« 瀬戸内しまなみ海道 | トップページ | UQ Wi-Fi N700系ログインエラー »

2012年6月24日 (日)

池上本門寺

6月24日(日)、池上本門寺へ出かけてみた。
なんとも梅雨らしくない天気で、きっと気づけば梅雨は明けていたというパターンなんだろう。
今日も暑かった。

先ずは、本門寺新参道の方から題目宝塔と橋を越え、総門に向かう。
Pap_0044

それほど人も多くなく、良い感じ。
その後、此経難持坂(シキョウナンジザカ)と言う名の階段を登る。
慶長11年(1606)、加藤清正の寄進とのこと。
96段とあったが、怠惰な生活を送る私には、しんどかった。

そして仁王門。
Pap_0043

仁王門の両脇には、もちろん仁王尊が、ただし仁王門含め昭和の再建。
Pap_0042  Pap_0041

そしてようやく大堂(祖師堂)。
こちらも昭和の鉄筋コンクリート造。
Pap_0040

大堂の中は、荘厳な感じ。
しばし中で気分に浸る。

次に左脇へ進み、経蔵へ。
こちらは、五重塔や総門と同じく戦火を免れている。
Pap_0039

中をのぞくと、木と埃とカビの臭いか、ムッとして咳き込むような感じがあった。
この後、左隣にある霊宝殿を拝見し、最後に五重塔へ向かった。
Pap_0038

慶長12年(1607)建立で、関東に4基現存する幕末以前の五重塔のうち、一番古い塔だとのこと。
五重塔の周りは墓所になっており、慶長だの元禄だのと記された古い墓石が目だった。

|

« 瀬戸内しまなみ海道 | トップページ | UQ Wi-Fi N700系ログインエラー »

日本人と宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/55042674

この記事へのトラックバック一覧です: 池上本門寺:

« 瀬戸内しまなみ海道 | トップページ | UQ Wi-Fi N700系ログインエラー »