« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の12件の記事

2010年8月28日 (土)

一気に大量ボツ・・・

8月28日(土)、8個大量焼成の茶碗を受け取りに向かった。

しかし、そこは期待とは裏腹な、阿鼻叫喚地獄だった・・・

期待していた灰100%で焼成した茶碗6個が全滅していた。
6個すべての茶碗は、釉が流れ落ち、せんべいにがっちりと接着されていた。
さらには、粘土が溶けて多少変形しているものもある。
なぜ・・・
後でゆっくり考えよう。
今は、そんな気分じゃない・・・

先ずは、自宅に持ち帰り気分を鎮める。
そこから長かった・・・
ようやく立ち直って、せんべいを外しにかかる。
ちょっとくっついてるという状態ではなく、完全に合体している。
Dvc00205
木槌でコンコンやったところで埒があかない。
最後は、叩き落す感じ。
するとせんべいは割れて取れるが、高台も一緒についていく。
すべての茶碗が、ほぼ同じ状態で、高台がなくなってしまった。

前回、『予想としては、長石が少ない分ガラス質が減って、自然な感じ(薪窯の感じ)に近くなると考えている。』と書いたが、結果は、まったく逆だったようだ。
長石の量云々ではなく、結果灰の量だった。
灰が多すぎた。厚すぎたのだ。
灰100%だとしたら、もっとずっと薄く掛ける必要があったようだ。
灰100%を諦めたくはないので、次回1,2個だけ薄く掛けてみることにする。

それと、この結果から考えて、これまで長石分を減らすつもりで灰釉を灰60:長石40にしていたが、これは結果として灰を増やしていたと考えるべきなのかもしれない。
であれば、灰60:長石40ではなく、灰40:長石60を薄く掛けても同じなのか、違うのか。
疑問は増える、そしてやりたいことも増えていく。
Dvc00248
(今回のかわいそうな茶碗たち)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月21日 (土)

一気に大量焼成へ4

釉掛けの終わった8個の茶碗を俯瞰すると、こんな感じ。
Dvc00053

右奥2個色の違うのが、自作灰釉。

ところで灰100%だと垂れるかもしれないということで、焼成用のせんべいを道具土で作成した。
Dvc00061
というか、作成していただいた(笑)。
灰100%の6個には、すべてせんべいを敷く。

その後、窯入れ。
Dvc00059  Dvc00060

さて、この灰100%がどうなるのか、とても楽しみ。
予想としては、長石が少ない分ガラス質が減って、自然な感じ(薪窯の感じ)に近くなると考えている。
しかし、この想像はまったくの間違いだったことを、後日思い知らされるのだが、この時はそんなこととも知らず、焼成後を楽しみにしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

一気に大量焼成へ3

さらにつづく・・・

さて、どこまで行ったか?

そうそう、次は残り二つで、#59(左)と#61(右)。
Dvc00037  Dvc00042

これらも灰100%でずぶ掛け。
灰100%のものは、こんな感じ。
Dvc00054  Dvc00055

#61には、ちょっといたずらしてみた。
Dvc00056

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一気に大量焼成へ2

さらに続くが・・・

次は、#58(左)と#62(右)。
Dvc00033  Dvc00047

順番が少し前後したが、この二つは自作灰釉II(灰60:長石40)で施釉した。
Dvc00049_2  Dvc00051
もう残り少ないので、かなりむりやりな感じで漬け込んだ。
Dvc00052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一気に大量焼成へ

8月21日(土)、一気に素焼きがあがっている。
#54~#62まで。#60は欠番(理由はこちら)なので、合計8個の茶碗になる。
とりあえず順に素焼きの状態を紹介する。

先ずは、#54(左)と#55(右)。
Dvc00009  Dvc00019

そして、#56と#57。
Dvc00022  Dvc00029

特に素焼きだと、区別がつかないね。
高台裏に書いた数字と大きさで判断する。

この4つには、灰100%をずぶ掛けした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

スーパーの食料品売り場には、危険物が販売されていた

8月14日(土)、ちょっと足を伸ばしてFKD宇都宮店まで買い物に出かけた。
たまごやチーズ、ついでにお菓子なんかも買い込んでいたのだが、果物売り場でおもしろいものを見つけた。
それは、これ!
Dvc00325
ゴジラのたまご
形も確かにたまごっぽい。
またパッケージがそれらしい。
なんともほほえましく、おもわず写真撮ってしまいました。
放っておくと、子ゴジラが産まれて危険かもね。

どなたか食べたことありますか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

夜景の日には、やっぱり夜景を観にでかけなきゃ

8月13日は夜景の日だというので、わざわざ深夜に八幡山公園までドライブに出かけた。
なぜ8月13日が夜景の日かというと、8で(ヤ)、13がトランプのKで(ケイ)、あわせてヤケイの日だそうな。なんか八王子のK-8(京王八王子ショッピングセンター)みたい。
しかし、今調べてみたら8月13日は確かに夜景の日だったが、函館夜景の日じゃないか。

まぁいい・・・
八幡山公園には初めて行ったわけだが、夜間だし路がよくわからなかった。
とりあえず宇都宮タワーに到着。しかし、暗すぎて写真撮れず・・・
夜0時近くで人影はない。
とりあえず、本当のお目当てである『アドベンチャーブリッジ』へと向かう。
ここは東西の公園を結ぶ150mの吊り橋になっている。
しかし、暗い。一応、足下が照明されているが。
Dvc00324
吊り橋の入り口と出口付近は階段になっており、なかなか危険。
150mの吊り橋とは言っても、かなりカッチリした造りなので、ほとんど揺れない。
しかし、何でか蜘蛛の巣が多い。
顔に蜘蛛の巣を感じながら進んだ・・・

渡り終えると、そこは公園になっており、滑り台がある。
ここでは男女一組が花火をやっていた。いいなぁ、若者はぁ~
しかし、年寄りも負けては居ない。
アドベンチャーUの滑り台へと登っていく。

そして、暗闇のなか、長い滑り台を滑り降りてみた。
かなりの長さ、高低差のある滑り台で、さすがにちょっくらビビったが、途中からは楽しくなった。まったく、大人げない。
滑り台の終点は、ちょうどカップルの正面あたりだが、気にせず突入。
地面に降り立った後は、即引き上げ。
雨が降ってきた。
せっかくの夜景の日だってのに、雨は徐々にひどくなってくる。
あっという間に夜景の日終了。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おにぎり餃子はみためよりグ~

8月13日(金)はブランチのために宇都宮駅前の宇都宮餃子館まで出かけた。
それにしても毎日毎日暑い・・・

今回、とんがりお屋根の横に新しくできた店舗に入った。
観光客、団体専用店舗って感じ。
Dvc00323
そこで、大好きな『しそ餃子』をいただく。
さらに、今回発見したのだが、『おにぎり餃子』というものがあったので、これも試してみた。
まぁ、見た目は『天むす』ですね。
Dvc00319
握ったばかりでほかほかの御飯にバリバリの海苔。
二口目には崩れてしまうのが問題だが、味はOK!
最後までこぼさずに食べるのが宇都宮っこだ~! ってほんとか?
定番になるかもね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

免許更新は面倒ですわぁ~

8月9日(月)、朝早くから運転免許証の更新に出かけた。
初めは鮫洲運転免許試験場まで行くつもりだったが、府中運転免許試験場の方が近いので、そちらに変更。
府中はバスに乗らないといけないのが面倒で避けていた。
8:30から受付なので、8:00過ぎには到着するよう出かけた。
バスは結構満員で、やはり試験場に行く若者が多い。

試験場に到着すると急いで行列に列んだ。
既に手続きは始まっている。
非常に残念ながら、私は今回から優良運転者ではなくなった。
先ずは、窓口で免許証とはがきを差し出し、申請書類を作ってもらう。
それを持って、次は更新手数料と講習手数料を納めに別の窓口へ移動する。
Dvc00301
そして、視力検査。そこではIC免許証用のパスワードを2つ入力するして、それが印刷された紙片を受け取る。
Dvc00302s
視力検査をあっさりパスして、最後の講習会場へ。
ここは随分待たされた。そして講師の方の早口で滑舌の悪い内容を聞き取るのに疲れた。久しぶりにテキストも見たが、今見ると、その作りの悪さ、自己満足さ加減に腹が立つ。もっと読みやすく、わかりやすくできるはずだ。
そんなイライラのなか1時間講習も終了した。
隣の兄ちゃんは熟睡していたようだが・・・

次に免許証を受け取りに別棟の窓口へ。しばらく待たされ、無事新しい免許証をGETした。
機械でICのメモリー内容を確認する。本籍もちゃんと入っている。
これで終了。約2時間強。

この後、来たときから良いにおいがして気になっていた食堂へ迷わず向かった。
Dvc00303  Dvc00304
まぁ、普通の食堂。学食みたいな感じかな。
券売機で食券を購入する。
本日のブランチは、『カツカレー』。
Dvc00305
ちょっとビックリ、もっとレトルト的な味がと思いきや、まじめに作りましたって感じのカツカレーでした。
カレーのお肉は、鶏肉のミンチ。
おもしろいねー
結構いけてたのですが、現在の私には少し重すぎました~
反省・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シュリンプバーガーは意外と旨かった

8月12日(木)、昼食にFRESHNESS BURGERへ行った。
ここはファストフードのハンバーガーチェーン店で、私の人気No.1。

いつもなら『クラシックWWバーガー』なのだが、入店前からポスターが気になっていた。
Dvc00310
普段、海老や蟹などあまり食べないのだが、ちょっと食べたい気分になってしまった。
で、この『Shrimp Burger(シュリンプバーガー)』¥360也とコーヒーをオーダー。
いつも食べる『クラシックWWバーガー』¥740也の半額だね。

Dvc00313
だいたいこの手のものは、食べてみたら少しがっかりする。
しかし、これは意外と旨かった。
こんなプリン体の多いもの食べちゃだめなんだけど、また食べたいって気になった。
これはいけるよ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月 9日 (月)

#62の削りは大変時間の掛かる作業となった

8月7日(土)、前回ひび割れで、かなり悩まされたこの#62だが、削りまで3週間も空けたため粘土の乾燥が進み堅くなっている。
霧吹きで水分を与えたり、濡れたガーゼを掛けてしばらく置いたり。
なかなか、削れる堅さにならず、またまた手こずった。

Dvc00299  Dvc00300
それでも削れるようになると、良い感じで進んでいく。
今回、810g→535gまで削ったが、もっと削る余地があったと思っている。
粘土が堅い上にかきべらの切れ味が悪いため、ごっそり下地から剥がれることがしばしば発生する。その度に削った粘土を詰めて修正する。
削りの度に専用かきべらを購入しようか悩んでしまう。
成形の時には気づかなかったが、壁面が対象ではなく、内側に膨らんでいる側と外側に膨らんでいる側がある。乾燥時に歪んだものかもしれない。
Dvc00298
今回、それが削りにくさを増長していた。

削りだけで時間が掛かってしまったので、#63は次回へ持ち越しとなった。
しかし、次回は#54から#61まで一気に釉掛けとなりそうだ。
現在の釉薬だけでは不足なので、新たに土灰100%の釉薬を作成する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

今のお気に入りはKABA

私が、CDなど音楽のことについて書くのは非常に珍しいが、基本音楽好きである。
ただし、好んで聞く音楽の90%は、クラシック。

最近、車の中でいつも聞いているアルバムがある。
少し前に、ラジオで流れていたアルバムで、聞いてすぐに欲しいっ! と思った。
さっそく、入手してiPodと車のハードディスクにコピー。

まぁ、一月くらいはあきないかな?

そのアルバムが、これ。

『KABA』、なんでカバなのか?
カバー曲だからカバなのか?
わからない。
ついでに言うと、このUAという人も、もちろん知らない。
でも、いいっ!

この超だるさと、懐メロがベストマッチ。
全曲良いけど、中でも『買い物ブギ』がいいかな?
ぜひ、聞いてみて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »