カテゴリー「経済・政治・国際」の10件の記事

2010年3月 4日 (木)

NHK『デジタル放送の受信に関するアンケート』

今日郵便受けを開けるとNHK(日本放送協会)から封書が届いていた。
『えっ!、何また受信料かなにか?』と嫌な気分で取り出した。
いや、もちろん一応受信料払ってますよ。銀行引き落としですから。
以前にも書いたとおり、納得して払っている訳ではありませんがね。

で、開封してみると、これが『デジタル放送の受信に関するアンケートのお願い』というものだった。
設問は、たったの6個。
内容も二択から五択の簡単な物。
Dvc00019
アンケート用紙からミシン目に沿って、回答用はがきを切り取り、それに記入する。
はがきに名前を書く欄は無いが、バーコードが入っているので、誰からの回答かはわかるはずだ。
6個の設問と回答を列挙してみる。
■地上放送(総合テレビ、教育テレビなど)についてうかがいます。
Q1.NHK総合テレビの、テレビ画面右上の表示は次のうちどれですか?
 A1.NHKG
 A2.アナログ

Q2.地上放送の受信方法は次のうちどれですか?
 A1.個別アンテナ(戸建、マンションベランダなど)
 A2.ケーブルテレビ
 A3.集合住宅などの共同アンテナ(マンション屋上など)
 A4.電波障害対策や難視解消などの共同アンテナ
 A5.受信方法はわからない

■つぎに、BS(衛星)放送(BS1、BS2など)についてうかがいます。
Q3.NHK BS(衛星)放送のうちアナログでの放送は、2011年7月に終了します。お宅ではこのことをご存じでしたか?
 A1.すでに知っていた
 A2.今回はじめて知った
 A3.どういうことなのか、よくわからない

Q4.NHK BS1(衛星第1放送)の、テレビ画面右上の表示は次のうちどれですか?
 A1.BS1
 A2.BS1アナログ

【Q4で「2.BS1アナログ」と答えた方にうかがいます。】
Q5.引き続きNHK BS放送をご覧いただくためには、デジタル放送対応の機器(テレビまたは録画機など)を用意する必要があります。BSデジタル放送のご準備はいつごろまでになさる予定ですか?
 A1.2010年の夏ごろまで
 A2.2010年の冬ごろまで
 A3.2011年の7月まで
 A4.どうするかまだ決めていない
 A5.BSデジタル放送にはしない

Q6.さいごに、あなたの住宅形態を選んでください。
 A1.戸建住宅(長屋建て、テラスハウスを含む)
 A2.集合住宅(マンション、アパートなど)
 A3.事業所(会社、宿泊施設、学校、病院など)

はぁ、入力するの疲れた。
私の回答はともかく(笑)、気になったのは『Q3.NHK BS(衛星)放送のうちアナログでの放送は、2011年7月に終了します。お宅ではこのことをご存じでしたか?』。
よく考えると、地上アナログ放送のみが終了を強調されており、BSについてのコメントを聞いた記憶がない。
おそらくみんな、あまり気にもしていないと思う。

そして、やはり問題は『Q5.引き続きNHK BS放送をご覧いただくためには、デジタル放送対応の機器(テレビまたは録画機など)を用意する必要があります。BSデジタル放送のご準備はいつごろまで になさる予定ですか?』でしょう。
NHKも気になったのでしょうね。地上波の準備だけやって、BS忘れてたってことになるのが。
でも、地上波にしてもBSにしても、私は2011年7月にすんなり移行が終了するとは思えない。既にデジタルのみに移行を終了している地域もあるようですが、それは特別ですね。
私ももちろんぎりぎりまでデジタル放送の機器を購入するつもりなんか毛頭ありませんよ。

しかし、デジタル放送が見られなくなった家庭の口座から受信料を引き落とし続けた場合、NHKはどうするのだろう。受信料返還の訴訟に発展しそうな気がするが。
危ない、危ない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月28日 (日)

メイドトレイン

いやはや来ましたね、メイドトレイン
Maidtrain
場所は、茨城県。
厳しい地方鉄道会社における起死回生の企画。
瞬発的な影響力・集客力は絶大なものがあると思うが、継続が問題と思われる。

■水戸始発 鹿島臨海鉄道
リゾート風列車「マリンライナーはまなす号」
秋葉原のメイド喫茶を意識したコンセプトに、ゆったりした車内でメイドがお給仕いたします。
■勝田始発 ひたちなか海浜鉄道
鉄道界のクラシックカー、キハ20系を使用したノスタルジートレイン。
キハ20は、鉄道博物館からも展示の要請があったほどの貴重な車両。
昔の汽車旅をイメージしたコンセプトの列車です。

