amazon.co.jpでオーダーしたものが、もう届いたのだった。

早い!

一つは、以前から買おうと思いながらそのままになっていた本『茶道具の箱と箱書き』。
41r6y84x1el_sl500_aa240_

一度、図書館で借りて読んでいたのだが、どうしても欲しかったので。
箱書きの価値がよくわかる一冊ですね。

それと、もう一つ。
ちょっとこれは変わってて、懐かしいのですが、プレゼント用に『笑い袋(女)』。
216pvzgypgl_sl500_aa186_

何が(女)なのか不明。袋が女性ぽいのですが、ひょっとすると笑い声が、あの笑い袋の声ではなく女性の甲高い笑い声なのかとも・・・
しかし、プレゼントなので袋を開いて確認するわけにもいかず(笑)

せっかく本が届いたので、ゆっくりと読みたかったが、会社に行って資料を作らなければならないため、パラパラとめくっただけ。
その後、急ぎ支度をして会社へ向かった。
外は、やはり暑い・・・
梅雨の割には、雨は少ないし、暑い。
さて、今日は休日。のんびりとがんばろう!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月11日 (木)

今日も出張

今日は、お昼から宮城県に出かけた。

宇都宮から東北新幹線で福島駅へ。
Dvc00339

ここは、もちろん宮城県ではなく、福島県。
ここから迎えにきていただいた車に同乗し宮城県へ。

途中、コンビニによって昼食を仕入れる。本日は、パンとペットボトルのお茶。
これを車の中でいただいた。

緑豊かな路を延々と走り続け、ようやく辿り着いた宮城県角田市。
なんと、ここにはH2ロケットがあるらしい。
少し時間があったので、そのH2ロケットのあるという台山公園へ向かってみた。
すると大きくそびえるロケットが見えてきた。
Dvc00337  Dvc00338
でかい!
でも本物ではないらしい。

仕事の方もうまくいき、今日は実りある一日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 9日 (火)

久しぶりの出張

今日は、久しぶりに遠隔地への出張があった。

宇都宮から東北新幹線で東京へ行き、そこで東海道新幹線に乗り換える。
なんと、なんと、あのN700系に初めて乗ることができたのです。
2007年6月10日のブログに書いてから、なんと2年掛かりました(笑)
Dvc00333
これ壁のコンセントですね。停電および電圧変化の可能性がありますとな。
ノートPC使う分には、問題ありませんね。

それ以外にも細部にわたって、700系より進化してますね。とっても良い!

Dvc00330
そして、名古屋へ到着。久しぶりに見る名古屋駅前のビックカメラ。

ここから待ち合わせの車に同乗し、三重県四日市市へと向かいました。
久しぶりの長旅です。
四日市に入ってから昼食。運転手の紹介で、菰野というところの『福村屋』にカレーうどんを食べに行きました。
この暑いのに、何もカレーうどんなんてと思いましたが、なかなか。
Dvc00331  Dvc00332
うどんの汁はカレールーって感じ。とろみのあるカレールーのような出汁。
ワイシャツにカレーを飛ばさないように食べるのに神経使いました。

その後、ちゃんと?お仕事をして、再びN700系で東京へ、そして東北新幹線に乗り継ぎ宇都宮へと帰ってきたとさ。
でも、仕事はまだまだ終わってないぞ~っと。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年6月 4日 (木)

益子

もう随分前になる。

今年の1月25日(日)晴れ。

せっかく宇都宮に住んでいるのだからと・・・

益子に行ってきたぁ~!

Pa0_0013

うん、田舎な感じがGood!

でもでも、この『益子参考館』初めて行ったのですが、濱田庄司氏の作品を中心として展示されておりとっても参考になるところです。
しかし、しかし、問題があった。
この参考館、オープンスペースであり、言い換えるとすべてのブースが吹きさらし。
寒いの冷えるのって、冬に行くところではありません。

さらに奥には、登り窯が。
Pa0_0010
でも、少し笑わせてもくれる。
Pa0_0007

そして、こんなに寒いとは思ってもおらず完全防寒でない私は、歯の根も合わない状態で早々に引き上げた。

残念。
暖かくなってから、また訪れることとしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

リハビリ

今年の1月12日(月)

それから約5ヶ月のお休み・・・

そろそろリハビリか、

でも、お休みしたときはいつもそうだが、ネタが貯まりすぎて、何から書いたらいいか困ってしまう。

Sn3d0215
※先日、出張(どこだったかな?)の時に新幹線で飲んだ新商品の午後ティー
  紅茶と烏龍茶のブレンドで、ジャスミンテイスト
  新商品だったので、おもわず写真撮りました。

とりあえず、今日はこんなところかな(笑)

ごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年7月 »