« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の5件の記事

2010年6月21日 (月)

今日は一気に二個作り

6月19日(土)、前回風邪気味で辛くて、#58の削りだけで終わってしまっていた。
そこで1回に1個しか作らないという決めごとをやぶって、今回#59と#60の成形を行った。
1回に1個しか作らないと決めたのは、どうしても2個一度に作ると雑になるという過去の経験から。

先ずは、#59。
粘土は、過去の茶碗の削りかすを集めたもの990g。よって、みなみ野土に外割15%で珪砂が入っているという構成は基本かわらない。ちょっとだけ、前回のシャモットも混じっている。
Dvc00129  Dvc00130
作り始めてすぐに失敗に気づいた。
粘土の捏ね方が適当すぎた。粘土の堅いところと柔らかいところが、所々に存在する。
これは乾燥時か焼成時に歪むなっと思いつつ、最後までやり通した。
もちろん壊してやり直す選択肢もあったはずだが、できなかった。
どうなるかという興味も少しある。

次は、#60に取りかかる。
粘土は、みなみ野土(水簸)800gにシャモット120gを混ぜる。
#59もそうだが、#58より大きく(径)作ろうという思いがある。
また、薄く作ろうという思いもある。同じ量の粘土で、より大きくするには、もちろん薄くしないとできないのだが。
#60(φ151)は#59(φ145)よりさらに大きく、そして薄くできた。高さはちょっと低いが。
Dvc00110  Dvc00120
形も悪くない。
ひょっとして会心のできか?
と独り満足していた。
しかし、大きくて薄くて、ロクロから外せない。
帰る時間が迫っているため、無理して外そうとした。
Dvc00131
ところが大失敗。
形は極端に四角に変形するわ、亀裂は入るわ。
悲惨な結果となった。
とりあえず、簡単に補修したが、果たして焼成時にどう影響するか。
考えただけでも恐ろしい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月13日 (日)

#58は肌がきれい

6月12日(土)、朝から風邪辛いなか八王子へ向かった。
今日は、#58の削り。
Dvc00285  Dvc00286
手捻りの稚拙さゆえ、内側側面に凹凸があり、厚みが均一にならない。
ここ半年以上の悩み・・・
Dvc00288
高台の径は大きく、89mm。
今回、この#58は珪砂ではなく、シャモットを混ぜたが、やはり削った後の肌がきれいなように思える。
#58と#57を比較してみると、
Dvc00284  Dvc00212
右側の#57の肌の方が荒いのがよくわかる。

今日は、風邪で頭も痛く、これ以上は無理と判断し、#59は次回へ持ち越しとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

そ、そんなぁwww

今日、八王子から宇都宮に戻る電車。
八王子みなみ野のJR駅前のコンビニで、夕食のお弁当とお茶を購入した。
レジの若いお兄ちゃんに『お箸入れてね!』と声を掛けたが、研修中のお兄ちゃんは、マニュアルを守ることに懸命でTポイントカードはありますか?と同時に切り返してきた。それに対してTポイントカードを出しながら『Suicaでお願いね!』と支払い方法を指定した。
そんなこんなで、電車を乗り継ぎ、新宿駅からJR湘南新宿ラインのグリーン車に乗り込んだ。
ここからは、ゆっくりと座っていれば宇都宮まで乗り換え無し。
大宮駅を過ぎるまで読書をして過ごしていた私は、『さて、そろそろお弁当でも食べようか』とお茶とお弁当を取り出した。
ゆっくりとお茶で喉を潤し、やおらお弁当を、お弁当を・・・・、お弁当を・・・・
えーっ!、ないっ!
ないっ!
箸が、ないっ!
Dvc00289
そんなぁ、馬鹿な!
箸って言ったのに!
どうやって弁当食べろって言うんだ-!
怒りで一杯になった私は、『あのコンビニ研修生訴えてやる!』と心の中で叫んでいた。
食べ物の恨みは深い。
しかし、いくら心の中で叫んだところで、弁当が食べられるようになるわけではない。
そこで、車内販売に来るお姉さんにお願いした。
さすがに箸をくれって言うのは気がとがめたので、『すみません、箸がほしいのですが、箸のついているものありませんか?』と丁寧にお聞きしたのだが、『申し訳ございません、ございません。』ときた。
あーーーーーーーーーーーーーーーー、最悪。
その後もしばらく怒りは収まらず、コンビニ研修生に毒づきながら過ごした。

結局、お弁当は宇都宮の部屋についてから、ちゃんとレンジで温めていただいた。
遅い夕食だ。

今日の一言、『研修中の名札を見たら信じるな!』。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

レモン牛乳大使?

先日、近所の図書館に出かけた時のこと。
図書館の入り口を入ると、すぐ左手でショーケースが黄色く光っていた。

近寄って、よく見ると『うつのみや生まれの レモン牛乳』と題して、様々なレモン牛乳にあやかった商品を展示していた。
Dvc00261
ご丁寧に『レモン牛乳商品一覧』というチラシも配布されている。
Dvc00267
ここには30個の商品がリストアップされている。
もちろんこれ以外にもあると思うが、これらは宇都宮市立東図書館認定?。
食べ物でないもの、ストラップやタオル、ボールペンなどもある。

通称『レモン牛乳』が、実は無果汁であることは、結構知られている。
しかし、この『レモン牛乳』が、その箱に牛乳と表記できなくなり、現在牛乳と表記していないことは、あまり知られていない。つまり正式には、『レモン牛乳』という名称ではないということだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

駅弁

最近、久しぶりに駅弁を食べたのでご紹介。

5月29日(土)、八王子から宇都宮へ向かう電車の中。
JR横浜線→JR中央線→JR武蔵野線→JR埼京線と乗り継いで、大宮駅で新幹線に乗り換える。
その東北新幹線改札内にある売店で、お昼御飯に駅弁を購入し新幹線に乗り込んだ。
大宮から宇都宮までは、30分掛からないから、急いでお弁当を食べることになる。
お弁当は、『味噌カツ・ひつまぶし風弁当』\1,150也。

★一度で二度おいしい!
甘辛い味噌ダレで味付けしたボリュームたっぷりのカツ、
茶飯にのせた鰻の蒲焼、一度で二つの味をお楽しみいただけるお得な駅弁。

Dvc00218  Dvc00219
ちょっと、お子様ランチのようなお弁当ですね。
味は、駅弁にしてはまぁまぁという感じです。

もう一つは、6月3日(木)の夕食。
この日も大変だった。
宇都宮から東北新幹線で大宮へ出て、それから上越新幹線で越後湯沢、さらに『はくたか』で金沢へ向かう。この『はくたか』に2時間以上乗っているので、お弁当は越後湯沢駅構内で購入した。
しかし、越後湯沢駅に着いたのは19時半。売店に行ってみるとお弁当が1種類しか無かった。有無を言わさず、これ。
いくらたらこめし』。これしかないのを見て、一度売店から遠ざかったのですが、思い直して購入しました。\1,000也
Dvc00229  Dvc00231
いくらは存在感もあるが、たらこはちょっと物足りないかも。錦糸玉子は、単なる面積つぶしですね。味は、そこそこだったのですが、これでもかって上げ底で・・・
今時、こんな上げ底の弁当があるんだって関心してしました(笑)。
それで終われば良かったのですが、その後車内販売が来たら、お弁当が何種類もそろっていて、それって・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »