« 和食 佐久田(2) | トップページ | 食べ過ぎ、太りすぎ・・・ »

2009年9月27日 (日)

窯焚き

9月23日(火)、この日、群馬県渋川市まで窯焚きに行った。
と言ってもお手伝い程度なのだが。
私は、朝8時頃到着したのだが、窯の持ち主であるTASSEのご主人は6時頃から準備を始めすでに火が入っていた。
Dvc00108
この小屋の中に灯油窯が設置されている。
Dvc00107
しかし、その時すでにとんでもないトラブルが発生していた。
燃料である灯油をバーナーまで送る送油管で漏れが発生していた。
よく観察していると、その漏れの量が半端ではない。
仕方なく、一度火を止めて、送油管の修理を検討した。
Dvc00105  Dvc00106
しかし、簡単な修理では直せないと判断し、送油管を入手すべくホームセンターに向かった。二件のホームセンターを物色したが、相当するものはなく、しかたなく簡易的な修理を施すために耐油性のホースと針金を購入した。
この修理は、結構効果があり漏れはほとんど無くなった。
さっそく、窯に再度点火した。
そのときすでにお昼になっており、約6時間遅れの再開となった。

窯は、徐々に温度を上げていく。
途中、スーパーで買ってきた弁当を食べたりしながら、辛抱強く温度を上げていく。
18:00になってようやく500度に近づいてきた。
Dvc00110  Dvc00111
右の覗き穴は、19:30頃の窯の中。
長くて退屈そうな作業ではあるが、結構わくわくしながら温度の上がりを観察している。
途中、何度も食事をとって、退屈を凌ぐ。
Dvc00112
そして00:37になり、ようやく1000度に達した。
Dvc00113
スタートから約18時間。再点火からおよそ12時間超。
そして04:24になって、1239度。
Dvc00114
ここまでくると、ようやく終わりが見えてくる。
この後、1250度越まで上昇させ、5時頃に火を止めた。
外は、すでに明るくなり始めている。
残念ながら仕事があるので、私はここで帰宅することとした。
窯出しまでやりたいが、それは数日後の話し。
この中に私の茶碗も3つほど入っているので、後日楽しみ。
あぁ、お疲れ様でした。でも本当に楽しかった。

|

« 和食 佐久田(2) | トップページ | 食べ過ぎ、太りすぎ・・・ »

陶芸日記」カテゴリの記事

コメント

かなり本格的に陶芸をしているんですね。
私のお友達の陶芸家さんで変わった窯焚きをしている人がいて自宅の庭に大きな穴を掘りそこを窯の代わりに使って焼いています。粘土も自分で掘りに行くわ、ALL手作りにこだわっています。出来あがりはちょっと高級なワイングラスのように割れやすい陶器になりますがね。。。

投稿: ゆりっち | 2009年9月28日 (月) 14時46分

ゆりっちさん:
私も今は八王子の粘土にこだわってみようと思っていますが、来月には近所の大学に窯を作って、そこで焼く予定です。
これもとても楽しみです。

投稿: 机竜之介 | 2009年9月28日 (月) 20時45分

凄いじゃないですかぁ~sign03
窯はどんなものを作るのですか?
陶芸は他に何も考えずただひたすら集中出来る所が良い所ですねnote

投稿: ゆりっち | 2009年9月29日 (火) 10時54分

ゆりっちさん:
まだ具体的な形は決まっていませんが、そんなに大きなものではありません。
また、私はあくまでもお手伝いですのでね(笑)

投稿: 机竜之介 | 2009年9月29日 (火) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/46331025

この記事へのトラックバック一覧です: 窯焚き:

» 食べ過ぎ、太りすぎ・・・ [机竜之介の自宅日記]
まぁ、どうでもいい話ですが、一昨日の夕食。 左は、豚汁。日曜日に窯焚きに行ったとき、近所の農家からいただいた、小松菜と里芋を全部一気にシチューの深鍋で豚汁にしてしまいました。ま、おかげで四日ほど豚汁です。風邪気味でのどが痛かったというのが豚汁にした主な理由なのですが、よって生姜たっぷりです。右は、お好み焼き。小麦粉1カップで作ったら多かった。余り物お好み焼きなので、具はキャベツ大盛りにソーセージのスライス。こりゃ食べ過ぎだよ。苦しかった。 なのに昨日は、右側が野菜具だくさんのオムライスに変わっただけ... [続きを読む]

受信: 2009年9月29日 (火) 20時12分

» 熊本もっこすラーメン(五木) [机竜之介の自宅日記]
先日、群馬県で釜焚きしている時にTASSEのご主人とインスタントラーメンの話をしていた。私が、宇都宮のスーパーには、インスタントの豚骨ラーメンが1種類しか売って無く、選択の自由がないことを嘆くと、そんな馬鹿なという話になり、試しに釜場そばのスーパーで確認してみたが、4,5種類の豚骨ラーメンを売っていた。その時TASSEのご主人が、棒状のおいしい豚骨ラーメンを知っていると教えてくれた。棒状のラーメンというと速攻で思い出すのが、あの懐かしい『アベックラーメン』だ。 しかし、関東の人は『アベックラーメン』... [続きを読む]

受信: 2009年10月 7日 (水) 21時21分

» 群馬での焼成(焼き上がり) [机竜之介の自宅日記]
9月23日(火)に群馬の灯油窯で焼成した作品が戻ってきた。先ずは、■#38 高さ:64mm、口径:152mm、高台径:58mm、重量:414g粘土:大道精陶土[長沢陶土]700g 珪砂70g釉薬:灰釉素焼き窯:電気窯、本焼き窯:灯油窯(還元焼成)電気窯での酸化焼成に比べて赤みが少なく、薄い色合い。しかし、この釉薬では、やはりおもしろみに欠ける。 ■#39 高さ:75mm、口径:135mm、高台径:70mm、重量:429g 粘土:大道精陶土[長沢陶土]700g 珪砂105g 釉薬:灰釉 素焼き窯:電気... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 22時58分

« 和食 佐久田(2) | トップページ | 食べ過ぎ、太りすぎ・・・ »