« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の17件の記事

2011年2月28日 (月)

#63~#66のおまけ

4作品の比較写真。
優劣以前の問題なので、特に比較コメントはしない。
Sn3d0134  Sn3d0135

そして、恥ずかしい高台。
Sn3d0136

今回、#65と#66にシャモット(30)を使用したが、つぶが粗すぎて目立つし、肌が荒れる。
Sn3d0137  Sn3d0138

左は多分#66。シャモットの白いつぶが目立つ。右は#63で、写真ではそれほど分からないが、#66に比べてなめらか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#66

みなみ野土作品の24作目。
成形は、2010年10月30日。
Sn3d0132
新しい粘土で成形時の割れがひどい。
腰が垂れて、底の形状が思うようにならなかった。
#63~#66の中では、一番バランスのとれた形になっている。

Sn3d0131  Sn3d0133

高さ:85mm、口径:123mm、高台径:70mm、重量:455g
粘土:みなみ野土(水簸)800g+シャモット(30)120g
釉薬:自作灰釉II(灰60:長石40)薄目
素焼き窯、本焼き窯:電気窯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#65

みなみ野土作品の23作目。
成形は、2010年10月23日。
Sn3d0129
#64までの失敗を反省し、初めからロクロを回して中心出しをした。
結果、偏芯せず成型できた。
ただし、非常にヒビが入りやすかった。
またシャモット30は、これまでと違い粒が大きく肌が荒れる。
#65は、底が扁平にならないようにということに集中していたため、逆に極端に球状に仕上がっている。
また削りが足りず、かなり厚く重く感じる。

Sn3d0128  Sn3d0130

高さ:83mm、口径:127mm、高台径:72mm、重量:465g
粘土:みなみ野土(水簸)800g+シャモット(30)120g
釉薬:自作灰釉II(灰60:長石40)薄目
素焼き窯、本焼き窯:電気窯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#64

みなみ野土作品の22作目。
成形は、2010年10月2日。
Sn3d0126
#64でようやく、腹(腰)が片方だけ膨らむ原因が分かった。
芯がずれているのに、無理やりロクロで引き上げたため底の部分とズレが出来た。
底が極端に扁平になっている。
乾燥が進み過ぎて非常に削りにくく、高台の削りで失敗した。
素焼き時には、高台に小さな亀裂が複数入っていた。

Sn3d0125  Sn3d0127

高さ:83mm、口径:123mm、高台径:72mm、重量:455g
粘土:みなみ野土+外割15%シャモット 合計986g (寄せ集め粘土)
釉薬:自作灰釉II(灰60:長石40)薄目
素焼き窯、本焼き窯:電気窯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#63

みなみ野土作品も21作目となった。
成形したのは2010年9月26日。
Sn3d0123
成形時に偏心していることに気づかず、無理やり引き上げたため変に偏った形状になっている。さらに腰が垂れて、底が扁平になっている。
釉薬は、これまでよりかなり薄めにした。
写真の色は、明るく黄色味が強いがカメラのカラー補正のせいであり、実際にはもっと暗い焦茶色をしている。
写真右上の口が削り時に欠けている。

Sn3d0122  Sn3d0124

高さ:83mm、口径:125mm、高台径:70mm、重量:460g
粘土:みなみ野土+外割15%シャモット 合計970g (寄せ集め粘土)
釉薬:自作灰釉II(灰60:長石40)薄目
素焼き窯、本焼き窯:電気窯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

なんてことはないんですが・・・

このブログのコメント数が、めでたくも?

Clip_1

なんと、『777』になってました。

それだけなんですが・・・スミマセン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

#70の削り

2月19日(土)、今日は#70の削りから。
今日は、ちょっと多めに写真を撮りました。

手轆轤の上に#70をセンター出ししながらセットします。
Sn3d0251

そして見にくいですが、竹串で高台径を決めます。
その後、周りから中心に向かって削って行きます。
Sn3d0252

こんな感じですね。
高台の外径迄削った後、外側の胴部分も削ります。
最後に高台内側を削って、細部を確認しながら仕上げます。
で最後は、こんな感じです。
Sn3d0254  Sn3d0256

乾燥が進みすぎて硬くなっていたため、時間がかかりました。
そのため#71は次回へゆずります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

深夜、雪の中をもくもくと家に帰る図・・・

12月15日(火)深夜0時過ぎ。
東京での会議を終え、新幹線で宇都宮に戻って来たのはいいが、駅を出ると一面雪。

そんな雪の中を、深夜もくもくと家路を急ぐ私。

思わず、さらに人気のない公園とか通っちゃって、

いったい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

黄色いハートを探そう!

