« 全国水軍まつり.VS.因島水軍まつり | トップページ | ビストロ・ル・マン »

2012年8月 4日 (土)

新しい土の仕込み

8月4日(土)、今日はちょっと路線違いで行ってみようと思ってます。
先日、百貨店の陶器売り場で、ふと思ったのです。
陶器のビアジョッキがあるのだから、陶器のロックグラス(グラスじゃないけどね)があってもいいんじゃないかなって。
そしたら、売り場にあるじゃないですか。
これは、絶対やってみるべきと決断しました。
現在のみなみ野土の焼きしまり方は、かなり強く、澄んだ高めの音がします。
ということで、本日#88と#89は、小振りの高台無し筒茶碗的ものにしました。
粘土は100%みなみ野土で混ぜもの無し。
Sn3d0875

左側が、#88。
Sn3d0876b
粘土の水分が多めだったせいか、伸びが良かったが、あまり薄くできていない。

そして、こちらが#89。
Sn3d0876a
こちらの方がバランスがいい感じ。
まったくの勘だよりで大きさを決めたけど、いい感じに収縮してくれるといいんだが。

最後に7月25日に仕入れてきた、新しい土を使えるようにします。
先ずは、ぼろぼろの土を粗めに砕いていきます。
適当に細かくなったところで充分に水を混ぜ、とりあえず固まりになるようにまとめます。
Sn3d0877
まだまだ、そぼろのミンチみたいにぼろぼろとしてます。
この状態で数週間寝かせます。
実際に使えるようになるのは、早くて3ヶ月から半年先でしょうね。
それまで辛抱。


|

« 全国水軍まつり.VS.因島水軍まつり | トップページ | ビストロ・ル・マン »

陶芸日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/55458541

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい土の仕込み:

« 全国水軍まつり.VS.因島水軍まつり | トップページ | ビストロ・ル・マン »