« 窯焚きテスト(第2弾) | トップページ | 窯入れ »

2009年11月11日 (水)

窯の修復

前回の焼成でロストルが弾けていた。
4個のロストルで構成されているが、その内の1個がかなり破損している。
破片を取り除き、前回の灰を掃除する。
その後、七輪の円形ロストルで穴を塞ぎ、応急措置。
Dvc00056
修復が済んだのでさっそく炭を起こす。
今日は、3回に分けて焼成を繰り返す予定。
Dvc00057  Dvc00058
別に用意しておいた七輪で炭に点火し、それを窯に移す。
茶道での炭手前を思い出しながら・・・
そこそこ炭が入った段階で、焼成する作品を周りに並べ暖める。
Dvc00059

|

« 窯焚きテスト(第2弾) | トップページ | 窯入れ »

陶芸日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/46734958

この記事へのトラックバック一覧です: 窯の修復:

« 窯焚きテスト(第2弾) | トップページ | 窯入れ »