« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の12件の記事

2009年9月29日 (火)

食べ過ぎ、太りすぎ・・・

まぁ、どうでもいい話ですが、一昨日の夕食。
Dvc00116
左は、豚汁。
日曜日に窯焚きに行ったとき、近所の農家からいただいた、小松菜と里芋を全部一気にシチューの深鍋で豚汁にしてしまいました。
ま、おかげで四日ほど豚汁です。
風邪気味でのどが痛かったというのが豚汁にした主な理由なのですが、よって生姜たっぷりです。
右は、お好み焼き。
小麦粉1カップで作ったら多かった。余り物お好み焼きなので、具はキャベツ大盛りにソーセージのスライス。
こりゃ食べ過ぎだよ。苦しかった。

なのに昨日は、右側が野菜具だくさんのオムライスに変わっただけで、やっぱり食べ過ぎ。
そして、今日は、右側がそうめんと少しあっさりだけど、やっぱり食べ過ぎ。

ようやく、豚汁が終了しました。


| | コメント (3) | トラックバック (2)

2009年9月27日 (日)

窯焚き

9月23日(火)、この日、群馬県渋川市まで窯焚きに行った。
と言ってもお手伝い程度なのだが。
私は、朝8時頃到着したのだが、窯の持ち主であるTASSEのご主人は6時頃から準備を始めすでに火が入っていた。
Dvc00108
この小屋の中に灯油窯が設置されている。
Dvc00107
しかし、その時すでにとんでもないトラブルが発生していた。
燃料である灯油をバーナーまで送る送油管で漏れが発生していた。
よく観察していると、その漏れの量が半端ではない。
仕方なく、一度火を止めて、送油管の修理を検討した。
Dvc00105  Dvc00106
しかし、簡単な修理では直せないと判断し、送油管を入手すべくホームセンターに向かった。二件のホームセンターを物色したが、相当するものはなく、しかたなく簡易的な修理を施すために耐油性のホースと針金を購入した。
この修理は、結構効果があり漏れはほとんど無くなった。
さっそく、窯に再度点火した。
そのときすでにお昼になっており、約6時間遅れの再開となった。

窯は、徐々に温度を上げていく。
途中、スーパーで買ってきた弁当を食べたりしながら、辛抱強く温度を上げていく。
18:00になってようやく500度に近づいてきた。
Dvc00110  Dvc00111
右の覗き穴は、19:30頃の窯の中。
長くて退屈そうな作業ではあるが、結構わくわくしながら温度の上がりを観察している。
途中、何度も食事をとって、退屈を凌ぐ。
Dvc00112
そして00:37になり、ようやく1000度に達した。
Dvc00113
スタートから約18時間。再点火からおよそ12時間超。
そして04:24になって、1239度。
Dvc00114
ここまでくると、ようやく終わりが見えてくる。
この後、1250度越まで上昇させ、5時頃に火を止めた。
外は、すでに明るくなり始めている。
残念ながら仕事があるので、私はここで帰宅することとした。
窯出しまでやりたいが、それは数日後の話し。
この中に私の茶碗も3つほど入っているので、後日楽しみ。
あぁ、お疲れ様でした。でも本当に楽しかった。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

和食 佐久田(2)

9月21日(月)、以前に一度訪れた『和食 佐久田』を再訪した。
シルバーウィークのなかび、朝から散歩がてらに出かけたが、少し到着が早かった。
Dvc00095  Dvc00094
開店時間まで30分、外で待機していたが、他にも三人連れが待っている。

店内に入ると、まず予約の有無を確認された。
えっ!、予約が必要だったの・・・
と思ったが、何とか空きはあったようで、テーブル席に着くことができた。

オーダーは、今回も昼御膳。
それに・・・ビール 連休だしぃ~
Dvc00096  Dvc00097
オードブルに続いて、出てきたのは湯葉。そしてかき揚げ。
Dvc00098  Dvc00099
最後は、松茸ご飯。
Dvc00101  Dvc00102
デザートは、冷たいぜんざい。
Dvc00104
前回同様、どれも味はよい。

ところで、気になっていたのだが、後から入ってくる客、入ってくる客、みんな相当高齢なのだ。歩くのも大変そうなお年寄りが家族と食事に来ており、それで満席になっている。
そうだった、今日は敬老の日だ。
そうか敬老の日は、外食するものなんだ。
そういえば、私の老いた母はどうしているだろうか・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

