« モーニングコーヒー | トップページ | 今年最悪の日・・・ »

2009年12月29日 (火)

水簸土の1作目

12月19日(土)、この日は先日用意しておいた水簸土を使って作品を作る。
Dvc00096
12月5日(土)に捏ねて2週間寝かせておいた。
さっそく、珪砂を15%混ぜて茶碗を成形する。
しかし、可塑性が低く、あっという間にヒビ割れる。
ヒビを修正しつつ成形を進めるが、修正が追いつかないくらいヒビ割れる。
形も落ち着かない・・・
長いこといじくり回したあげく、潰した。

そして再トライ。
やっぱり難しい。
どこかであきらめるしかないと思い、着地点を無理矢理設けた。
Dvc00098  Dvc00100
どうにも納得のいかないできだが、仕方がない。
この日は、結局これで時間切れ。

|

« モーニングコーヒー | トップページ | 今年最悪の日・・・ »

陶芸日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/47143203

この記事へのトラックバック一覧です: 水簸土の1作目:

» 焼き上がり [麻沙左馬の自宅日記(机竜之介)]
4月3日(土)、この日は前回釉掛けした#47から#53が焼き上がった。   詳しくは、別途それそれ観察することとして、大きくは下段左端と上段右端の2個が土見の色合いが異なるのが見て取れる。この2個は、昨年末に『東京家政学院大学』でもらってきた、みなみ野土の水簸土である。みなみ野の生土を土練器で捏ねただけの右側の土より、はるかに赤みが強い。ここで意外な問題が発生していた。すべての茶碗が、棚板に張り付いていた。高台が白くなっているのがわかる。特に水簸土がひどい。しかし、それだけではない、水簸土は、あきら... [続きを読む]

受信: 2010年4月 4日 (日) 22時02分

« モーニングコーヒー | トップページ | 今年最悪の日・・・ »