« ロックカップの削り | トップページ | 韓流 »

2012年8月18日 (土)

続いて釉掛け

削りに続いて、#87の釉掛け。
釉薬は、いつもの自作灰釉III(灰:長石=60:40)を使用する。
Sn3d0937

Sn3d0936  Sn3d0938

ハート型は、未だ健在。
釉掛けは、外を一回先に掛けて、内側、そして外に重ね掛け。

最後に、土練り。
そぼろ状態だった粘土を、再度つぶして細かくし、荒練りする。
Sn3d0939

少し、粘土らしくなってきたが、菊練りは無理。
水気を加えて、また寝かせる。

|

« ロックカップの削り | トップページ | 韓流 »

陶芸日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179350/55542909

この記事へのトラックバック一覧です: 続いて釉掛け:

« ロックカップの削り | トップページ | 韓流 »