2月13日(日)、ポイフル好きの私。
いつものように、なんとなくポイフルを食べる。

おぉ!
ハート型のポイフル発見!
と思ってみたら、なになに?

Sn3d0247  Sn3d0248

黄色いハートを探そう!

これ黄色いハートじゃん!

なんかラッキーなのかぁ?

なんかいいことあるのかなぁ?

あるといいなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

FRESHNESS BURGERの初デリバリー

2月11日(金)、三連休の初日の遅い朝。
朝食をどうしようかと考えた。
冷蔵庫に十分な食材もなく、買い物にも行きたくない。
さらに言えば、外に食べに行く気にもなれない。

そうだ、出前にしよう。そういえば、大好きなFRESHNESS BUGERのチラシがあったはず。
チラシには、『ハンバーガー2個よりお届けいたします! 1回のお届けにつき、300円頂戴しいたします。』とある。
注文は、店に電話で『宅配希望』と伝えるだけ。
さっそくオーダー。
待事40分くらい。
若いお兄さんが、配達して来てくれた。

自分で淹れたコーヒーを用意して、さっそくFRESHNESS BURGERの自宅ブランチ。
紙袋に『FRESHNESS BURGER』の文字が、こんな控えめさがおしゃれ。
Sn3d0225

私がオーダーしたのは、クラシックWWバーガーとベーコンオムレツバーガー
Sn3d0226  Sn3d0227

さすがにお腹いっぱいになった。
大満足のブランチでした。

ちなみにFRESHNESS BURGERは、全国展開しているハンバーガーショップでは、現在のところ私のダントツ1位評価を得ている。あっ、この前も書いたか・・・
第2位は、モスバーガーですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

外に出たiPod touch

宇都宮駅で出発を待つ湘南新宿ラインの座席で、私はさっそく取り出した。

そう、先日購入したばかりのAtermWM3500R(B)を。
カバンの中でスイッチを入れる。

起動に時間がかかるのが難点だが、しばらく待つと私のiPod touchが反応した。
Sn3d0220  Sn3d0221

電波はもちろん最強状態。
さっそく、ネットにアクセスしてみる。
Sn3d0222
自分のブログにも問題なくアクセスできた。
やった電車の中でも使えるぞぉ~って思っていたのですが、やはりそこは無理。
次第に加速していく電車とは反対に、無反応になっていくiPod touch。
iPod touchに表示されている電波状態は最強を示している。
そうかAtermWM3500R(B)は、横にあるのだから当然か。
iPod touchから、モバイルルーターが通信できない状態なのかが一目でわからないのは問題かも。
ということで、ちょっと走っている電車で使うのは無理が有るようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

湘南新宿ライン 車窓からの雪景色

2月9日(水)、この日は午後から研究会の発表のため東京へ出かけた。
宇都宮は、昨夜からの雪で足元も悪い。
少し時間に余裕があったので、新幹線ではなく湘南新宿ラインのグリーン車に乗って行くことにした。
モバイルSuicaでグリーン券を購入して、座席に着く。
電車が走り出し、窓の外は昨夜からの雪で薄化粧していた。
Sn3d0223  

しばらくして乗務員がグリーン券の確認に来た。
私は、他このことに夢中で、グリーン券をリーダーにかざすのを忘れていた。
すぐさま携帯をリーダーにかざす、
かざす・・・
かざす・・・
あれ?
リーダのランプは一瞬グリーンになったものの、また赤色に戻った。
何が起こったのかわからぬまま、乗務員の方を待たせて携帯を確認した。

『あぁ、なんてこったい。間違って新宿から渋谷を購入しちゃってた。』

グリーン券の購入区間を間違ったことを説明し、差額を払って無事終了。
Sn3d0224

なれない区間に乗ると、まぁこんなことも。

それ以外は、問題もなく快適な読書空間を満喫した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

iPod touchに愛の手を・・・

2月6日(日)、どうも仕事で追い詰められると、余計な買い物をしてしまう私。
この日私は、しばらく悩んでいたあることに決断をした。
私のiPod touchが、出かけた先でも有能なお友達であり続けるように。
そう、モバイルルータだ。
UQ-WiMAXにしようかDocomoにしようか悩んでいたのだが、この日は勢いでWebのボタンを押した。
購入したのは、NECのAtermWM3500R(B)

そして翌々日の2月8日(火)には、届いた。
その日の夜、梱包を解いて、さっそくセットアップした。
Sn3d0230  Sn3d0231
マニュアルが分かりにくく、セットアップが終了するのにしばらくかかった。