削りは難しい

9月19日(土)、またまた寝不足の状況で八王子に向かった。
しかし、今回は、前回うまくできた#44の削りなので楽しみ。

さて、#44。
改めて、少し乾燥した姿を眺めてみたが、成形時の印象と異なり荒さが目立つ。
そして、少し小振りに思えてきた。133mの径だが、みなみ野粘土の収縮率がわからない。
何となく、収縮率が大きいような気がしてきたが、焼いてみないことにはわからない。
ところで削りだが、やはり難しかった。
肌がぼこぼこになるのを修正しつつ、少しずつ削る。#43よりは、かなり薄手に成形していたが、それでも厚めで720gから568gまで削った。
Dvc00092  Dvc00093
釉薬は、灰釉にしたいが、現在の自作釉は残り少ない。釉掛けまでに考えないと・・・

そして、#45。
今度は、みなみ野土800gに外割15%の珪砂120gを混ぜた。
#44より珪砂が5%多い。その変化をみたかった。
さらに#45は#44より大きめに成形する。
Dvc00090
しかし、そのせいでひび割れが激しく、直しても直しても大きなひび割れができてしまう。
粘度が低いため粘土が伸びないせいだ。
かなり怪しげな完成形ではあるが、何とか形になった。

次回は、また新しく粘土を作る必要がある。
早く焼いてできがみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

北の綿雪

9月6日(日)の午後、待ち合わせで、八王子みなみ野駅そばのアクロスモールに入っている『北の綿雪』というカフェに入った。
Dvc00068
以前は、オーガニックを売りにしてたカフェだったが、いつの間にか無くなっていた。
今回は、大きく変わって、北の綿雪 [ アイスクリーム・カフェ&スイーツ ]ときた。

私は、もちろんジェラートとか食べる気にはなれなかったので、ホットコーヒーをオーダーした。
『成田専蔵珈琲店の豆100%使用、ネルドリップ抽出の本格コーヒーです。』というだけあって、コーヒーは、そこそこ。悪くはない。
Dvc00069
しかし、店舗がよくない。
待ち合わせには、最悪だった。
普通のカフェのつもりで入ったが、とても長居できる雰囲気ではない。さっさとアイス食って、出ろって感じ。すごく居心地悪くて、結局私もコーヒー飲んで、さっさと出てしまった。
若者や子供が多いので仕方ないかな。
もっと、落ち着いたカフェがほしいなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

下部温泉

9月8日(火)、この日は朝から山梨県の下部温泉駅に向かった。
宇都宮からのルートは、

●宇都宮
|  8:02発
|    やまびこ204号(自由席)[東京行]28分
|  8:30着
○大宮(埼玉)
|  8:42発
|    JR埼京線(通勤快速)[新木場行]31分
|  9:13着
○新宿
|  9:30発
|    かいじ101号(自由席)[甲府行]1時間43分
|  11:13着
○甲府
|  11:30発
|    JR身延線(普通)[富士行]1時間6分
|  12:36着
■下部温泉

こうなる。大宮、新宿はいい。行きなれたコースだから。新宿から八王子もそう。
しかし、八王子を超えて甲府にはいると、やはり雰囲気が『THE旅』になってくる。
宇都宮からは、モバイルSuicaで乗車している。しかし、『かいじ101号』の特急券と指定席券はモバイルSuicaで購入できないため、新宿駅の乗り換え時間17分の中であせって購入した。
Dvc00073
そして駅弁もGET!
甲府から下部温泉まで1時間あるが、どんな電車かわからないので、確実に指定席で食事できる『かいじ101号』のなかで早弁することにした。
さて、本日のメニューはと・・・
Dvc00074  Dvc00075
鯛めし(小田原)』、チャララ~ン♪
こういうの、いいよね。幕の内と違って。
そぼろが田麩みたいで、ちょっとのどにつまる感じ。あっ、田麩なのかな?
実際には、鯛は使用されていなかったみ鯛(笑)。

甲府といえばワインだが、甲府に近づくと景色は一面、葡萄畑。
Dvc00076
と景色を眺めていると甲府駅に到着。
すばやく、JR身延線に乗り換えっと。わかりにくいホームを探して、身延線にたどり着いた。
しかし、そこには嫌な張り紙が・・・
JR身延線はICカード(Suica)のご利用ができません。降車の際に乗車駅から現金で精算になりますと書いてある。
おいおいおい!
ちょっと待ってよ。宇都宮から現金精算?
『そりゃかなわん』と思って、引き返して改札へ。改札窓口でSuicaで精算して、残りを現金精算しようと思ったのだが、駅員に一度改札を出て、乗車券を買って入り直してください。その方が安いですからと言われた。
その方が安いですからと言われると、あまり時間もないが、素直に改札をでて乗車券を購入する気になる。
ホームには、2両編成の短い列車が停車している。
ここからさらに1時間。とりあえず座席に座ることができた。
読書で過ごした身延線も12:36にようやく下部温泉に到着。
待ち合わせのメンバー全員がすでに到着していた。
Dvc00077  Dvc00082
なんとものどかな駅。
改札を出て、表に出ると、やはりのどかな風景。
Dvc00078  Dvc00081

