« 歯医者 | トップページ | 新発売 »

2010年4月12日 (月)

#51

みなみ野土、9作目。
成形は、2010年1月9日。
Dvc00066
今回の粘土は、少し混ぜものがある。
土練器で練ったみなみ野土600gに、東京家政学院大学の2009年イベントで使用した混ぜものみなみ野土を200g、それに珪砂120gを混ぜたものとなっている。
しかし、焼き上がりを見ても、特に差は感じられない。
この粘土も、やはり非常に造りにくかった。
成形時に大きく、そして深いヒビが入る。
削りでもヒビが入り修復しながらの削りになったため薄くはできなかった。
かなり厚手になっている。
乾燥時、底がきたなく、どうしても内側がきれいに仕上げられないと思っていたが、焼成後を見る限り、それが感じられない。
Dvc00065  Dvc00067
高さ:75mm、口径:117mm、高台径:69mm、重量:532g
粘土:みなみ野土(土練器)600g+2009年みなみ野イベント土200g+珪砂 120g
釉薬:自作灰釉 II(灰60:長石40)
素焼き窯、本焼き窯:電気窯

|

« 歯医者 | トップページ | 新発売 »

陶芸日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/48068103

この記事へのトラックバック一覧です: #51:

« 歯医者 | トップページ | 新発売 »