失礼な話しだが、もちろんメイドさんの質も問題となる。
おもしろい注意書きもあった。
『写真のメイドがどの列車に乗務するかは未定です。メイド服は変更になる場合があります。』
そうでしょうね、写真のメイドさんが乗っていないと苦情を言われてもと、私も思います。

ちなみに運行は3月21,22日で、あまりの反響に乗車券の販売場所を再検討しているとか。
また、ホームでのメイド写真撮影会も開催される。
こういうのは、早くやったもの勝ちですね。
後は、内容。企画勝負です。
頑張ってほしいですね。

私も行きたい。いや、乗りたい・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月30日 (水)

ゼロバンク

先日電車で見かけた広告。
Dvc00002
さまざまな銀行カードが引出し手数料ゼロ円

サークルKとサンクスのATMがそうらしい。

早速しらべてみるとゼロバンクのATMらしい。
このゼロバンク、会社名が株式会社ゼロネットワークスで、株主が株式会社サークルKサンクス。
やけに資本金が少ないなと思ったら、銀行ではなく、事業内容は『ATM運用業務の受託事業』とある。
あぁ、しかも従業員7名。

すると単純に考えて、手数料負担分の費用はどこから出てくるのか?
各金融機関からの代行手数料だけでなりたつのか?
疑問だ・・・

でもまあ、そんあことはどうでもよくって、重要なのは、いつもセブンイレブンで手数料を払って引き出している私としては、蒲田にサークルKやサンクスがあるのかということ。

あった、あった。
西蒲田にサンクスもサークルKもあった。
しかし、どちらも不便な場所にある。
近くのセブンイレブンか不便だけどゼロ円のサークルKサンクスか、悩むところだ。
GW明けには、早速いってみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

ばかばかしい意地

三菱重工の小型ジェット旅客機がパリの航空ショーでお披露目される。
その記事には、これが国内で旅客機を作る最後の機会とある。
何故だろう、そこまでして最後の機会に賭ける必要があるのか。
三菱重工と経済産業省の意地ではないのだろうかと思ってしまう。
ホンダやトヨタのように、堅実に分相応のジェット機開発から出発し、自動車のようにビッグスリー駆逐に向かうことがなぜできないのだろうか。

      国産ジェット「離陸」なるか パリで模型お披露目へ
                              2007年06月17日13時38分

初の国産小型ジェット旅客機計画が、助走に入った。三菱重工業は経済産業省の支援を得て、18日から始まるパリ国際航空ショーでジェットの模型を「お披露目」する。政府には、航空産業を欧米の「下請け」から脱却させたいとの悲願がある。しかし、事業費は巨額にのぼり生産にこぎつけられる保証はない。「離陸」できるかどうかは、パリでの評価にかかる。
<・・・中略・・・>
三菱重工は秋に価格などを決めて航空各社に提示。そのうえで来春に事業化するかどうか決断する。経産省の片瀬裕文・航空機武器宇宙産業課長は「国内で旅客機本体をつくる最後のチャンス」と話す
<・・・以下略・・・>

ホンダは、2010年に量産することを発表しているし、トヨタも着々と準備を進めている

なぜ、三菱重工と経済産業省は、最後の賭けをしなければならないのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

NHK受信料

先日、ホテルでもらった西日本新聞だったと思うが、福岡県の62歳の方が投書した『NHK受信料値下げを提案』という記事が載っていた。

NHKは受信料の強制的な徴収に踏み出そうとしています。各種控除の廃止や増税によっていま八割の勤労者、高齢者は収入が減っています。
強制的に受信料を徴収するのであれば、月額五百円に値下げしてほしいと思います。現行料金は高すぎます。一世帯当たり五百円の受信料を前提に年間予算を組 み、番組を製作すればよいのです。番組の内容はニュースなど必要最小限に再編成すれば十分ではありませんか。多額の予算を注ぐ豪華番組は不要です。
多くの国民は仕事を抱えて忙しく、番組を二十四時間放送する必要性はありません。いろいろな番組を見たい人は別料金を払いBS(衛星放送)を見ればよいのです。NHK役員はボランティアで務める人に任せればよいと考えるのですが、皆さんいかがですか。

