« 食い物日記44 Red Lobster | トップページ | 蒲田『魚勝』 »

2009年8月22日 (土)

中国料理『四海樓』

私は、小さい頃『ちゃんぽん』や『皿うどん』が好きではなかった。
特に『皿うどん』は、見るのも嫌っ!という感じだったのだが、その原因ははっきりしている。
両親が何かというと出前の『皿うどん』をとるので、子供心に『またか・・・』と思っていた。
それで、次第に『皿うどん』が嫌いになっていったということ。
しかし、長崎を出て数十年経つと、それはやはり昔懐かしい想い出であり、本来美味しいものであるので、次第に好きな食べ物へと変化していった。

今は、もちろん『ちゃんぽん』も『皿うどん』も大好物である(笑)。

そんな私にTwitterのasahi.comが教えてくれたのが、これ・・・

長崎「四海楼」監修の皿うどん発売へ 九州限定
2009年8月21日16時47分
皿うどんが名物料理の四海楼(長崎市)の味に近づけた「四海楼監修 長崎皿うどん」を、マルタイ(福岡市)が24日に九州限定で発売する。高温で揚げたパリパリの細めんとあんかけスープ、店のテーブルに置かれている名物ソース「金蝶ソース」の小袋のセット。希望小売価格は税込み298円。
 いためた野菜などの具にスープを加えると、味も見た目も本物に近い濃厚な白濁あんかけになるという。
四海楼は1899(明治32)年創業で、創業者の陳平順氏が考案した長崎ちゃんぽんの「発祥の店」として知られる。皿うどんは、ちゃんぽんから派生した。

問題は、『九州限定』ということだろう。
四海樓』が作ったわけではないが、恐らく監修でもしているのだろう。
食べてみたい・・・

誰かに頼んで、送ってもらうか。

|

« 食い物日記44 Red Lobster | トップページ | 蒲田『魚勝』 »

食い物日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/45994461

この記事へのトラックバック一覧です: 中国料理『四海樓』:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/08/23 09:12) [ケノーベル エージェント]
長崎市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 09時14分

« 食い物日記44 Red Lobster | トップページ | 蒲田『魚勝』 »