« 窯の再構築 | トップページ | そして炙り »

2009年11月 2日 (月)

ロストルの作成

さて、三人がかりでロストルを作り始める。
大学の工房は、広くて設備も整っていて、すてきだ・・・

220mm×220mmのロストルを四枚作成する。
私は、スリットを入れる係(笑)
スリットには、テーパーをつけるようにとの指示があったので、より慎重になる。
Dvc00007
結構、これが疲れた。私が穴を開けたのは3枚。
少し、外に置いて乾燥させるが、それほど時間もない。

炙り用の窯に炭を起こし、そこでロストルを乾燥させる。
Dvc00009
新聞紙の上に乗せて、直接炎が当たるのを防ぐ。新聞紙は、思ったよりなかなか燃えないものだ。
急激に片方から乾燥させているので、収縮で形が台形になっていく。
この状態で素焼き以前、変形しない堅さになったことを確認し、本番環境に投入。
Dvc00010  Dvc00014
そして、その上にいきなり火のついた炭を乗せていく。
相当乱暴だが、時間短縮、省略。
ロストルも茶碗も同時に焼成してしまう。

|

« 窯の再構築 | トップページ | そして炙り »

陶芸日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/46656114

この記事へのトラックバック一覧です: ロストルの作成:

» オトメン(乙男)メニュー [机竜之介の自宅日記]
10月30日(土)、東京家政学院大学でロストルを作成したら、既にお昼を過ぎていた。そこで、大学の先生たちと全員5名で昼食に出かけることにした。手近なところで『ガスト』と決定した。 席について、真っ先に目に飛び込んできたメニューがこれ。 ドラマ『オトメン(乙男)』オリジナルメニュー!銀百合てっぺんバーグカレーガスト×フジテレビドラマを食す夢の新企画 迷わず決定!なんと大学の教授も話のネタにと同じものを選択。結局、5名全員この『銀百合てっぺんバーグカレー』となった。 しかし、出てきた現物を見て、久しぶり... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 18時16分

« 窯の再構築 | トップページ | そして炙り »