概ね賛成。
月額五百円という金額に根拠があるのか知らないが、強制徴収で100%近い徴収をするのであれば、それくらいで十分なのではないだろうか。
まだまだ、NHKは経営努力が足りない。
人件費や制作費の削減を推し進めるべきであって、それなしで、また価格見直し(もちろん値下げ)なしで強制徴収など、言語道断である。
また、豪華番組は不要とあったが、私もそう思う。すべてでは無いにしろ、年末の紅白歌合戦など、とうにその使命を果たし終えたのではないだろうか。製作者の私利私欲のための番組であってはならない。
NHKは、真摯にこの意見を受け止めてほしいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年11月25日 (土)

コンドーム

この記事を見てニヤリとしたのは、あなた?
最近、ニュース性に乏しくなった感のある『エイズ』であるが、実際のところどうなのだろうか。
我々はともかく(そうでもないか?)、若い人達には深刻であろう。
なぜニヤリとしたかというと、中国を何度も訪れた人なら分かるだろう。なぜここに『カラオケ』が存在するか。

「100%コンドーム使用」宣言 エイズ防止で中国蘭州
2006年11月25日18時55分

 中国甘粛省蘭州市はこのほど、まん延するエイズウイルス(HIV)感染を防止するため、ホテル、カラオケ店などを含めた娯楽施設で性的サービスを行う際にコンドームの使用を義務付けた「100%コンドーム使用プロジェクト」を始動した。これに合わせて市内300の娯楽施設経営者が市主催の研修に参加。コンドーム使用を約束した中国初の法的協議書に署名した。中国紙・京華時報などが伝えた。(時事)

この記事がきっかけで、もう少しHIVの状況を確認してみる気になった。
22日の記事には、下記のようにある。

中国HIV感染者急増

 【北京=白石徹】中国衛生省は二十二日、エイズウイルス(HIV)感染者が今年十月末までの累計で約十八万三千七百人、うち発症者は四万六百人と発表した。感染者は昨年同期に比べて35%も急増している。
 衛生省が発表するエイズ感染者数は、隠ぺい体質が根強い地方政府からの自己申告に基づくもので、実際の感染者は昨年末で六十五万人以上と推測される。中国政府は二〇一〇年の感染者数を百五十万人以内に抑える目標を掲げ、有効な対策を打てない場合は同年の感染者が一千万人に達すると危機感を強めている。
<以下省略・・・>

まぁ、とんでもない状況になっているようだ。
2010年には、一千万人になるかもしれないという。いくら人口が多いとはいっても、これではとんでもないことになる。
では、日本はどうなのか、

“HIV”と“AIDS”の違いを知っていますか? 安全なセックス危険なセックス
掲載日:2004年11月30日
先進国でHIV感染者が急増しているのは日本だけ
11月23日に国連エイズ合同計画(UNAIDS)が2004年版世界のエイズ感染の状況を統計でまとめた報告書を発表しました。
報告書によると2004年のエイズによる死者は世界で約310万人。今年、新たに約490万人がエイズに感染したと推定。現時点で世界の感染者は、過去最高の約3940万人になるとみられています。
世界の感染者の約6割をサハラ砂漠以南の南部アフリカが占める一方、東アジアでは約110万人、旧ソ連・東欧では約140万人と、いずれも2年前の1.5倍に達する見込みです。
そして、気になる日本におけるエイズの現状は?というと、先進国では新たなHIV感染者が減少しているというのに、2003年の日本のHIV感染者数は5,780人。エイズ感染者数は8,500人を上回りました。とくに10代20代に感染がどんどん拡大中。ちなみに日本では若い人たちの性感染症も増えていますが、性感染症にかかっているとHIVに数倍も感染しやすくなるということを知っていましたか?
<以下省略・・・>

もちろん中国とは、人口が異なる分、感染者も少ないが、若者に増加傾向があるという。
その原因は、厚生労働省HIV社会疫学研究班の報告によると、

  1. 性行動の早期化、パートナーの多数化
  2. コンドームの使用率が多くの人とセックスする人ほど低く、HIV/AIDS予防の意識が希薄
  3. HIV/AIDSに関する知識がなく、ピルで予防できると思っている人がいる

感染経路は性的接触によるものが83.4%を占めているらしい。
どうですか、これを読んだあなた、そうあなたです。
真剣に考える必要があると思いませんか?
中学、高校での性教育で、このことは説明しているのだろうか。
また、ここを掘り下げると長くなるが、

学校でのエイズ教育
中学校、小学校のエイズ教育のテキストには、エイズ教育のリーダーといわれる人たちによって作られたにもかかわらず、性交が抜けています。性交抜きのエイズ教育をやっているわけですから、血液による感染のみがエイズ感染になってしまい、鼻血を出す子どもを見ると、子どもたちは「エイズだ!」という反応をします。
<以下省略・・・>

