« 新発売 | トップページ | 麻沙流適当自炊++ »

2010年4月13日 (火)

#52

みなみ野土、記念すべき? 第10作目。
成形は、2010年1月23日。
Dvc00070
今回、偶然だが粘土の水分が、いつもより多めだった。
その影響で、粘土が柔らかく、腰がないがヒビも少ないことがわかった。
へなへなで少し頼りない粘土だが、ヒビが少なく、断然作りやすい。
これ以降、粘土は柔らかめで使用するようになった。
乾燥時に、口周辺に小さなヒビが3つあるのが確認できた。
理由は不明。他の茶碗では、みられない。
比較的、欠点の少ないできと思う。
Dvc00069  Dvc00071
高さ:69mm、口径:113mm、高台径:70mm、重量:466g
粘土:みなみ野土(土練機)800g+珪砂 120g
釉薬:自作灰釉 II(灰60:長石40)
素焼き窯、本焼き窯:電気窯

|

« 新発売 | トップページ | 麻沙流適当自炊++ »

陶芸日記」カテゴリの記事

コメント

最近パン作りを始めましたがどうもパンも水分量が
多い方が出来上がり度が高いようですup
しかし水分量が多いとパンも成型するのが難しい・・・

人間も何でも水分量が多い方が良いのかしらsign02

投稿: ゆりっち | 2010年4月15日 (木) 09時08分

ゆりっちさん:
人間? それって水太りってこと?(笑)
人間も歳をとるとヒビ(皺)が多くなって困りますね。

投稿: 麻沙左馬 | 2010年4月15日 (木) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/48068174

この記事へのトラックバック一覧です: #52:

« 新発売 | トップページ | 麻沙流適当自炊++ »