ここからは車で客先を訪問し、また戻ってくる。
こんなところなら、無理してでも一泊したかったな。

帰りも同じルートで宇都宮に戻るのだが、帰りの電車はかなり待たなければならなかった。
そこで、みんなで茶店らしきものがないか懸命に探索。
意外な場所にひっそりとあった。『カフェ&鉄板レストラン 藤川』。
Dvc00080  Dvc00079
ちょっとわかりにくいけど、お店の雰囲気はおしゃれだね。
ここでコーヒーをごちそうになって、これから先の、はるか長い旅を思いやっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Eudora 8.0b7

9月4日にEudora8.0がb6からb7にアップした。

ところが今回、単純なバージョンアップインストールではなく、新規に購入したPCに以前のデータを移行してからのバージョンアップ作業になった。

Eudora 8.0b7 (4 Sep 2009)

The latest beta release of Eudora, version 8.0b7 (which includes the Penelope extension) is now available for download. Use the links below to download. Please see the README for information on how to submit bug reports and new feature requests.

Note we changed the naming convention to be more inline with Thunderbird and to simplify things. 8.0b7 is the first release since 8.0.0b6. Eudora 8.0b7 is based on the Thunderbird 3.0b3 source code, so add-ons that do not work with Thunderbird 3.0b3 likely will not work with this beta version.

  • Windows installer
  • Mac disk image
  • Linux tar file
  • README

Installation Note

Windows users upgrading from Penelope 0.1a19 have things pretty easy, but there's an extra step: uninstall Thunderbird, install Eudora 8, start Eudora, go into the Tools/Add-ons menu item and uninstall Penelope a19. Upon restarting Eudora the version of Penelope that came with it will automatically be reinstalled.

NOTE: many add-ons that worked with Eudora beta 1 won't work with beta 2 (or later, as of 2/8/08). It's a smart idea to do a full backup of all your mailboxes and preferences files before doing the upgrade, as "in place" upgrades may have problems.

しかし、意外とてこずった。

先ずは、両PCのOSが違う。WindowsXPからVISTAになって、まずユーザのディレクトリがどこにあるのかわからなかった。さらに以前のものはThunderbird2からEudora8へ移行した構成になっている。

かなりの時間をかけて、ようやく肝心の設定ファイルやメールデータを見つけてコピーした。

そして、先ずはEudora 8.0b6で正常動作を確認し、その後Eudora 8.0b7をダウンロードした。

f:id:zanjitsu3:20090913205351j:image:w200


そしてインストール。毎回そうなのだが、今回も各フォルダーの表示設定が解除されていて、最初からやり直しだ。

About Eudoraでリリースを確認する。

f:id:zanjitsu3:20090913205352j:image:w200


間違いなくb7が動作している。

これで新しいPCでもメールができるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

続、みなみ野粘土で

9月6日(日)、この日は前回みなみ野粘土で成形した#43の削りから。
粘土に粘りがなく、成形しにくかったこともあり、削りでなんとかできるかなと思ってかなり厚手になっている。
思い切りよく、削りに入ったのだが、これがまた削りにくい。
削りにくさに二つあって、一つは粘土が細かくなく、まだ粒の固まりがあるため、削りで引っかかる。そのため均等に削ることが難しくなる。
もう一つは、やはり粘土に粘りがないことが、削りにも影響して、削り時に肌の粘土が剥がれる。
かなり修正しながらの削りになった。775g→533gまで削った。
これまでの萩土と違い、鉄分が多いようなので、透明釉を掛けるつもりで白化粧した。
薄目だが、刷毛で全体を白化粧した。
Dvc00063  Dvc00064

次に#40の素焼きが終わっているので、これに自作の灰釉を掛けた。(写真を取り忘れていたのに、今気づいた)
本当はずぶ掛けしたかったのだが、釉薬の量が少なく、結局刷毛塗り。
何とかしたいなぁ。バケツ一杯作ればいいのだが。

そして続いて、#44。
こちらも引き続き、みなみ野粘土だが、珪砂を外割10%混ぜた。
770gの粘土で成形したのだが、砂を入れた分よけいに粘度が下がって成形が難しいかと思ったが、意外にそうでもなかった。
かなり丁寧に、そして前回より薄めに成形した。
Dvc00066  Dvc00067
なかなかの仕上がり。
#43に比べると格段によくなっている。珪砂を混ぜたせいなのか、ただ丁寧に成形したせいなのかよくわからない。

