« 2013年4月 | トップページ

2013年5月の6件の記事

2013年5月 2日 (木)

#102

成形は、2013年2月16日。

Img_0021

口を大きくカットしたので高さは低め。
全体的な雰囲気は良いが、焼成での収縮の考慮が足りなく、小さくなりすぎ。

Img_0020  Img_0022

高さ:63mm、口径:99mm、高台径:50mm、重量:315g
粘土:新作みなみ野土900g
釉薬:自作灰釉III(灰60:長石40)(2011/11/06作)
素焼き窯、本焼き窯:電気窯

| | コメント (2) | トラックバック (0)

#101

成形は、2013年1月19日。

Img_0018

底の周囲が成形後に少し沈んでいる。
乾燥時に底に亀裂、底の締めが足りないと思われる。
サインを『は』に変更した。

Img_0017  Img_0019

高さ:75mm、口径:102mm、高台径:52mm、重量:360g
粘土:新作みなみ野土1000g
釉薬:自作灰釉III(灰60:長石40)(2011/11/06作)
素焼き窯、本焼き窯:電気窯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#100

成形は、2013年1月3日。
2013年の1作目で、かつ#100。

Img_0015

ロクロ時の粘土の堅さは良い感じだった。
再度粘土を細かくつぶしてから挽いたが、口周辺に石があるのが気になる。

Img_0014  Img_0016

高さ:79mm、口径:102mm、高台径:57mm、重量:379g
粘土:新作みなみ野土1000g
釉薬:自作灰釉III(灰60:長石40)(2011/11/06作)
素焼き窯、本焼き窯:電気窯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#99

成形は、2012年12月15日。
半年ほど抹茶碗から離れてからの復帰。

Img_0012

新粘土は粘性低く切れやすい。水分多めで挽いてみる。
底が薄く高台が低くなった。
削り時に固まりの粒が多かった。

Img_0011  Img_0013

高さ:69mm、口径:108mm、高台径:52mm、重量:370g
粘土:新作みなみ野土1000g
釉薬:自作灰釉III(灰60:長石40)(2011/11/06作)
素焼き窯、本焼き窯:電気窯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

丸亀製麺のぶっかけ

5月1日(水)、陶芸の帰り軽く昼食をと思い、以前から勧められていた駅前の丸亀製麺に行ってみた。
Img_0009_3    Img_0010

オーダーしたのは、基本の『ぶっかけ(並)』と『ちくわの磯辺かき揚げ』。
『ぶっかけ(並)』自体は280円と安いが、かき揚げとあわせるとそれなり。
お味は、ぶっかけはよかった。
また来ようと思う。
でもかき揚げは、ちょっともたれるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWの焼成

5月1日(水)、GWも中日となった。
ようやく4月6日に釉掛けした4つが焼き上がった。
Img_0002

ぱっと見ての反省点は、まず収縮率の高さ。
全体にかなり小振りになってしまっている。
そして内側への釉掛けの濃さ。
もっと薄めがよかったと反省。
他にもそれぞれ細かな反省はあるが、本日は#104の削り。
Img_0006

Img_0005  Img_0007

高台は、やや高めのままとした。
しかし、これも縮むと小振りな茶碗になってしまう。
次回は、少し大きめに挽くことにしようと#105に取りかかったが、粘土が少し固く、失敗して破棄。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