« 情けない話し | トップページ | 復帰『机の最近IT事情』 »

2010年1月24日 (日)

今後の宿題

1月23日(土)、いつものように朝からTASSEに出かける。
この日は、#51の削りから始まる。
この#51は、作るときもヒビがすごく、とても作りにくかった。作りにくかったというより、焼いたときに割れるんじゃないかと今も思っている。それぐらいヒビがひどく、そのヒビを上面だけ修復している感じとなっている。
今回削り初めてしばらく進むと、口周りに亀裂が出来ているのに気がついた。
しかも複数。
おそらく、成形するときに入っていたヒビが、削りの時にかかる力で表面に出たのだと思う。
Dvc00104  Dvc00101
また、それを指先で修正する。それを何度か繰り返すが、あまり削りすぎると本格的に割れると思い、少し削り足りない感じでやめることにした。
結局、削った量は853g→645gだが、少し径が大きめ132mmなので、まあそこそこかも。
これはこれであきらめた。

次は、#52に取りかかる。
粘土は、最初に戻り、みなみ野土800g(土練機)に珪砂120gを混ぜた。
少し、水が多めでべたべたな状態。珪砂を混ぜるときに水を入れすぎた。入れすぎたというか、もともとが水分が多かったのを考慮していなかった。
そのため粘土に腰がなく、ふにゃふにゃ。
丁寧にヒビを修復しながら成形していく。
Dvc00093  Dvc00088
できはともかく、水分が多いとヒビも少ないようだ。
渡辺さんからも電動ロクロでの水挽きが向いているのではと助言をいただいた。
しかし、最近気になるのが茶溜りから見込みというか内側すべてが気に入らない。
気に入らないどころか、汚い。
両手でなく、片手で成形するため、内側を触ると一気に外側にヒビが入ってしまうのも原因。そのため、あまり丁寧に内側を成形することができない。
今後の宿題だな。

|

« 情けない話し | トップページ | 復帰『机の最近IT事情』 »

陶芸日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/47380707

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の宿題:

« 情けない話し | トップページ | 復帰『机の最近IT事情』 »