これでは、仏造って魂入れずだ。
こうなってくると、最後に残ってるのは親の責任という思い言葉。
さて、親から子供への性教育に関しては、超後進国である日本。
なにやらやばいという思いと、では自分がどうできるかという狼狽えを覚える。
真剣に考えよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中国製自動車

過去、韓国の自動車メーカも日本国内へ進出した。
同じように、価格を1割程下げて。
でも、結果はご存じの通り。それでも、最近たまに見かけるようになった。失礼な言い方だが、ゴキブリと同じで1匹見つけたらその何百倍もいると思えと同じで、そのくらいの普及を徐々にだが始めているのだろう。米国内ほど、日本人が韓国車を受け付けないと思われる。中国車も同じだと思うが。
しかし、韓国の時と違うのは、今回輸入されるのがスポーツカーであるということ。
しかし、300万もする中国車を買う日本人がどれだけいるだろうか。とりあえずの主体は、取引関係と在日の中国人となるのだろうか。
スポーツカーの命は、走りもあるが何と言ってもデザインであろう。そこで、どれだけ中国製が勝負できるのか、興味深く観察して行きたい。

中国車が日本に来年上陸、東風汽車2000台輸出

 中国の自動車第3位、東風汽車(湖北省)は来年から中国製乗用車を日本へ輸出する。日本車の同車種より約1割安い価格に設定し、年間2000台を販売す る。中国車が日本に輸出されるのは初めて。中国政府も国産ブランド車の開発・販路拡大を後押ししており、中国メーカーによる海外市場開拓が活発になってい る。

 日本へ輸出するのは排気量2000―3000ccの4人乗りスポーツカーで、エンジンを三菱自動車から調達した以外は東風が独自開発し た。中国での価格は20万元(約300万円)強で、日本でも同程度の価格を検討している。カーナビゲーションや車高調整機能も備え、同等の装備ならば日本 のライバル車種より約1割安いという。(北京=宮沢徹)  (07:00)

逆に、これをきっかけに価格の上がりすぎている日本車が、値下がりしてくれると良いのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

本当に船が無くなる?

最近、JFEグループとも付き合いが多くなってきたが、とうとうこんなことを言い出した。

JFE、日立造船から造船事業買収を検討

2006年11月11日12時53分

 JFEホールディングスが、日立造船(大阪市)から造船事業を買収する方向で検討していることが11日わかった。現在、両社が50%ずつ株式を保有して いるユニバーサル造船(川崎市)について、JFEは日立造船の全保有株を買い取って完全子会社化したい考え。日立造船は事実上造船事業から撤退し、主力の 環境事業に力を注ぐことになる。

 関係者によると、日立造船側がJFE側にユニバーサル造船株売却を打診したという。日立造船は一部を継続保有したい意向で、調整が続いている。両社が合 意すれば、買収額を今後詰めることになる。ユニバーサル造船は02年、NKK(現JFE)と日立造船の折半出資で設立した会社で、国内2位のシェアを持 つ。

 日立造船は公共事業の減少の影響などで06年3月期には連結最終赤字に転落しており、事業分野の見直しが急務になっている。そのため、アジア勢との競争が激しい造船事業を切り離すことが得策と判断したようだ。

 一方、JFEはユニバーサル造船を完全子会社化することで、鉄鋼やエンジニアリング事業と連携を強め、コスト削減などを進める考えとみられる。

まあ、ユニバーサルには喧嘩してから行かなくなったけど、やはり寂しい。
とうとう、船が本当に無くなってしまうのか・・・
これで完全に日立造船の名前も無くなるね。
そして、他愛のない小さなエンジニアリング会社になって、しょっちゅう談合で摘発されるだけの会社になるのだろう。
栄枯盛衰、栄盛がどれだけあったのか知らないが、長い枯衰の時代が続いている。
若い人達には、優秀ないい人達も大勢居るのだが、もうどうにもならないようだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

不正コピー

あらあらとうとう痺れを切らしてしまった。

半年ほど前に、蒲田の商店街にもひっそりと売っててビックリしたが。
 


2006/10/28 11:51
   日米欧などの主要国が、違法な海賊版や模倣品の製造・販売取り締まりが不十分だとして、来週中にも中国を世界貿易機関(WTO)に提訴することが28日、分かった。知的財産保護で摘発強化を求めるWTO提訴は初めてで、違反業者への刑事罰強化を中国に要請する。