ちょっと意外だったのは、色。もっと真っ黒だと思ってた。

さぁて、これでIS03がなくてもいいやって気分になりましたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

着せ替えリカちゃんならぬ、着せ替えiPod touch

裸で寒そうな、私のiPod touch。
先日から、いいのがないか探していたのだが、ようやくというか無理やりというか、着せてしまった。

Sn3d0203  Sn3d0204

黒い方が私のだが、トカゲの押し型風でいい感じ。
他にもクロコダイルのすごい色のとかもあったが、これが一番落ち着いている。
手にも馴染んで、数日使ってみてさらに納得の『Simplism レザーカバーセット iPod touch 第4世代 あると便利なケーブルクリップ付属 (リザードブラック) TR-LCSTC4-LB』。

長く使っていると、レザー風の貼りものが剥がれて汚くなる恐れもあるが、それを考慮しても正解だった。

満足、満足。でも、ケーブルクリップは、使ってないです。

さて、もう一つはピンク。
Radius 第4世代iPod touch用メタリックジャケット(RA-PU443)
ハードカバーでメタリックなピンクがいい感じ。

しかぁ~し、こちらは若干、角のフィレットが足りない。

痛いよ、痛いよ。
ちょっと、そのうち怪我するかもね・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

怪しげな新種『関東・栃木イチゴ』は、とちおとめの魅力を伝えられるのか・・・

先ほど、新種を入手した。
その名も『関東・栃木イチゴ』。
栃木乳業(株)の新商品で、プレスリリースも出ていた。

「関東・栃木イチゴ500ml・200ml」販売開始
栃木特産のイチゴ"とちおとめ"を使ったイチゴ牛乳「関東・栃木イチゴ」を販売開始します。
栃木県産生乳に、果汁3%と練乳を加え、コクのある昔懐かしい味に仕上げました。
栃木県名物「レモン牛乳」の姉妹品として販売します。パッケージデザインは、レモン牛乳とほぼ同じで、色をピンクに変えました。
価格は、500ml入り158円、200ml入り98円となっております。

さっそく飲んでみたよ。
Sn3d0219

うぅ~ん、昔こんな味のキャンディーがあったなぁ・・・
でも、こんなので『とちおとめ』云々は、わかるわけもないよな。
なんとなく、草臭い感じがした。
さて、栃木の新名物になるのだろうか?

ところで、実は私『レモン牛乳』を飲んだことがなかったのであったぁ。
すみません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やっぱり亀裂の#69と作品集

2月5日(土)、乾燥中の#69を裏返しして、観察してみると・・・

Sn3d0205
あぁ、やっぱり亀裂が入ってる。
心配したほどではないが。そういう意味では対策は当たっていたのかもしれない。
しかし、#67ほどのひどさはないが、この後さらに亀裂が進む可能性もある。

話は変わるが、
私の作品(と言えるようなものではないのだが)は、1作目からExcelですべて記録を管理している。
Sn3d0218
毎回、自宅に帰ってから写真と数値、考察などを記録し続けている。
現在、最新は#70。
#70かぁ、途中ぐいのみが6個入っているので正確には64個目の茶碗になるのだが。
茶碗を作成している最中にも、プリントアウトしたものを側において、書き込みをしている。

Sn3d0216  Sn3d0217
これをもとに次回の対策を立てたり、今後の方向性を決めたりと、なかなか役にたっているし、スペースが次第に埋まっていくのが励みにもなっている。
作品の質といえば、初めに比べれば随分とよくなっているが、先は長いな・・・
まだまだ、長生きしなければ(笑)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

#70にとりかかるが残り粘土あとわずか・・・

2月5日(土)、前回は話し込んでしまい削りだけで終わってしまったので、本日は削りなし。
#70に取り掛かる前に、粘土を2個分準備した。
みなみ野の土1800gに硅砂を300g練りこんで、二つに分けた。一つは次回用にビニール袋に入れ保存しておいた。
しかし、みなみ野の土が残り少なくなっており、後茶碗3個分で終わってしまう。
3月末から4月早々に、東京家政学院大学で新しい粘土を入手しなければ。
そのための作戦を練ることになった。

ところで、#70
Sn3d0207
今までの中では、いい感じに思えるのだが、どうしても腰から胴のあたりの壁面が均一でない。何度やっても、なかなかうまくいかないものだ。

Sn3d0206  Sn3d0208
そして胴の部分もまっすぐ上げたつもりなのに、どうしても少し外側に膨らんでいる。
10個や20個は失敗しないと、うまくはいかないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »