« 粘土も残り少なく・・・ | トップページ | ミュージアム1999 ロアラブッシュ »

2012年3月 3日 (土)

桃の節句も陶芸で

3月3日(土)、桃の節句。
桃はどうかわからないが、そろそろ梅は咲いてよって感じだが。
毎日、寒い。
前回、最後の『みなみ野土』で作った#82の削りを行う。
Sn3d0434

Sn3d0433  Sn3d0435
高台の径が少し大きかったか。
形は悪くないが、やや重い。
#81より径が5mm小さいのに5g重いのは高台の径が8mm大きいせいか。
そう考えると、当たり前だが高台の径を小さくした方が軽くなるな。
それに腰の部分の削りも、こちらは控えめ。これが大きいか。
となるとやはりロクロの段階で、腰のあたりももっと薄くしておく必要があるか。
しかし、自重に耐えられなくなりそうで、あまり薄くできない。

さて、前回粘土がなくなったわけであるが、なんともご親切に『東京家政学院大学』から5kg程度の粘土を持って来て下さった。
小川さん、重いのに本当にありがとうございます。
これでしばらくつなげます。

さっそく、土嚢から取り立てのぼろぼろ土を捏ねる。
捏ねる、捏ねる、捏ねる・・・
ぼろぼろで粘性が低い。これでは使えない・・・
Sn3d0436
とりあえず固まりにはなった土を、しばらく寝かせることにする。

|

« 粘土も残り少なく・・・ | トップページ | ミュージアム1999 ロアラブッシュ »

陶芸日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/54268950

この記事へのトラックバック一覧です: 桃の節句も陶芸で:

« 粘土も残り少なく・・・ | トップページ | ミュージアム1999 ロアラブッシュ »