« 携帯の交換 | トップページ | #67と一斉釉掛け2 »

2010年11月20日 (土)

#67と一斉釉掛け1

11月20日(土)、まずは#67の削りから始める。
乾燥させた#67を削るため、手にとってみると、なんと底に大きな亀裂が入っていた。
大きく深い亀裂で、高台にどうしても掛かってしまう。
簡単には、削りでごまかせないと判断した。

そこで考えたのが割高台。
Sn3d0075
亀裂の場所と深さを避けても一箇所の割高台でなんとかなった。

Sn3d0077  Sn3d0076
成形時には気づいていなかったが、かなり上部で歪みがあった。

|

« 携帯の交換 | トップページ | #67と一斉釉掛け2 »

陶芸日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/50540410

この記事へのトラックバック一覧です: #67と一斉釉掛け1:

« 携帯の交換 | トップページ | #67と一斉釉掛け2 »