« みなみ野の土を焼いてpartⅢ その2 | トップページ | 帰りにあいす »

2009年12月 1日 (火)

みなみ野の土を焼いてpartⅢ その3

送風開始で、炎が舞い上がる。
16時過ぎ、既にまわりは暗くなって来ている。11月だと暗くなるのが早い。
中心部分は、白光している。
一番興奮する場面だ。
十分に焼けたことを目で確かめて、消火にかかる。
Dvc00022  Dvc00024
炭がほぼ燃え尽きて、炎も小さくなってきているが、このままではなかなか火は消えない。
ここから、おそるおそる作品を取り出す。
失敗すると、亀裂!
Sn3d0303s
無事、焼成終了。
良い感じに焼けている。

第1日目は、これで終了。
解散した後、明日の焼成にむけて、みんなの作品を乾燥機に掛けた。

この日は、簡単に後かたづけして帰宅の途についた。

|

« みなみ野の土を焼いてpartⅢ その2 | トップページ | 帰りにあいす »

陶芸日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/46911814

この記事へのトラックバック一覧です: みなみ野の土を焼いてpartⅢ その3:

« みなみ野の土を焼いてpartⅢ その2 | トップページ | 帰りにあいす »