今後もみなみ野粘土で引き続き茶碗を作っていこうという気になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レモン牛乳

最近、よく駅などで見かける、レモン牛乳シリーズ。

どうかなと思いつつ、栃木のお土産にと『栃木の味 レモン入牛乳クッキー』と『栃木の味 レモン入キャラメル』を購入した。
Dvc00058

レモン牛乳を実は飲んだことがない。
やはり何となく・・・飲む気になれなかったから。
そんな私だが、やっぱり話題性として、これかなと。

お土産を渡した先では、そこそこの評価だった。
キャラメルは、レモン味のキャラメル、クッキーもレモン味のクッキーで、味は普通においしい。
これなら今後もお土産として使えるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お気に入り?

8月に初めて入ったTULLY'S COFFEE、それ以来お気に入り。
Dvc00056
あれ以来、何度か足を運んだ・・・いや、自動車なのだが・・・

そして、宇都宮で見つけたお気に入り・・・

これ、ニッスイの『今川焼(あずきあん)』
Dvc00057
HPには、

  • 当社オリジナルの生地で、ふんわりと焼き上げた今川焼です。
  • 小豆餡は、小豆の風味を引き出すために銅鍋で練り上げ、しっとりとしたつやのある上品な甘さに仕上げました。
  • 電子レンジで出来立ての今川焼の美味しさが楽しめます。

とある。5個入りの冷凍今川焼き。
2008年度モンドセレクション銀賞受賞とあったので、買ってみたのだが、これが旨かった。
それからというもの、私の食後のデザートとして、たびたび出現する。
今も、冷凍庫に二袋入っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

台風と浜松の鰻

8月31日(月)、台風が東京に向かって北上している。
この日、12:30に浜松駅で待ち合わせとなっており、たどり着けるか不安になってきた。
予定より1時間早く自宅を出発した。
雨の中、傘をさして歩いていくが、すでに風が強くなっている。
Dvc00050
東北新幹線に乗り東京駅へ、そこで東海道新幹線『ひかり』に乗り換える。
遅れもなく、東京駅を通り過ぎていく。
神奈川、静岡と浜松に近づくにつれ天気はよくなっていく。
待ち合わせより1時間早く浜松に到着し、駅中のTULLY'Sで時間調整した。

12:30に迎えにきた車に乗り込み客先へ移動。
その途中、浜松の人に案内されて、予約の入れてあった鰻屋へ入った。

ここは、『うなぎ藤田』浜松店。
2階の座敷に案内された。

Dvc00051 Dvc00052
メニューを開いて注文する。
やっぱり鰻重、『うな重(山)』2,500円也をオーダーした。
ここは関東風のうなぎを出すようだ。
私は九州生まれ九州育ちで、もちろん関西風のうなぎで育ったが、関東風のうなぎを食べてからは、うなぎは関東風!と宗旨替えしている。
うな重が出てきた。
Dvc00053  Dvc00054
ふふふ、山椒をかけて・・・
先ずは、肝吸いから。
そして、うな重へ。
鰻とたれの染み込んだご飯を一緒に頬張る。
あぁぁ・・・、旨い!

台風に負けず、浜松まで来た甲斐があったというもの。
がっつりと最後の一粒までいただいた。

そして、最後はコーヒーでしめる。
Dvc00055

この日、帰りもうまく台風が避けてくれて、宇都宮に着いたときには雨も小雨だった。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

湘南新宿ライン

8月30日(日)八王子、朝から雨の中、近所の小学校へ投票に向かった。
その後、駅まで歩き、マクドナルドでブランチをすませ、ショップで服を物色。

お昼には、JR横浜線で宇都宮へ向かった。
時間があるのと、本をゆっくり読みたかったので、今回は新幹線をやめにし、新宿まわりでJR湘南新宿ライン(宇都宮行き)のグリーン車を確保。
もちろんモバイルSuicaでSuicaグリーン車を購入(モバイルSuicaで購入したSuicaグリーン券には、「モバイルグリーン料金」が適用される)し、座席に着いた後に天井のICカードリーダにタッチ。これで赤色のLEDが緑色になり、グリーン車の席が決定される。
すっごい便利になったもんだね。
Dvc00049
1時間40分ほどのJR湘南新宿ラインの旅も、半分は読書、半分は仮眠で、そのうち宇都宮に到着した。
電車でのんびり読書の時間がもてるのはうれしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »