« 一斉釉掛け | トップページ | 筒茶碗 »

2009年6月27日 (土)

焼き上がり

3月28日(土)、15日に釉掛けした茶碗が焼き上がった。
■#28 (灰釉;紅白梅象嵌)
Dvc00266
象嵌は、狙い通り。若干小さめなのがおしいかな。

■#29 (自作飴釉)
Dvc00263
形はNG。飴釉は、やはり前回のものより色が濃かった。どうしても釉薬にムラが出る。
釉薬を混ぜるときの磨りつぶしが足りないと思われる。

■#30 (自作飴釉)
Dvc00269
ぐいのみは、使いやすそうで、良い雰囲気。

以上、あれ? そう足りない。何故か#37,#31が焼忘れ。
この二つは、次の窯に入ることになった。

さて、この日は筒茶碗#33を作ることにした。
Dvc00259
#10以来だが、『大道精陶土』に硅砂を混ぜずに作成した。
#1,#2以来の久しぶりの筒茶碗。当時よりは、かなりうまくできるはず?
次回は、#33の削りだ。

|

« 一斉釉掛け | トップページ | 筒茶碗 »

陶芸日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/45470641

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き上がり:

« 一斉釉掛け | トップページ | 筒茶碗 »