 日米欧は中国製などの模倣品の横行に歯止めをかけるための条約締結の準備にも着手しており、国際的な対中包囲網が一段と強化されそうだ。

 今回の提訴は、米国がWTOに訴状を提出する一方、日本とカナダ、欧州連合(EU)は第三国として参加する見通し。

  中国では不正コピーしたDVDなどの映像、音楽ソフトや偽ブランド品が横行し、日米欧の企業が多額の被害を受けている。日本政府などは、中国の不十分な対 応は知財保護を定めたWTOの貿易関連知的所有権(TRIPS)協定に触れる恐れがあると判断した。日本企業の被害額は年間約9兆円に上るという。

 中国では押収した模倣品・海賊版の総額が一定額未満の場合、刑事訴追の対象外とされており、日米欧は中国に訴追の対象範囲を広げるよう求める。

 WTO提訴後、日米欧はまず事態改善を求めて中国と協議。その後60日以内に中国が対応しなかった場合、紛争処理小委員会(パネル)設置を要請し、中国がTRIPS協定に違反しているかどうかを判定する。

 ただ「知財保護を目的としたWTO提訴の前例はない」(経済産業省幹部)ため、日米欧の主張が受け入れられるかどうか不透明との見方もある。

 

数年前までは、中国でCDやDVDを購入する場合、正規のものを購入することの方がまれというか、ほとんどそのような人はいないと聞いた。
実際にCDやDVDのショップにはいると、そこにあるのは正規商品ではない。
もっともブランドのバッグもコピー商品をどうどうと販売しているし、店員は『この型は、本物のプラダには無いよ!』とオリジナリティを売りにしていたからビックリである。

しかし、昨年中国に行ったときは、表向き様変わりしていた。
ちゃんとしたデパートの中で、ひっそりとしたフロアーが存在する。
改装中なのかと思ったらそうではない。
DVDショップがずらりと並んでいるのだが、すべての店が戸を閉めてカギを掛けている。

しかし、これが営業をしていないわけではない。
店の表に人がうろついている。これが実は店員である。
なんと客だと見定めるとすり寄ってきて、店に入れようとする。
素早くカギを開けて、客を店内に入れ、また素早く閉じるという要領である。
これで一応当局の手入れを回避しているのであろう。
しかし、ここは中国である。そんなに単純ではない。まず間違いなく、当局の然るべき人物にそれなりのことをしているはずである。
同様の店舗が一帯に続いている。

これが中国だ。
簡単に変わるはずがない。
日本も不正コピーの温床時代から現在に至るまでに何十年もの時間を要している。
つまり国民の世代交代が必須だと言うことである。
もちろんそれには、学校教育に代表される若い世代への教育が伴わなければならないし、それを否定する家庭教育が相対的に減少して逆転現象を起こしたときに、実現する。
もちろん著作権や特許権など資本主義の産み出したものであり、社会主義に馴染まないものであるから根は深い。

現在のオープンソース化時代を考えると、さらに混沌としてくる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高速道路のガソリン

何度もガソリンが高いという話を書いた。

しかし、こんなことが起こっているとは知らなかった。

高速のガソリン代、一般GSとの差是正へ

2006年10月28日08時57分

 この夏安さが話題になった高速道路内給油所のガソリン価格について、東日本、中日本、西日本の三つの主要高速道路会社が、一般の給油所での価格との差を 縮めるため、値決めの方法を見直す方針を固めた。「安値目当てにドライバーが殺到し、渋滞の原因になった」としており、近く他の高速道路会社や関係省庁と 調整に入る。

 西日本の石田孝会長が27日の記者会見で明らかにした。現行では、前の月の第3週または第4週の全国平均価格を全国一律の上限価格(沖縄を除く)とし、それを1カ月間据え置いている。この夏のように一般のスタンドの価格が短期間に急騰すると、相対的に安さが際だつ。

 3社は、上限価格を設ける仕組みは維持した上で、上限価格の見直しを1カ月ごとから1週間ごとに増やす方針だ。

以前から定常的に、高速道路での給油は、首都圏では割高であり、地方では割安になる。

それは高速道路でのガソリン料金が一律であるのに対して、民間のGSはガソリンの輸送料の分だけ遠隔地域が高くなっていくからである。

私も車で地方に行ったときは、高速道路を降りる前に給油し、帰りも高速道路に乗ってから給油していた。

みんな物価があがると知恵を絞って、このようなことが発生する。

ガンバレ、日本国民!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)